内田有紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
うちだ ゆき
内田 有紀
本名 同じ
生年月日 (1975-11-16) 1975年11月16日(42歳)
出生地 東京都中央区日本橋
身長 165 cm
血液型 O型
職業 女優、歌手、モデル
ジャンル テレビドラマ・映画・CM
活動期間 1989年 - 2002年
2006年 -
配偶者 独身
事務所 バーニングプロダクション
主な作品
テレビドラマ
その時、ハートは盗まれた
時をかける少女
17才-at seventeen-
キャンパスノート
氷の世界
医龍-Team Medical Dragon-2
最後から二番目の恋
ドクターX〜外科医・大門未知子〜
映画
花より男子
CAT'S EYE
クワイエットルームにようこそ
ばかもの
踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!
踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

内田 有紀(うちだ ゆき、1975年11月16日 - )は、日本女優歌手東京都出身。特技はフェンシング器械体操。趣味は料理散歩ギター

人物[編集]

東京都広尾生まれの裕福な家庭に育つ。藤村女子中学校・高等学校中退。 小学6年生の頃に母親がモデルにスカウトされ一緒に撮影所へ向かう。その後、中学2年生からモデル活動を始め、CMにも出演していた。 そして1992年に女優としてデビュー。

学生時代は仕切り役でリーダーシップを果たしていた。スポーツ女子で足も早く活発だった。 中学生の頃体操部に入っていたが身長が伸びた為、競技人口の少ないフェンシング部に入る(競技人口が少ないので1番になれると思い始めたのがきっかけ)。都大会で3位になるほど腕前はあった。

エピソード[編集]

  • 犬好きで子供の頃はをたくさん飼っていた。
  • 小学生の頃は体操部陸上部を掛け持ちしていた。
  • 器械体操をしていたので『その時、ハートは盗まれた』で跳び箱を使って前方倒立回転跳びを披露している。他にもイメージビデオで側宙ロンダートも披露しているほど身体能力抜群。
  • 中学生のとき授業中、安全ピンとシャーペンでピアスを開ける。(母親と喧嘩してむしゃくしゃしていた為)
  • 好奇心旺盛でやんちゃ娘だったので両親もヒヤヒヤすることが多々あったという。
  • O型で大雑把なイメージがあると街頭インタビューで言われていたが、本人はかなりの綺麗好き。(コップの配置を直したり、子供の頃は勉強机の引き出しの中は常に片付けられていた、など)
  • 得意料理は中華料理。基本的に料理が得意。
  • おおらかな性格だが、せっかち。
  • 美容健康に気を使っており、美容・健康グッズをたくさん持っている。女優仲間からは健康オタクとも言われている。
  • プライベートでは安室奈美恵サザンオールスターズ松任谷由実椎名林檎を聴いている。

経歴[編集]

1992年(平成4年)のテレビドラマ『その時、ハートは盗まれた』(フジテレビ)への出演で女優デビューし、同年冬には、ユニチカの1993年 水着キャンペーンモデルに選出された。この頃、芸能活動に専念するために高校は退学。

1994年(平成6年)、『時をかける少女』で連続ドラマ初主演。同年10月には『TENCAを取ろう! -内田の野望- 』で歌手デビューし、オリコン史上初女性ソロ歌手のデビュー曲で初登場1位を記録。(この記録は2017年現在も保持している) また、同年の『フジテレビビジュアルクイーン』に選出されるなどアイドル・女優として絶大な人気を得る。以降、女優業と歌を軸に活動した。

2000年(平成12年)1月、演技の勉強を基礎からやり直すとして、『北区つかこうへい劇団』に入団。それに伴って約3年間の予定で歌手業を休業、活動の場をテレビドラマ・映画から舞台へと移した。2002年(平成14年)に同年11月28日を以って芸能界を引退することを示し、同年9月に放送されたテレビドラマ『北の国から 2002 遺言』(フジテレビ)が、内田最後の出演作になったものと思われた。その後、同年12月に吉岡秀隆と結婚する。

しかし、吉岡とは2005年(平成17年)12月に離婚、翌年夏に放送されたテレビドラマ、『誰よりもママを愛す』(TBS) に、主演の田村正和演じる専業主夫の長女役で出演し、女優としての活動を再開した。芸能事務所も他所などへは移籍せず、引退前のバーニングプロダクションに復帰、停止していた公式ウェブサイトも新たに再開された。復帰後の内田のマネジメントは、かつての内田の担当マネージャーが代表を務める、エヴァーグリーン・エンタテイメントによって行われていたが現在はバーニングプロダクションが単独で行っている。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

モバイル放送番組

情報・バラエティ番組[編集]

音楽番組[編集]

  • ミュージックステーション(テレビ朝日)
    • 1995年4月14日「明日は明日の風が吹く」
    • 1995年4月21日「ONLY YOU」
    • 1995年8月18日、9月8日「Baby's Growing Up」
    • 1996年2月2日、2月23日「幸せになりたい」
    • 1996年7月19日、8月2日、10月4日SP「EVER&EVER」(内田有紀&m.c.A.Tとして)
    • 1997年2月21日「「アイシテル」」
    • 1997年5月23日「Da.i.su.Ki」
    • 1998年9月18日「ハートブレイク スナイパー」
    • 1999年9月3日「楽園」
  • FNS歌謡祭(フジテレビ)
  • HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP(フジテレビ)
    • #20 炎の3時間スペシャル(1995年4月10日)「ONLY YOU」
    • #22 (1995年4月24日)「ONLY YOU」
    • #37 (1995年8月14日)「Baby's Growing Up」
    • #55 (1996年2月5日)「幸せになりたい」
    • #75 (1996年7月15日)「EVER&EVER」(内田有紀&m.c.A.Tとして)
    • #86 (1996年10月21日)
    • #103 (1997年2月24日)「「アイシテル」」
    • #114 (1997年6月2日)「Da.i.su.Ki」
    • #172 (1998年9月21日)「ハートブレイク スナイパー」
    • #216 (1999年9月6日)「楽園」
  • 夜のヒットスタジオスペシャル(フジテレビ)
    • '94夜のヒットスタジオ超X'masデラックス(1994年12月24日)
    • '95夜のヒットスタジオ グレートアーティスト超豪華!春SP(1995年4月3日)
    • '95夜のヒットスタジオ超X'mas SPECIAL(1994年12月24日)
    • '96夜のヒットスタジオ 桜満開!春デラックス(1996年4月3日)
    • '96夜のヒットスタジオ超X'masデラックスin NY(1996年12月25日)
    • ザッツお台場エンターテイメント!第1夜・歌番組の38年(1997年3月31日)
  • うたばん(TBS)
  • ザ・ベストテン復活版(TBS、1995年4月4日)スポットライトで出演、「明日は明日の風が吹く」を熱唱。

ほか

ラジオ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

作品[編集]

シングル[編集]

  1. TENCAを取ろう! -内田の野望-(1994年10月21日)
    作詞:広瀬香美、川咲そら 作曲:筒美京平 編曲:松本晃彦
    フジテレビ系ドラマ「半熟卵」主題歌、オリコン初登場1位を記録
  2. 明日は明日の風が吹く(1995年4月5日)
    作詞:岩切修子 作曲:筒美京平 編曲:大村雅朗
    1995カルピスウォーターCFイメージソング
  3. Only You(1995年4月21日)
    作詞、作曲、編曲:小室哲哉
    ロッテリアCFソング
  4. BABY'S GROWING UP(1995年8月18日)
    作詞、作曲、編曲:小室哲哉
    映画「花より男子」主題歌
  5. 幸せになりたい(1996年1月24日)
    作詞、作曲:広瀬香美 編曲:本間昭光
    TBS系ドラマ「キャンパスノート」主題歌
  6. EVER&EVER ※内田有紀&m.c.A・Tとして(1996年7月17日)
    作詞:m.c.A・T、小室哲哉 作曲・編曲:富樫明夫、小室哲哉
    フジテレビ系ドラマ「翼をください!」主題歌
  7. 「アイシテル」(1997年2月21日)
    作詞:中山加奈子 作曲・編曲:奥居香
  8. Da.i.su.ki.(1997年5月21日)
    作詞:大西スミ江 作曲・編曲:奥居香
    1997カルピスウォーターCFイメージソング
  9. ハートブレイク スナイパー(1998年9月25日)
    作詞・作曲・編曲:I,N,A
    ジャストシステム「一太郎9」CMソング
  10. 楽園(1999年8月27日)
    作詞:内田有紀、伊秩弘将 作曲:伊秩弘将 編曲:田辺恵二
    日本テレビ系「進ぬ!電波少年」内『スワンの旅 in The World』応援歌

マキシシングル[編集]

参加作品[編集]

アルバム[編集]

ビデオ等[編集]

  • 「Visual Queen of The Year'93 内田有紀 La Palette」(1993年3月)
  • ドラマ「時をかける少女 Special Edition」(1994年9月)
  • 映画「花より男子」(1995年12月)
  • YUKI UCHIDA 1995 CONCERT「UCHIDA'S love show」(1996年2月)
  • 「NO MAKE」(1996年11月)
  • 「Yuki Uchida Concert 1996 "nakitakunalu"」(1997年2月)
  • 「THE CAT'S SECRET」(1997年7月)
  • 「CAT'S EYE」(1998年2月)
  • 「Yuki Uchida Concert Tour 1997 "MINNA DA I SU KI"」(1998年2月)
  • ドラマ・踊る大捜査線 番外編「湾岸署婦警物語 -初夏の交通安全スペシャル-」(1998年8月)
  • 「BEAT」(1999年4月)

書籍等[編集]

  • VISUAL QUEEN OF THE YEAR'93 (扶桑社)
  • YUKISS (集英社)
  • 有紀と月と太陽と (ワニブックス)
  • CAT'S EYE (ワニブックス)
  • 内田有紀「夜空に YOUKISS!」 (扶桑社)
  • 大人の女性のためのトラベル・ウェブ・マガジン『旅色Luxury Stays』(2009年)

脚注[編集]

  1. ^ 天海祐希、沢村一樹と“偽装夫婦” 遊川氏脚本の大人のラブストーリー!”. ORICON (2015年8月27日). 2015年8月27日閲覧。
  2. ^ “内田有紀 NHK連ドラ初主演!40歳「おばさんって楽」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年11月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/21/kiji/K20151121011547240.html 2015年11月21日閲覧。 
  3. ^ 内田有紀、NHKドラマ初主演 池脇千鶴に追いつめられる!?”. ORICON STYLE (2015年11月24日). 2015年11月25日閲覧。
  4. ^ 広末涼子、内田有紀と初共演 異色サスペンスに挑戦”. 日刊スポーツ (2015年11月13日). 2015年11月13日閲覧。
  5. ^ “宮部みゆき原作『荒神』スペシャルドラマ化 内田有紀が出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年5月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2090794/full/ 2017年7月28日閲覧。 
  6. ^ 内田有紀&ブラマヨ小杉、「アントマン」日本語吹き替え声優に決定!”. 映画.com. 2015年7月22日閲覧。
  7. ^ “内田有紀&田辺誠一が「斉木楠雄のΨ難」で山崎賢人の“ぶっ飛んだ”両親役に”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年5月19日). http://natalie.mu/eiga/news/233104 2017年5月19日閲覧。 
  8. ^ 内田有紀、昔と全く変わらない姿にビックリ!DHC新CMで女子会”. SANSPO.COM (2015年9月9日). 2015年9月9日閲覧。
  9. ^ “GU16年秋冬新CMで中条あやみがアラレちゃんに!オシャレな“コナレちゃん”に変身”. Fashion Press. http://www.fashion-press.net/news/25627 2016年8月30日閲覧。 
  10. ^ “医療保険のイメージキャラクターに、内田有紀さんを起用 ~新しいテレビCM「ZiPPi〈ジッピ〉新登場」篇を放映開始します~”. ソニー損保ニュースリリース. (2017年1月12日). http://from.sonysonpo.co.jp/topics/news/2017/01/20170112.html 2017年1月15日閲覧。 

外部リンク[編集]