ノエビアホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ノエビアホールディングス
Noevir Holdings Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 4928
2011年3月22日上場
略称 ノエビアHD
本社所在地 日本の旗 日本
650-8521
兵庫県神戸市中央区港島中町6-13-1
設立 2011年3月22日
業種 化学
法人番号 3140001034179
事業内容 グループ各社の経営管理及びそれに附帯する業務
代表者 大倉昊(代表取締役会長
大倉俊(代表取締役社長
資本金 73億1,900万円
売上高 連結:465億16百万円(2013年9月期)
純資産 連結:532億78百万円(2013年9月)
総資産 連結:868億71百万円(2013年9月)
従業員数 連結:1,670名(2013年9月)
決算期 9月30日
主要株主 大倉昊 22.53%
(株)エヌ・アイ・アイ 13.27%
大倉俊 9.87%
(2013年9月)
主要子会社 株式会社ノエビア:100%
常盤薬品工業株式会社:100%
株式会社ボナンザ:100%
外部リンク 株式会社ノエビアホールディングス
テンプレートを表示

株式会社ノエビアホールディングス英語Noevir Holdings Co., Ltd.)は、化粧品メーカーの株式会社ノエビアや医薬品・健康食品メーカーの常盤薬品工業株式会社等を傘下に収める持株会社である。

概要[編集]

訪問販売での化粧品に強みを持つ株式会社ノエビアを中心とした「ノエビアグループ」は化粧品・医薬品・食品を事業展開しているが、市場の変化や取り巻く環境の変化が急速に進んでおり、消費者ニーズにとらえた商品開発やマーケティングを強化することが重要な課題であった。

そこで、ノエビアグループの持つ経営資源を最大限に活用できるようにこれまでノエビアで行っていたグループ経営の機能と事業推進の機能を明確に分離することで企業価値を最大限に発揮し、コーポレート・ガバナンスやグループ戦略機能の強化を目的にノエビアからの単独株式移転により持株会社である当社を設立することとなった。

当初は当社設立前の組織をそのまま継続していたため、ノエビアが当社の子会社、ノエビアの子会社が当社の孫会社という関係であったが、設立から3ヶ月が経過した2011年6月に組織再編を実施し、これまでノエビアの子会社(当社の孫会社)だった常盤薬品工業株式会社、株式会社ボナンザ、株式会社ノエビア アビエーションの3社を現物配当により子会社化した。

なお、当社は兵庫県のほかに東京都中央区にも本社(東京本社)を構えている。

沿革[編集]

  • 2011年
    • 3月22日 - 株式会社ノエビアの株式移転により株式会社ノエビアホールディングスを設立。すでに上場を廃止していた株式会社ノエビアに替わり、当社が東京証券取引所市場第二部に上場[1]
    • 3月23日 - "N"をモチーフにした「ノエビアグループ」のコーポレートロゴを導入[2]
    • 6月23日 - 子会社のノエビアからノエビアの子会社3社(常盤薬品工業株式会社・株式会社ボナンザ・株式会社ノエビアアビエーション)を現物配当により株式を取得し子会社化[3]
  • 2012年8月31日 - 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定される[4]
  • 2014年7月1日 - 日本国内における格安航空会社(LCC)の一つであるエアアジア・ジャパン株式会社に出資したことを発表。当社からの出資比率は9%で、非持分法適用会社となる[5]

国内グループ会社[編集]

出典[編集]

  1. ^ 株式会社ノエビアホールディングスの設立に関するお知らせ (PDF) - 株式会社ノエビアホールディングス ニュースリリース 2011年3月22日(2011年7月23日閲覧)
  2. ^ ノエビアグループのコーポレートロゴ及びノエビアのブランドロゴのお知らせ (PDF) - 株式会社ノエビアホールディングス ニュースリリース 2011年3月23日(2011年7月23日閲覧)
  3. ^ 孫会社の異動(組織再編)に関するお知らせ (PDF) - 株式会社ノエビアホールディングス ニュースリリース 2011年3月23日(2011年7月23日閲覧)
  4. ^ 東京証券取引所市場第一部指定に関するお知らせ (PDF) - 株式会社ノエビアホールディングス ニュースリリース 2012年8月31日
  5. ^ エアアジア・ジャパン株式会社に対する出資のお知らせ (PDF) - 株式会社ノエビアホールディングス ニュースリリース 2014年7月1日(2014年7月2日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]