飯豊まりえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いいとよ まりえ
飯豊 まりえ
プロフィール
別名義 飯豊 万理江(本名、旧芸名)
愛称 マリエ©
まりえってぃー
生年月日 1998年1月5日
現年齢 18歳
出身地 日本の旗 日本千葉県
血液型 B型
公称サイズ([1]時点)
身長 / 体重 167 cm / kg
スリーサイズ 75 - 56 - 88 cm
靴のサイズ 24.5 cm
活動
デビュー 2008年
ジャンル ファッション女優
モデル内容 一般
事務所 エイベックス・マネジメント
その他の記録
『avex kids x ニコ☆プチ公開モデルオーディション』グランプリ受賞
モデル: テンプレート - カテゴリ

飯豊 まりえ(いいとよ まりえ、1998年1月5日 - )は、日本女性ファッションモデル女優。旧芸名および本名は飯豊 万理江(読み同じ)[2]

千葉県出身[1]エイベックス・マネジメント所属。

略歴[編集]

エイベックス・マネジメント所属。2008年7月、alanの「懐かしい未来〜longing future〜」のバック・コーラス、及びPV出演し、デビュー。同年10月12日、「avex kids×ニコ☆プチ公開モデルオーディション」にて応募総数約800人の中からグランプリを受賞[3]。翌年4月号の『ニコ☆プチ』で誌面に初登場。

2009年6月(8月号)、『ニコ☆プチ』にて初めて表紙を飾る[注 1]

2011年2月、芸名を飯豊まりえに改名。同年6月号の『ニコ☆プチ』にて専属モデルを卒業、『ニコ☆プチ』での表紙回数は当時最多および歴代3位の6回であった[要出典]。また、『ニコ☆プチ』の姉妹雑誌にあたる『nicola』に6月号から移籍し、専属モデルを勤める。『nicola』7月号で初の海外ロケ参加[注 2]。同年9月、ベストジーニスト2012一般新人部門の第1回予選に参加。一般投票にて第1位を獲得し、2012年実施予定の決勝戦への切符を掴む[4]

2012年6月(7月号)、『nicola』にて初めて表紙を飾る[注 3]。2012年9月号にて藤麻理亜、田中若葉、中川可菜と新ユニット「ニコラ盛り上げ隊[注 4]」を結成し、「NEXTニコモユニット総選挙!」にエントリー。11月号にて同企画の人気発表にて1位に選ばれたことを発表し、読者からユニット名を募集し、12月号にてユニット名が「TiFN★」に決定した。

2013年、『nicola』7月号で2度目の海外ロケ参加[注 5]。同年は最多9回の表紙を飾り、2014年1月号では珍しい単独での表紙となった[3]。また、特撮番組『獣電戦隊キョウリュウジャー』に2代目キョウリュウバイオレットとして出演。

2014年5月号を以って『nicola』を卒業。表紙掲載回数は12回(内単独回数1回)[5]であった。

2014年7月1日、『Seventeen』8月1日発売の9月号からSeventeenの専属モデルとなると本人公式ブログで発表した[6]

2016年7月、フジテレビ系ドラマ『好きな人がいること』で「月9」枠初出演。

人物[編集]

作品[編集]

シングル[編集]

  • 懐かしい未来〜longing future〜(2008年7月2日、avex trax) - バックコーラス

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

短編映画[編集]

  • ジュリエット×2〜恋音ミュージカル〜(2014年) - 主演・樹里 役[注 6][15]

情報番組[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 岩井俊二のMOVIEラボ シーズン2(2016年2月4日 -、NHK Eテレ) - アシスタント[16]
  • あなたは今幸せですか?(2016年4月 - 、テレビ朝日) - ナレーション

バラエティ番組[編集]

CM[編集]

ネット配信[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

舞台[編集]

  • 東京俳優市場 2010春 第2話『ヒトカケラ』(2010年4月30日 - 5月5日) - 岸田美月 役
  • 東京俳優市場 2011冬 第3話『蕨(わらび)』(2011年12月7日 - 11日) - 桃 役

カタログ・リーフレット[編集]

スチール・広告[編集]

ランウェイ[編集]

  • ニコ☆プチ×赤坂サカス T-LOVE COLLECTION(2009年)
  • 福岡コレクション2010 『DoFamily』
  • めちゃモテ×ニコ☆プチ ガールズコレクション2010秋
  • ニコ☆プチJSガールズコレクション(2011・2012)
  • point spring collection
    • point spring collection 2012(2012年2月21日)
    • point spring collection 2013(2013年2月20日)
  • Girls Award
  • 東京ガールズコレクション
    • TOKYO GIRLS COLLECTION by girlswalker.com '13 S/S(2013年3月2日、代々木第一体育館)
    • TOKYO GIRLS COLLECTION by girlswalker.com '13 A/W(2013年8月31日、さいたまスーパーアリーナ
  • a-nation x Girls Award island collection(2013年8月9日、代々木第一体育館前)
  • シンデレラフェスVol.2(2015年4月2日、国立代々木競技場第一体育館)[19]
  • 第9回関西コレクション2015 SPRING&SUMMER(2015年4月12日、京セラドーム大阪)[20]

イベント[編集]

  • alan 3rd Single「懐かしい未来〜longing future〜」フリーイベントバックコーラス(2008年)
  • 阪急ガールズブログ 『シュガープリンセスルーム』 モデルオーディション審査員
  • キラット☆エンタメチャレンジ・コンテスト
  • ニコラ読者開放日(2011年 - )
  • PINK‐latte×飯豊まりえスペシャルイベント(2013年8月9日・ららぽーと横浜店、8月11日・イオンモールむさし村山店、8月16日・ららぽーと豊洲店)

オリジナルビデオ[編集]

書籍[編集]

雑誌連載[編集]

ムック[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この号の表紙は西野実見関紫優、飯豊の3名。
  2. ^ この年は、古畑星夏田中若葉藤麻理亜、飯豊の4名。
  3. ^ この号の表紙は、古畑星夏、松井愛莉、藤麻理亜、高嶋芙佳、飯豊の5名。
  4. ^ 仮名。
  5. ^ この年は、藤麻理亜、飯豊、小山内花凜、大谷凜香の4名。
  6. ^ SSFF&ASIA2014×UULAショートフィルム特別製作プロジェクト作品。

出典[編集]

  1. ^ a b 公式プロフィール”. エイベックス・マネジメント. 2016年4月20日閲覧。
  2. ^ 飯豊 万理江”. ニコ☆プチネット. 新潮社. 2011年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月31日閲覧。
  3. ^ a b c “新垣結衣似”の美少女に熱視線 能年玲奈との共演で話題沸騰”. モデルプレス (2014年4月7日). 2014年6月16日閲覧。
  4. ^ 過去の最終結果”. ベストジーニスト一般新人部門. 日本ジーンズ協議会 (2011年). 2012年5月29日閲覧。
  5. ^ ニコラ表紙ギャラリー” (2014年). 2014年4月1日閲覧。
  6. ^ ご報告ですSeventeenに! - 2014年7月1日飯豊まりえオフィシャルブログ
  7. ^ ドワンゴジェイピーnews (2014年6月15日). “「ガッキーに似た美少女」話題の飯豊まりえ”. 2014年6月16日閲覧。
  8. ^ モデルプレス (2014年10月12日). “「Seventeen」飯豊まりえ、月9デビュー 主演・小栗旬と同級生に”. 2014年10月14日閲覧。
  9. ^ 飯豊まりえ:山P妹役でドラマ出演 「難しい役柄」”. まんたんウェブ (2015年5月8日). 2015年5月10日閲覧。
  10. ^ ティーンのカリスマモデル・飯豊まりえ、『まれ』最後のレギュラー出演者”. ORICON (2015年8月26日). 2015年8月26日閲覧。
  11. ^ “飯豊まりえ、『無痛』第4話にゲスト出演”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年10月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2061348/full/ 2015年10月27日閲覧。 
  12. ^ “飯豊まりえ“セクハラ騒動”で福士蒼汰ら振り回す 『お迎えデス。』第5話予告公開”. ORICON. (2016年5月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2071575/full/ 2016年5月16日閲覧。 
  13. ^ 公式サイト”. 烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE. 東映. 2014年12月6日閲覧。
  14. ^ 映画.com (2016年2月14日). “藤ヶ谷太輔×窪田正孝主演ドラマ「MARS」映画化決定!”. 2016年2月14日閲覧。
  15. ^ CDJournal (2014年5月12日). “浜崎あゆみ、絢香らの曲を題材にSSFF & ASIAとUULAがショートフィルムを製作”. 2014年6月5日閲覧。
  16. ^ 千原ジュニアが進行「岩井俊二のMOVIEラボ」ゲストに堤幸彦、長澤まさみら”. お笑いナタリー (2016年1月24日). 2016年2月2日閲覧。
  17. ^ “飯豊まりえ出演『AbemaTV』テレビCMオンエア開始”. BARKS. (2016年5月1日). http://www.barks.jp/news/?id=1000126716 2016年5月2日閲覧。 
  18. ^ 【動画インタビュー】飯豊まりえに舞台裏でインタビュー!「応援合戦が凄く楽しかったです!」GirlsAward2015 S/S”. WWSチャンネル. 2015年5月8日閲覧。
  19. ^ 【写真レポート】江野沢愛美と飯豊まりえのセブンティーン仲良しモデルコンビがシンデレラフェスVol.2ステージに登場!”. WWSチャンネル. 2015年4月10日閲覧。
  20. ^ 【写真レポート】X JAPANのToshlが関西コレクション2015 S/Sに出演!舞台裏で大原櫻子らと2ショット撮影!”. WWSチャンネル. 2015年4月16日閲覧。

外部リンク[編集]