エディ・コクラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エディ・コクラン
Eddie Cochran2.jpg
エディ・コクラン
基本情報
出生名 エドワード・レイ・コクラン
生誕 (1938-10-03) 1938年10月3日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミネソタ州アルバートリー
死没 (1960-04-17) 1960年4月17日(満21歳没)
ジャンル ロカビリー
ロックンロール
カントリー
担当楽器 ギター、ヴォーカル
活動期間 1955年-1960年
レーベル EKKO、Cash、Crest、Liberty
共同作業者 ジェリー・ケープハート(作曲)
ハンク・コクラン(Gt,Vol)
コニー・スミス(Bass)
著名使用楽器
グレッチ♯6120
ギブソン♯L4C

エディ・コクラン (Eddie Cochran)本名エドワード・レイ・コクラン(Edward Ray Cochran)1938年10月3日 - 1960年4月17日)は、アメリカ合衆国のロック・ギタリスト、シンガー。1960年人気絶頂の最中事故死を遂げた早逝のロックンローラー。代表曲「サマータイム・ブルース」「カモン・エヴリバディ」。2003年ローリング・ストーン誌選出「史上最も偉大な100人のギタリスト」84位。

生い立ち[編集]

 エディ・コクラン(本名エドワード・レイ・コクラン)は1938年10月3日ミネソタ州アルバートリーで父フランク母アリスの間に生まれる。エディは12歳の時、学校のオーケストラへドラムもしくはトロンボーン奏者としての参加を望んだが願い能わず、代わりに兄ボブからギターを教わる。1951年、一家はカリフォルニアへ移住。同年9月ベルガーデン中学入学、フレッド・コンラッド・スミスに出会う。彼は「コニー・スミス」と呼ばれ、学校のオーケストラでベースを担当し、スティール・ギター、マンドリンも演奏した。エディは新たな環境とコニーに触発されギターの練習に夢中になる。「私が許したならあの子は24時間ギターを弾いていたでしょう。」(母アリス)。 [1]

初期のキャリア[編集]

1953年 アマチュア・ギグ[編集]

 1953年後半、コニーのスティールギター、エディのリズムギター、もうひとりの生徒のリードギターとトリオを結成する。彼らは地元の楽器店ベルガーデン・ミュージック・センターの裏手にあるリハーサルルームで練習をしていた。この楽器店の経営者バート・キーザーが後、エディのトレードマークとなるギター、グレッチ社製モデル♯6120を売却する事になる。トリオは最終的にアマチュアギグを卒業、スーパーマーケットの客寄せ、学校の集会など地元での出演を10〜20ドルの報酬で引き受けた。[1]

1954年 プロギタリストへ[編集]

 1954年6月エディは中学校を卒業、9月上級生として新学期を迎える。学業以外の時間は全て音楽に費やし、地域の他のミュージシャンとの交流を持ち、学業を放棄してでもプロのミュージシャンとして生きる想いを募らせていた。ベルガーデンと隣接する街、サウスゲートやダウニーにはR&Bやカントリーミュージックの基盤があり、エディは幅広い音楽的影響を吸収することができた。[1]

 同年10月、エディはベルガーデンの社交ホールであるアメリカン・レギオン・クラブに出演するリチャード・レイ&シャムロック・バレー・ボーイズと呼ばれるセミプロ・バンドがヒルビリーのスタンダード曲を演奏するのを見た。エディはセットの合間、グループに参加させてもらえないかと申し出る。リズムギターのボブ・ブル[注釈 1]がふとエディに尋ねた。「ハンク・コクランとは親戚かい?」エディはその地元の歌手ハンク・コクランの事は知らなかった。ハンクが新しいグループを作ろうしているので二人は会うべきだとブルは提案した。1955年1月エディは高校を中退、プロのミュージシャンとなるべく決意する。16歳と4か月の若さであった。[1]

ハンク・コクラン (本名ガーランド・ペリー・コクラン)1935年8月2日ミシシッピ州グリーンヴィル生まれ。幼児期に両親を失いテネシー州の孤児院で育つ。10代半ば施設を抜け出しニューメキシコ州ホッブスに住む親戚の元へ。叔父からギターコードを教わりカントリーミュージックに強い関心を持つ。中学卒業後1951年までニューメキシコ州の油田で働き、その後カリフォルニア州ベルガーデンに移住する。当時パサディナのラジオ局KXLAでは毎週日曜日に2時間のライブ中継を行うカントリーショー「リバーサイド・ランチョ(Riverside Rancho)」を放送していた。人気DJスクエアキン・ディーコン(Squeakin 'Deacon)がホストを務めるこのショーでは最初の1時間がアマチュアに割り当てられており、1953年ハンクは同番組に非公式の出演を開始する。エディと出会った時にはすでにプロのミュージシャンとしてクラブ出演をしていた。[1]

1955年[編集]

Cochran Brothers

コクラン・ブラザース結成[編集]

 エディとハンクはグループを結成。当時兄弟デュオは地方の音楽界で非常に人気があり、2人は「コクラン・ブラザース」を名乗る。ハンクがリズムギターとヴォーカル、エディのリードギター、ビリー・ワトソンのベースとシンプルな構成だったが、やがてエディも慣れないながらもヴォーカルを取りハーモニーを付けた。カリフォルニア州の法律により未成年のエディはアルコール類を出すクラブ等には出演出来なかったが、西海岸の音楽シーンは排他的なナッシュビルと異なり新人を容易に受け入れる気風があり、経験を重ねるにつれブラザースの名はカントリー・サーキットでも知られた存在となっていく。[1]

ファースト・レコーディング[編集]

 当時西海岸で人気のあった音楽イベントの一つが「ホームタウン・ジャンボリー」だった。主催者のクリフィー・ストーンはカリフォルニアのカントリー音楽市場を独占する大物プロデューサーであり、スティーブ・スティービンスが経営するブッキング・マネージメント会社「アメリカーナ・ミュージック・コープ」の株主でもあった。1955年4月、コクラン・ブラザースはミュージック・コープに登録されると「ホームタウン・ジャンボリー」「タウン・ホール・パーティー」「カントリー・バーン・ダンス」など西海岸エリア主要のステージに出演、そしてスティービンスにより最初の録音が手配される。[1] エコー(EKKO)レコード[注釈 2]はL.Aのマイナーレーベルの一つで、A&Rマンのチャールズ・レッド・マシューズが定期的にメンフィスからカリフォルニアまで録音のために出張していた。5月ハリウッドのサンセット・レコーズで入念なリハーサルの後、4曲が吹き込まれる。そのうちミディアムテンポの「ミスター・フィドル」、ジミー・ロジャースとハンク・ウィリアムズへのトリビュート「トゥー・ブルー・シンギン・スター」がシングルカットされた。 [1]

ジェリー・ケープハート[編集]

 同年秋。テキサス州ダラスの「ビッグ "D" ジャンボリー」出演。毎週末KRLDで放送される「The Big D」は「ルイジアナ・ヘイライド」や「グランド・オール・オープリー」と同等に格付けされる名高いカントリー・ミュージック・ショーだった。二人がダラスに到着したのはエルヴィス・プレスリーが出演した数日後だった。警備員から当日の騒ぎを聞かされた。「私とエディは新しい事が起きているのを感じた」(ハンク)。10月エディはミュージックセンター(楽器店)でバート・キーザーから一人の人物を紹介される。その後エディのアドバイザー、マネージャー、共同作曲者となるジェリー・ケープハートだった。彼はデモ録音をする歌手を探していると言う。数日後エディとハンクはミュージック・センター裏手の小さなレコーディングブースで3〜4曲を録音した(当時未発表)。同月エコーから2枚目のシングル発売。このレコードのセールスの不調とエコーのマネージメントの杜撰さを知ったケープハートに野心が芽生える。遠くから眺めている気は無かった。[1]

1956年[編集]

コンビ解消[編集]

 55年12月から56年3月にかけケープハートはまだエコーとの契約の残るコクラン・ブラザースをバッキングに起用し2枚のシングルを制作、キッシュ(Cash)[注釈 3]からリリース。出版社アメリカン・ミュージックに対しコクラン・ブラザースの宣伝を開始、4月4日ゴールドスター・スタジオで同社へのデモ「ピンク・ペグ・スラックス」他5曲を録音。「ピンク~」はエディが初めてソロ・ヴォーカルを取るロカビリー・タイプの曲。 4月(もしくは5月)、エコー3枚目のシングル制作。カントリーからロックンロールへ、新たな方向性を示すセッションとなった。しかしハンクはカントリーシンガーとしての矜持と商業主義とも思える路線変更に対し疑問を抱き、この録音を最後にエディとのコンビを解消する事になる。[注釈 4]にまた、エコーのレッド・マシューズは事あるごとに干渉してくるケープハートに嫌気がさし「タイアード&スリーピー/フールズ・パラダイス」のリリース(6月)をもってコクラン・ブラザースとの契約を終了する。結果的に二人の別れは双方の音楽キャリアに最高のものをもたらした。この後ハンクはナッシュビルに赴き、作曲家として数々のヒット曲を書きカントリー・ミュージックの殿堂入りを果たす。[1]

 「アメリカン・ミュージック」はハリウッドのカウボーイ映画で使用される曲の需要を見越してシルベスター・クロスが1935年に設立した音楽出版社。サン・オブ・ザ・パイオニアズの「クール・ウォーター」(1935)がヒット。マール・トラヴィス、デルモア・ブラザース等の数々のウェスタン・スタンダードを発表、1950年代初頭には西海岸の最重要出版社となっていた。1954年自社専属ライターのためのコンセプト・レーベル「クレスト(Crest)」を立ち上げ、急速に変化する音楽シーンに対応すべくカントリー、R&B、ノヴェルティのレコード制作を行っていた。[1]

 シンガー、ギタリストとして独り立ちすることになったエディは7月から8月にかけ多数のセッションを行う。その中からリトル・リチャードの「ロング・トール・サリー(のっぽのサリー)」にちなんで書かれた「スキニー・ジム(やせっぽちのジム)」がクレスト最初のシングルとして7月に発売される。[1]

映画出演[編集]

Jayne Mansfield

 7月エディとケープハートは低予算の映画のBGMを録音するためスタジオにいた。居合わせたケープハートの知人でもある映画監督のボリス・ペトロフはエディの映画向きの顔立ちを見るとに「私の知人の映画に出演する気はあるかい?」と尋ねた。エディ生前のインタビューによると「最初は冗談だと思ったけど彼に『いいね!後で君に電話するから。』と言われた。翌日電話でで『歌は歌えるか?』と聞かれ半分ジョークに付き合う気分で『歌える』と答えた。僕ははスタジオミュージシャンであって歌手では無かったからね。そして「トゥエンティ・フライト・ロック」のデモ・ディスクを作る事になった。」[1]

 問題の映画「ド・レ・ミ」は20世紀フォックスの音楽ディレクター、ライオネル・ニューマンとリバティの経営者サイモン・ワロンカーの間で交わされたミュージシャンの供給などを含めた業務提携により実現した音楽映画で、出演するミュージシャン11人中5人がリバティー専属である事が保証されていた。ジェーン・マンスフィールドとエドモント・オブライエンが主演、一般作品同様の予算が割り当てられ各方面から注目を集めていた。「ド・レ・ミ」のタイトルは出演者リトル・リチャードが撮影中にヒットさせていた曲「女はそれを我慢できない」に改題、公開される。エディは作品中「トゥエンティ・フライト・ロック」を演奏。[1]

 12月、エディはもう一つの映画に出演する。ワーナー・ブラザース制作「アンタムド・ユース(Untamed Youth)」はマミー・ヴァン・ドーレン(Mamie Van Doren)が主演する10代向けの映画、作品中エディは「コットン・ピッカー」を歌っている。「ミス・ドーレンの熱いグラインドと歌唱が精力旺盛なアメリカの若者を目覚めさせる事を保証する。」(ニューヨーク・タイムズ紙)[1]

リバティとの契約[編集]

 リバティ・レコードは1955年に設立した新興レーベルだったが開設早々ジュリー・ロンドンの「クライミー・ア・リヴァー」がミリオンセラーを記録、チップ・モンクスなどのノヴェルティがヒットし急成長を遂げていた。唯一カタログに欠けていたもの、それは「ロックンロール・シンガー」だった。この年の1月RCAヴィクターからメジャーデビューしたエルヴィス・プレスリーは瞬く間にヒット・チャートを席捲、各レコード会社は「ポスト・エルヴィス」探しに躍起になっていた。「女はそれを我慢出来ない」出演がきっかけとなり9月8日、エディとリバティは1年の契約を交わす。[1]

1957年[編集]

バルコニーに座って[編集]

 ABCパラマウントはノースカロライナ州の「コロニアル(Colonial)」レーベルをリバティと競合の末に買収した。敗れた形のリバティは負けじとコロニアル専属であるシンガーソングライター、ジョニー・ディー作曲「バルコニーに座って (Sittin' in the Balcony)」をエディ最初のシングルに決定する。当初「女はそれを我慢出来ない」の公開に合わせ「トゥエンティ・フライト・ロック」のリリースが予定されていたが[注釈 5]急遽変更となった。

「私とエディはワロンカーからリバティのオフィスに呼ばれ『バルコニーに座って』の録音を伝えられた。エディは私にこう言った。『オヤジさん、[注釈 6]これは売れると思うよ。』急ぎの仕事だったが完全な物に仕上げる必要があった。3日後の午後8時にリバティのスタジオに入り録音が終了したのは夜明け前だった。」(ジェリー・ケープハート)

「スタジオでプレイバックを聴いた時、出来の悪さに失望した。この曲がミリオンセラーになった時、僕自身が一番驚いた。」(エディ・コクラン、NMEのインタビューに対して)[1]

 3月にオリジナルのジョニー・ディー盤と共にホット100入り、ジョニー(38位)、エディー(18位)の全国ヒットとなった。だがフォローアップのための続く2枚のシングル「ミーン・ウェン・アイム・マッド/ワン・キス」(5月)「ドライブ・イン・ショウ/アム・アイ・ブルー」(7月)は振るわず、かろうじて「ドライブ~」が82位となっただけだった。10月ジーン・ヴィンセントリトル・リチャードと共にオーストラリア・ツアー。同国ではこの年の1月にビル・ヘイリージョー・ターナーらが大規模なロックンロール・ショウを成功させており二度目のロックスターの来訪となっていた。この公演の最中リトル・リーチャードは突然引退を宣言、シドニーのハーバー橋から所持する宝石を投げ捨てている。[1]

1958年[編集]

 エディとケープハートはリバティ経営者ワロンカーの同意を得てリバティ主導の選曲や録音とは別に独自のマスター制作を開始する。出版社アメリカン・ミュージックがデモ制作の費用を持ち、その代わり自社スタッフライターが曲を提供する、というものだ。これによってエディは制作の自由度が広がり、当時としては珍しいセルフ・プロデュースを行うことになった。 [1]

サマータイム・ブルース[編集]

Eddie Cochran 1957

「ラブ・アゲイン」と言う曲のB面に関してエディとケープハートの間で打ち合わせが行われた。同席していたロカビリー奏者ベイカー・ナイトによれば「ケープハートの自宅でビールを飲みながらのリラックスした話し合いだった。エディはブルース・リックを弾き、ケープハートは『流行りの言葉を歌詞に入れよう』とアイディアを出した。一時間後に曲が完成、『サマータイム・ブルース (Summertime Blues)』と名付けられた。」[1]

「彼は私の事を覚えているかしら。」若き女性作曲家シャロン・シーリー(Sharon Sheeley)は高揚する気持ちを抑えてゴールドスター・スタジオに入った。彼女自身が作曲、ケープハートに持ち込んだ「ラブ・アゲイン」の録音に立ち会うためでもあり、昨年のクリスマスにABCパラマウント劇場でエヴァリー・ブラザースから紹介されたエディ・コクランとの再会でもあったからだ。残念ながらエディは彼女の事は覚えていなかったがこの録音を機に二人は親密な間柄となる。[1]

 6月11日[要出典]「ラブ・アゲイン/サマータイム・ブルース」発売。リリース当初反応は無かったが、しばらくすると不思議な現象が起きた。DJや音楽レビュアーがB面の「サマータイム・ブルース」を取り上げだしたのだ。8月に最高8位を記録、エディ生涯最大のヒットとなった。奇しくも「サマータイム・ブルース」がチャートを上昇している7月、ビルボードNO.1に輝いていたのはシャロンがリッキー・ネルソンに書いた「プア・リトル・フール」だった。[1]

その後も「カモン・エヴリバディ」「サムシン・エルス」「マイ・ウェイ」「スリー・ステップス・トゥ・ヘヴン」などのヒットを連発する。

しかしイギリスツアーの最中の1960年4月16日、婚約者でソングライターのシャロン・シーリー、歌手のジーン・ヴィンセントと同乗したタクシーが街灯に衝突して大破した。コクランらは病院に搬送され、同乗者2人は助かったものの、コクランは翌日死亡した。21歳であった。

死後、コクランと交流があり、1959年2月3日に飛行機事故で死去したバディ・ホリーリッチー・ヴァレンスビッグ・ボッパーへの追悼のために制作された「スリー・スターズ」が発売された。1987年にはロックの殿堂入りを果たした。

ディスコグラフィ[編集]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国リリース[編集]

シングル[2][注釈 7]
アーティスト タイトル レーベル リリース
Cochran Brothers Two Blue Singin' Stars/Mr Fiddle Ekko 45-1003 Jun 1955
Guilty Conscience/Your Tomorrows Never Come Ekko 1005 Jul 1955
Tired And Sleepy/Fool's Paradise Ekko 3001 Jun 1956
Eddie Cochran Skinny Jim/Half Loved Crest 1026 Jul 1956
Sittin' In The Balcony/Dark Lonely Street Liberty F-55056 Feb 1957
Mean When I'm Mad/One Kiss Liberty F-55070 May 1957
Drive In Show/Am I Blue Liberty F-55087 Jul 1957
Twenty Flight Rock/Cradle Baby Liberty F-55112 Nov 1957
Jeannie, Jeannie, Jeannie/Pocketful Of Hearts Liberty F-55123 14 Jan 1958
Teresa/ Pretty Girl Liberty F-55138 Jun 1958
Summertime Blues/Love Again Liberty F-55144 11 Jun 1958
C'mon Everybody/Don't Ever Let Me Go Liberty F-55166 Oct 1958
Teenage Heaven/I Remember Liberty F-55177 22 Jan 1959
Somethin´Else/Boll Weevil Song Liberty F-55203 Jul 1959
Hallelujah, I Love Her So/Little Angel Liberty F-55217 Nov 1959
Cut Across Shorty/Three Steps To Heaven Liberty F-55242 11 Mar 1960
Lonely/Sweetie Pie Liberty F-55278 Sep 1960
Weekend/Lonely Liberty F-55389 2 Nov 1961
アルバム[3]
Eddie Cochran Singin' To My Baby Liberty LRP 3061 1957
Eddie Cochran Liberty LRP 3172 1960
Never To Be Forgotten Liberty LRP 3220 1962
On The Air EMI America SQ-17245 1987

イギリスの旗 イギリスリリース[編集]

シングル[4][注釈 8]
アーティスト タイトル レーベル リリース
Eddie Cochran 20 Flight Rock/Dark Lonely Street London HLU 8386 Apr 1957
Sittin' In The Balcony/Completely Sweet London HLU 8433 Jun 1957
Summertime Blues/Love Again London HLU 8702 Sep 1958
C'mon Everybody/Don't Ever Let Me Go London HLU 8792 Jan 1959
Teenage Heaven/I Remember London HLU 8880 Jun 1959
Somethin' Else/Boll Weevil Song London HLU 8944 Sep 1959
Hallelujah, I Love Her So/Little Angel London HLW 9022 Jan 1960
Three Steps To Heaven/Cut Across Shorty London HLG 9115 May 1960
Sweetie Pie/Lonely London HLG 9196 Sep 1960
Weekend/Cherished Memories London HLG 9362 Jun 1961
Jeannie, Jeannie, Jeannie/Pocketful Of Hearts London HLG 9460 Nov 1961
Pretty Girl/Theresa London HLG 9464 Nov 1961
Undying Love/Stockin's 'N' Shoes London HLG 9467 Dec 1961
Never/Think Of Me Liberty LIB 10049 Oct 1962
My Way/Rock'N'Roll Blues Liberty LIB 10088 Apr 1963
Drive-In Show/I Almost Lost My Mind Liberty LIB 10108 Aug 1963
Skinny Jim/Nervous Breakdown Liberty LIB 10151 Apr 1964
アルバム[3]
Eddie Cochran Singin' To My Baby London HA-U.2093 1958
The Eddie Cochran Memorial Album London HA-G 2267 1960
Cherished Memories Liberty LBY 1109 1962
My Way Liberty LBY 1205 1964
On The Air United Artists UAS 29380 1972

主なカヴァー・ヴァージョン[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 後にボブ・デントンの名でエディのサポートによりレコードを制作する
  2. ^ 本拠はテネシー州メンフィス、ユニオン通り
  3. ^ 黒人起業家John Dolphinが経営するマイナーレーベル
  4. ^ 原文ではHankがBo Davisの名で7月録音まで参加としているがHankとDavisは別人
  5. ^ すでにレコード番号55050が割り当てられていた
  6. ^ EddieはCapehartを「Dad」と呼んでいた
  7. ^ 4曲入りEPと61年以降のシングルは割愛した
  8. ^ 4曲入りEPと64年以降のシングルは割愛した

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v Finnis Rob(解説)『The Eddie Cochran Box Set』LIBERTY Records 1988年
  2. ^ http://www.45cat.com/artist/eddie-cochran/us
  3. ^ a b discogs.com Eddie-Cochranディスコグラフィー
  4. ^ http://www.45cat.com/artist/eddie-cochran