クレアラシル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クレアラシル (Clearasil) は、英国の大手トイレタリー・メーカーであるレキットベンキーザー社から発売されているニキビ治療薬のブランドである。

クレアラシル (Clearasil) とは、クリアな肌を意味する「Clear」とを意味する「Sil」の合成語である[1]

サルファ・レゾルジン処方[編集]

最近のCMでは使われていないが、P&G時代にはキャッチフレーズとして盛んに使われていた。サルファ・レゾルジンとはクレアラシル 治療薬クリームに入っている成分を指している。

サルファとは硫黄のことで、角質を軟化させる作用、皮脂を吸収する作用、殺菌作用がある。また、レゾルジンにはアクネ菌の殺菌、角質を軟化させる作用、角質を除去する作用があり、毛穴を綺麗にする効果がある。

歴史[編集]

日本での展開[編集]

発売元[編集]

日本では発売元がレキットベンキーザーの日本法人であるレキットベンキーザー・ジャパン、販売委託元が化粧品メーカーのノエビアの子会社ボナンザ、ニキビ治療クリームのみ製造販売元が明治薬品である。

1960年に日本での販売が始まったが、1980年代後半から買収や事業譲渡が相次ぎ、販売元が数回変更されている。

  • 1960年 - 日本でニキビ治療クリームとして輸入販売開始。当時の輸入販売元はヴィックス製品の輸入販売元であった阪急共栄物産(現阪食)。
  • 1966年 - 輸入販売元が阪急共栄物産から分離独立した日本ヴィックスに変更。
  • 1977年 - 地域限定で日本でニキビ治療クリームとして直接販売開始。この時、日本ヴィックスは社名をリチャードソン・メレルに変更。
  • 1979年 - ニキビ治療クリームの全国発売開始。社名を日本ヴィックスに復名。
  • 1988年 - P&G傘下となっていた日本ヴィックスが社名を「プロクター・アンド・ギャンブル・ヘルスケア(P&Gヘルスケア)」に変更。
  • 1990年 - ニキビ治療クリームに加えて、洗顔フォーム、洗顔ソープを全国発売。
  • 1994年 - P&Gヘルスケアと新しくP&G傘下となったマックスファクターが統合され、販売元がマックスファクター株式会社(現・P&Gマックスファクター合同会社)に変更される。但し、以降も引き続きP&G製品として発売されていた。
  • 2000年 - P&Gがクレアラシルの事業をブーツ・ヘルスケアに売却。日本での販売元がブーツ・ヘルスケア・ジャパンに変更される。
  • 2005年 - 商品ラインナップを一新。
  • 2006年 - ブーツ・ヘルスケアがクレアラシルの事業を現在の販売元のレキットベンキーザーに売却。日本での発売元がレキットベンキーザー・ジャパンに変更される。
  • 2007年 - オトナ肌対策クレアラシル薬用アクネジェルを発売。
  • 2008年 - 薬用アクネジェルを発売。
  • 2009年 - 商品パッケージを一新。
  • 2010年 - 薬用泡洗顔フォーム10×を発売。
  • 2011年 - 薬用洗顔フォーム10×を発売。
  • 2013年 - 薬用パウダーローション10×、薬用モイスチャーローション マイルドタイプを発売
  • 2016年 - フルーツEX リキッドジェルウォッシュを発売。

現在発売中の製品[編集]

  • ニキビ治療クリーム(第2類医薬品、製造販売元:明治薬品)
    • クレアラシル ニキビ治療薬クリーム(レギュラータイプ)
    • クレアラシル ニキビ治療薬クリーム(肌色タイプ)
  • 集中ケア(医薬部外品)
    • クレアラシル 薬用アクネジェル
  • 洗顔フォーム(医薬部外品)
    • クレアラシル 薬用洗顔フォーム10×
    • クレアラシル 薬用洗顔フォーム(マイルドタイプ)
    • クレアラシル 薬用泡洗顔フォーム10×
    • クレアラシル 薬用泡洗顔フォーム(マイルドタイプ)
    • クレアラシル クリアー・アト・スクラブ10×
  • 洗顔リキッドジェル(化粧品)
    • クレアラシル フルーツEX リキッドジェルウォッシュ
  • 化粧水(医薬部外品)
    • クレアラシル 薬用パウダーローション10×
    • クレアラシル 薬用モイスチャーローション マイルドタイプ
  • その他(医薬部外品)
    • オトナ肌対策クレアラシル薬用アクネジェル

CM出演者[編集]

現在[編集]

過去[編集]

イベント[編集]

ぴかぴかフェイスコンテストが、P&G時代に新人タレントを発掘するために開催されていた。現在は開催されていない。このコンテストの第1回優勝者が広末涼子であり、後にこのクレアラシルのCM出演で芸能界デビューを果たしている。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ クレアラシルの歴史
  2. ^ a b 松田久一『成功と失敗の事例に学ぶ 戦略ケースの教科書』かんき出版、2012年、136-140頁
  3. ^ “私立恵比寿中学:1989年放送のCMのリバイバル作品に挑戦 27年ぶりに「シカ~モ!」が復活 ”. MANTANWEB. (2016年4月11日). http://mantan-web.jp/2016/04/11/20160410dog00m200030000c.html 2016年4月12日閲覧。 

外部リンク[編集]