ジレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジレットの剃刀刃 (2010)

ジレット (Gillette) は、剃刀製品のブランド。元はアメリカ合衆国の独立企業だったが、2005年以降はプロクター・アンド・ギャンブル (P&G) が販売している。

歴史[編集]

ジレット社時代[編集]

1901年キング・キャンプ・ジレットアメリカン・セーフティ・レザー・カンパニー (American Safety Razor Company) として創設し[1]1902年ジレット・セーフティ・レザー・カンパニーに改名した。1903年に世界初のT字型替刃式の安全カミソリを製造販売開始した。1904年、「Gillette」を商標登録した[1]

1967年ドイツ電気カミソリメーカーのブラウン社を買収し[1]子会社とした。1996年電池メーカーのデュラセルを買収し[1]子会社とした。これらは現在はP&Gの子会社である。

吸収合併直前の社名はザ・ジレット・カンパニー (the Gillette Company)[1]、本社はボストン[1]、雇用者数は2万9400人[1]、売り上げは92億5000万ドル(2004)[1]

P&G時代[編集]

2005年10月1日にP&Gに吸収合併され、同時にニューヨーク証券取引所の上場を廃止された。

海外展開[編集]

日本[編集]

ジレットの日本法人が設立されたのは1944年6月27日ジレットジャパンインコーポレイテッドとして設立された。

1967年にブラウン社の日本法人であるブラウンエレクトリックジャパン株式会社(設立は1962年、本社が横浜市中区にあった)を吸収し、ブラウンジレットジャパンインコーポレイテッドとなったのち、2002年にジレットジャパンインコーポレイテッドに社名を戻している。その後、2006年4月1日からはジレットジャパンエルエルシーに事業を移管して、ジレットとブラウンのブランドを日本で展開していた。

2007年7月1日にプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社(P&Gの日本法人)に事業が移管され、ジレットジャパンエルエルシーは解散した。

日本向け製品一覧[編集]

ジレット・フュージョン5+1

替刃式カミソリ[編集]

  • フュージョンシリーズ- 男性用5枚刃タイプ。各商品の替刃は全ての「フュージョン」シリーズのホルダーで使用可能。
    • プログライド フレックスボール マニュアル - 2015年2月(オンラインサイトは同年1月先行)発売。ハンドル部分に「フレックスボール」を搭載したことでカートリッジ部の可動域を拡げたマニュアルタイプ。替刃2個付(うち1個はホルダーに装着済)。
    • プログライド フレックスボール マニュアル シルバータッチ - 2015年2月(オンラインサイトは同年1月先行)発売。「プログライド フレックスボール マニュアル」のカラーバリエーション品で、シルバーのホルダー。また、同梱の替刃も1個(ホルダーに装着済)に減らされている。
    • プログライド フレックスボール パワー - 2015年2月(オンラインサイトは同年1月先行)発売。「プログライド フレックスボール」の電動式タイプ。替刃1個付(ホルダーに装着済)。
    • プログライド フレックスボール パワー シルバータッチ - 2015年2月(オンラインサイトは同年1月先行)発売。「プログライド フレックスボール パワー」のカラーバリエーション品で、シルバーのホルダー。
    • プログライド スタイラー - 2012年9月発売。「プログライド パワー」に電動トリマーとピンポイントトリマーを搭載した製品。3種類のコームが付属。
    • プログライド マニュアル 替刃 - 極薄5枚刃(5枚中4枚の刃を「フュージョン5+1」よりも薄型化)を採用した「プログライド マニュアル」用替刃。2015年2月(オンラインサイトは同年1月)にパッケージリニューアル。現行の「プログライド フレックスボール マニュアル」に加え、現在ホルダーが終売となっている「プログライド マニュアル」にも使用可能。
    • プログライド パワー 替刃 - 極薄5枚刃(5枚中4枚の刃を「フュージョン5+1」よりも薄型化)に「マイクロコーム」を搭載した「プログライド パワー」用替刃。2015年2月(オンラインサイトは同年1月)にパッケージリニューアル。現行の「プログライド フレックスボール パワー」に加え、現在ホルダーが終売となっている「プログライド パワー」にも使用可能。
    • 5+1(ファイブワン) マニュアル - 2006年8月発売。替刃式カミソリでは世界初の5枚刃(サスペンション付)とし、背面にピンポイントトリマーを搭載。本体は替刃2個付(うち1個はホルダーに装着済)。
    • 5+1(ファイブワン) パワー - 2006年8月発売。「フュージョン5+1」の電動式タイプ。より薄く均一なコーティングを施すことで剃り心地を向上。メタリックシルバーのホルダー。
    • 5+1(ファイブワン) パワー エアー - 2007年8月発売。「フュージョン5+1 パワー」のカラーバリエーション品で、スタイリッシュブラックのホルダー。
    • ファーストフュージョン - 5+1に同梱する替刃を1個(ホルダーに装着済み)に減らしたトライアル品。
  • マッハシンスリーシリーズ - 男性用3枚刃タイプ。2014年8月にパッケージリニューアルを行い、名称変更した。各商品の替刃は全ての「マッハシンスリー」シリーズのホルダーで使用可能。
    • マッハシンスリー - 国内版は2005年8月のリニューアル時に「マッハスリー」に商品名を変更していた。
    • マッハシンスリー ターボ - 刃に「アンチフリクションコーティング加工」を施した上位製品。国内版は「マッハスリーターボ」に商品名を変更していた。
    • マッハシンスリー センシティブパワー - 国内版は2004年9月の発売当初「エムスリーパワー」の商品名で発売されていた。現在は替刃のみの発売である。
  • ヴィーナスシリーズ - 女性用。各商品の替刃は全ての替刃式「ヴィーナス」のホルダーで使用可能で、アップグレードも可能である。2015年2月に一部製品を除く全製品のパッケージをリニューアルした。
    • ヴィーナス&オレイ - 2013年2月発売。グリセリンワセリンを配合したモイスチャーバー付5枚刃タイプ。商品名にある「オレイ」とは、P&Gが日本国外で展開しているスキンケアブランドである。
    • エンブレイス - 2009年2月発売。刃を囲むように配置した360°スムーサーを採用した女性用カミソリで初めての5枚刃タイプ。2011年2月にホルダーのハンドルカラーをピンクに変更。2015年2月のパッケージリニューアルに合わせ、「エンブレイス5」から商品名を変更した。
    • エンブレイス センシティブ - 360°スムーサーにアロエ成分を配合した低刺激設計(「ファーストヴィーナス」比)の5枚刃タイプ。発売当初は「プロスキン センシティブ(2012年2月発売)」の名称だったが、2015年2月のパッケージリニューアルに合わせ、5枚刃タイプの「エンブレイス」のシリーズ品として商品名を変更。さらに、本体は同梱の替刃が1個(ホルダーに装着済み)から2個(うち1個はホルダーに装着済)に増量した。
    • スナップ エンブレイス付き - 2015年2月発売。小型サイズのピンクハンドルに5枚刃の「エンブレイス」を装着し、収納時に使用する青のコンパクトも同梱した外出用。
    • スパ - ホワイティーの香りのシェーブジェルバー(ソープ)が付いた3枚刃タイプ(ピンクのハンドルカラー)。当初は「スパ ブリーズ(2010年2月発売)」として発売され、2012年4月に替刃を1個(ホルダーに装着済)に減らした新仕様にリニューアルされたが、2015年2月のパッケージリニューアルに合わせて商品名を変更した。
    • ブリーズ - 2008年3月発売。フレッシュトロピカルの香りのシェープジェルバー(ソープ)が付いた3枚刃タイプ(パープルのハンドルカラー)。2012年4月に替刃を1個(ホルダーに装着済)に減らした新仕様にリニューアルし、2015年2月にパッケージリニューアルした。
    • ディパイン - 2004年3月発売。モイスチャースムーサー付3枚刃タイプ。ホルダーは発売当初ディープブルーだったが、2005年3月にコーラルピンクのホルダーを採用した「ディパイン パラダイス」を追加発売。現在、本体はこの「ディパイン パラダイス」のみである。また、替刃は2015年2月に植物性オイルを配合した「ディバイン センシティブ」としてリニューアルしている。
    • ヴィーナス - 2001年発売。安全設計のソフトクッションを搭載したエントリー3枚刃。ホルダー付製品は2011年2月に替刃をホルダー装着済みの1個に減らした「ファーストヴィーナス」としてリニューアルされている。

使い捨てカミソリ[編集]

  • カスタムプラスシリーズ - 男性用
    • 3 - 刃に個別のスプリングを内蔵し、首振りヘッドとゴム製ハンドルを採用した3枚刃。
    • 3 センシティブ - 2014年10月発売。「カスタムプラス3」にスムーサーを搭載した3枚刃。
    • EX - アロエとビタミンEを配合したスムーサーを搭載した2枚刃。青のパッケージの固定式と「スライド式首振りヘッド」を採用した青緑のパッケージの首振式の2タイプがある。
  • ヴィーナスシリーズ - 女性用
    • センシティブディスポ - 2012年2月発売。なめらか成分配合のモイスチャーリッチスムーサーを搭載したソフトクッション付3枚刃。
    • シンプリーヴィーナス2 - 2012年2月発売。モイスチャーリムーバー付2枚刃。
    • シンプリーヴィーナス3 - 2012年2月発売。モイスチャーリムーバー付3枚刃。

シェービング剤[編集]

  • フュージョンシリーズ
    • プログライド センシティブ シェービングジェル リフレッシュクリーン - 2015年10月発売。3種の潤滑成分とスキンケア成分を配合した男性用ジェルフォームタイプ。使用後にキャップ部分を回してロックする「液漏れ防止ノズル」を搭載し、残量確認ゲージを備えたプラスチック製ボトルを採用。ECサイト限定販売。
    • プログライド センシティブ シェービングフォーム ピュアスポーツ - スキンケア成分を配合した男性用フォームタイプ。
    • プログライド シェービングジェル モイスチャライジング - 男性用ジェルフォームタイプ。従来発売されていた「プログライドジェル(2011年8月発売)」の製品名とパッケージを変更。
    • プログライド クリアシェービングジェル - 2012年9月発売。潤滑油を配合したチューブ入りの泡立たない男性用透明ジェルタイプ。
    • シェービングジェル ピュア&センシティブ - アロエ成分を配合した男性用ジェルフォームタイプ。従来発売されていた「シェービングジェル ピュア&センシティブ(2010年8月発売)」の製品名とパッケージを変更。
  • シェービングフォーム ピュア&センシティブ - 2006年2月発売。ビタミンE・アロエ・アラントインを配合した男性用フォームタイプ。2010年8月にリニューアルし、「ピュア&センシティブ シェービングフォーム」から商品名を変更。
  • サテンケア シェーブジェル センシティブスキン - 2012年4月発売。アロエ成分(アロエベラ液汁末)を配合した女性用ジェルタイプ。

スポンサー活動[編集]

サッカー[編集]

長年FIFAワールドカップのスポンサーであったが、2005年のP&Gとの合併により、翌2006年のドイツ大会を最後に撤退した。

ゴルフ[編集]

ジレットの呪い[編集]

イギリスの経済新聞『エコノミスト』に、「ジレットの呪い」という記事が掲載された。同社のCMに起用された一流アスリートが災難に遭うという。タイガー・ウッズは不倫スキャンダルがプレーにも悪影響を及ぼした。テニスロジャー・フェデラーは2011年にグランドスラム優勝から遠ざかった。サッカーティエリ・アンリ2010年南アフリカW杯欧州予選プレーオフで故意にハンドを冒した決勝点のアシストを非難され、善人のイメージが崩れた。『サッカーマガジン』は、この3人に加え松坂大輔(現:ソフトバンク)も一例にあげた[2]

同紙には掲載されていないが、レーシングドライバーの佐藤琢磨も、起用決定後に所属していたスーパーアグリが撤退、2009年のF1ドライバーシート獲得のためにスクーデリア・トロ・ロッソでのテストを受けたが獲得できず、1年間の浪人生活を送らざるを得なかった。その後2010年からインディカーに転向するが、その前にジレットとのスポンサー契約は切れた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h History of The Gillette Company – FundingUniverse
  2. ^ トリビューンの片隅で 連載76 ある呪い『サッカーマガジン』2012年1月24日号、ベースボール・マガジン社、2012年、雑誌23884-1/24, 033頁。

外部リンク[編集]