セル・アウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セル・アウト
ザ・フースタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
レーベル トラック・レコード
プロデュース キット・ランバート英語版
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 13位(イギリス)
  • 48位(アメリカ)
ザ・フー 年表
ア・クイック・ワン
1966年
セル・アウト
1967年
トミー
1969年
テンプレートを表示

セル・アウト』 (The Who Sell Out) は、イギリスロックバンドザ・フーの3作目のスタジオ・アルバム。

1995年の復刻盤には、10曲のボーナストラックが追加されている。

解説[編集]

全曲オリジナル曲の自身初のアルバム。それぞれの楽曲を架空のラジオ局のジングルで繋ぐ、コンセプト・アルバムとなっている。これは、当時ビートルズが『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』を制作する契機となった、ザ・ビーチ・ボーイズの『ペット・サウンズ』からの影響と考えられる。しかし、ライブでは収録曲を披露することが少ない。

このアルバムからのシングル「恋のマジック・アイ」は、初の全米ツアーが行われた時期でもあったことから全米チャート9位を記録した。また、前作収録の「クイック・ワン」から次作アルバム『トミー』を繋ぐミニオペラ「ラエルその1、その2」も収録されている。

『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』に於いて、115位にランクイン。

収録曲[編集]

特記なき楽曲はピート・タウンゼント作。

  1. アルメニアの空 - Armenia City in the Sky (Keene)
  2. ハインツ・ベイクド・ビーンズ - Heinz Baked Beans (Entwistle)
  3. マリー・アンヌ - Mary Anne With the Shaky Hand
  4. オドロノ - Odorono
  5. いれずみ - Tattoo
  6. 過ぎし二人の恋 - Our Love Was, Is
  7. 恋のマジック・アイ - I Can See for Miles
  8. アイ・キャント・リーチ・ユー - I Can't Reach You
  9. メダック - Medac (Entwistle)
  10. リラックス - Relax
  11. けちのサイラス - Silas Stingy (Entwistle)
  12. 夜明け - Sunrise
  13. ラエル(その1) - Rael 1

ボーナストラック(復刻版)[編集]

  1. ラエル(その2) - Rael 2
  2. グリッタリング・ガール - Glittering Girl
  3. メランコリア - Melancholia
  4. サムワンズ・カミング - Someone's Coming (Entwistle)
  5. ジャガー - Jaguar
  6. アーリー・モーニング・コールド・タクシー - Early Morning Cold Taxi (Langston, Daltrey)
  7. 山の魔王の宮殿にて - Hall Of The Mountain King (Greig/arr. by The Who)
  8. ガールズ・アイズ - Girl's Eyes (Moon)
  9. マリー・アンヌ(オルタナティヴ・ヴァージョン) - Mary Anne With the Shaky Hand [Alternative Version]
  10. 燃える女 - Glow Girl

脚注[編集]