内田有紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
うちだ ゆき
内田 有紀
本名 同じ
生年月日 1975年11月16日(41歳)
出生地 東京都中央区日本橋
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
身長 165 cm
血液型 O型
職業 女優歌手、モデル
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 1992年 - 2002年
2006年 -
事務所 バーニングプロダクション
主な作品
テレビドラマ
その時、ハートは盗まれた
時をかける少女
キャンパスノート
氷の世界
医龍-Team Medical Dragon-2
ドクターX〜外科医・大門未知子〜
映画
花より男子
CAT'S EYE
踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!
踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

内田 有紀(うちだ ゆき、1975年11月16日 - )は、日本女優歌手。東京都出身。特技はフェンシング

人物[編集]

1975年昭和50年)生まれ。東京都出身。藤村女子中学校・高等学校中退。バーニングプロダクション所属。

経歴[編集]

出身は、東京・日本橋で、中学校在学時からモデル活動やCM出演などをしていた。

1992年(平成4年)のテレビドラマ『その時、ハートは盗まれた』(フジテレビ)への出演で女優デビューし、同年冬には、ユニチカの1993年 水着キャンペーンモデルに選出された。この頃、芸能活動に専念するために高校は退学。

1994年(平成6年)、『時をかける少女』で連続ドラマ初主演。更に同年10月には『TENCAを取ろう! -内田の野望- 』で歌手デビューし、オリコン史上初女性ソロ歌手のデビュー曲で初登場1位を記録。また、同年の『フジテレビビジュアルクイーン』に選出されるなどアイドル・女優として絶大な人気を得る。以降、女優業と歌を軸に活動した。

2000年(平成12年)1月、演技の勉強を基礎からやり直すとして、『北区つかこうへい劇団』に入団。それに伴って約3年間の予定で歌手業を休業、活動の場をテレビドラマ・映画から舞台へと移した。2002年(平成14年)に結婚、同年11月28日を以って芸能界を引退することを示し、同年9月に放送されたテレビドラマ『北の国から 2002 遺言』(フジテレビ)が、内田最後の出演作になったものと思われた。

しかし、2005年(平成17年)末に離婚、翌年夏に放送されたテレビドラマ、『誰よりもママを愛す』(TBS) に、主演の田村正和演じる専業主夫の長女役で出演し、女優としての活動を再開した。芸能事務所も他所などへは移籍せず、引退前のバーニングプロダクションに復帰、停止していた公式ウェブサイトも新たに再開された。復帰後の内田のマネジメントは、かつての内田の担当マネージャーが代表を務める、エヴァーグリーン・エンタテイメントによって行われていたが現在はバーニングプロダクションが単独で行っている。

私生活[編集]

2002年(平成14年)末、テレビドラマ 『北の国から』で共演した俳優の吉岡秀隆と結婚。内田は同年11月28日をもって芸能活動を停止、ファンクラブ 『YUKI組』は解散となり、公式ウェブサイトも閉鎖された。この結婚では、倉本聰がプロデュースして北海道・富良野で行われた結婚式も話題となった。しかし、2005年(平成17年)12月に離婚。吉岡との間に子どもはいなかった。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

モバイル放送番組

バラエティ番組[編集]

音楽番組[編集]

  • ミュージックステーション(テレビ朝日)
    • 1995年4月14日「明日は明日の風が吹く」
    • 1995年4月21日「ONLY YOU」
    • 1995年8月18日、9月8日「Baby's Growing Up」
    • 1996年2月2日、2月23日「幸せになりたい」
    • 1996年7月19日、8月2日、10月4日SP「EVER&EVER」(内田有紀&m.c.A.Tとして)
    • 1997年2月21日「「アイシテル」」
    • 1997年5月23日「Da.i.su.Ki」
    • 1998年9月18日「ハートブレイク スナイパー」
    • 1999年9月3日「楽園」
  • FNS歌謡祭(フジテレビ)
  • HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP(フジテレビ)
    • #20 炎の3時間スペシャル(1995年4月10日)「ONLY YOU」
    • #22 (1995年4月24日)「ONLY YOU」
    • #37 (1995年8月14日)「Baby's Growing Up」
    • #55 (1996年2月5日)「幸せになりたい」
    • #75 (1996年7月15日)「EVER&EVER」(内田有紀&m.c.A.Tとして)
    • #86 (1996年10月21日)
    • #103 (1997年2月24日)「「アイシテル」」
    • #114 (1997年6月2日)「Da.i.su.Ki」
    • #172 (1998年9月21日)「ハートブレイク スナイパー」
    • #216 (1999年9月6日)「楽園」
  • 夜のヒットスタジオスペシャル(フジテレビ)
    • '94夜のヒットスタジオ超X'masデラックス(1994年12月24日)
    • '95夜のヒットスタジオ グレートアーティスト超豪華!春SP(1995年4月3日)
    • '95夜のヒットスタジオ超X'mas SPECIAL(1994年12月24日)
    • '96夜のヒットスタジオ 桜満開!春デラックス(1996年4月3日)
    • '96夜のヒットスタジオ超X'masデラックスin NY(1996年12月25日)
    • ザッツお台場エンターテイメント!第1夜・歌番組の38年(1997年3月31日)
  • うたばん(TBS)
  • ザ・ベストテン復活版(TBS、1995年4月4日)スポットライトで出演、「明日は明日の風が吹く」を熱唱。

ほか

ラジオ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

作品[編集]

シングル[編集]

  1. TENCAを取ろう! -内田の野望-(1994年10月21日)
    作詞:広瀬香美、川咲そら 作曲:筒美京平 編曲:松本晃彦
    フジテレビ系ドラマ「半熟卵」主題歌、オリコン初登場1位を記録
  2. 明日は明日の風が吹く(1995年4月5日)
    作詞:岩切修子 作曲:筒美京平 編曲:大村雅朗
    1995カルピスウォーターCFイメージソング
  3. Only You(1995年4月21日)
    作詞、作曲、編曲:小室哲哉
    ロッテリアCFソング
  4. BABY'S GROWING UP(1995年8月18日)
    作詞、作曲、編曲:小室哲哉
    映画「花より男子」主題歌
  5. 幸せになりたい(1996年1月24日)
    作詞、作曲:広瀬香美 編曲:本間昭光
    TBS系ドラマ「キャンパス・ノート」主題歌
  6. EVER&EVER ※内田有紀&m.c.A・Tとして(1996年7月17日)
    作詞:m.c.A・T、小室哲哉 作曲・編曲:富樫明夫、小室哲哉
    フジテレビ系ドラマ「翼をください!」主題歌
  7. 「アイシテル」(1997年2月21日)
    作詞:中山加奈子 作曲・編曲:奥居香
  8. Da.i.su.ki.(1997年5月21日)
    作詞:大西スミ江 作曲・編曲:奥居香
    1997カルピスウォーターCFイメージソング
  9. ハートブレイク スナイパー(1998年9月25日)
    作詞・作曲・編曲:I,N,A
    ジャストシステム「一太郎9」CMソング
  10. 楽園(1999年8月27日)
    作詞:内田有紀、伊秩弘将 作曲:伊秩弘将 編曲:田辺恵二
    日本テレビ系「進ぬ!電波少年」内『スワンの旅 in The World』応援歌

マキシシングル[編集]

参加作品[編集]

アルバム[編集]

ビデオ等[編集]

  • 「Visual Queen of The Year'93 内田有紀 La Palette」(1993年3月)
  • ドラマ「時をかける少女 Special Edition」(1994年9月)
  • 映画「花より男子」(1995年12月)
  • YUKI UCHIDA 1995 CONCERT「UCHIDA'S love show」(1996年2月)
  • 「NO MAKE」(1996年11月)
  • 「Yuki Uchida Concert 1996 "nakitakunalu"」(1997年2月)
  • 「THE CAT'S SECRET」(1997年7月)
  • 「CAT'S EYE」(1998年2月)
  • 「Yuki Uchida Concert Tour 1997 "MINNA DA I SU KI"」(1998年2月)
  • ドラマ・踊る大捜査線 番外編「湾岸署婦警物語 -初夏の交通安全スペシャル-」(1998年8月)
  • 「BEAT」(1999年4月)

書籍等[編集]

  • VISUAL QUEEN OF THE YEAR'93 (扶桑社)
  • YUKISS (集英社)
  • 有紀と月と太陽と (ワニブックス)
  • CAT'S EYE (ワニブックス)
  • 内田有紀「夜空に YOUKISS!」 (扶桑社)
  • 大人の女性のためのトラベル・ウェブ・マガジン『旅色Luxury Stays』(2009年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]