山本舞香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やまもと まいか
山本舞香
山本舞香
第31回東京国際映画祭にて(2018年10月)
生年月日 (1997-10-13) 1997年10月13日(21歳)
出身地 日本の旗 日本鳥取県米子市
身長 155 cm
血液型 B型
ジャンル 女優ファッションモデルタレント
事務所 インセント
主な作品
テレビドラマ
幽かな彼女
南くんの恋人〜my little lover
チア☆ダン
映画
桜ノ雨
暗殺教室』シリーズ
ひるなかの流星
恋は雨上がりのように

山本 舞香(やまもと まいか、1997年10月13日 - )は、日本女優ファッションモデルタレント

鳥取県米子市出身。インセント所属。東京都在住。

略歴[編集]

人物[編集]

  • 小学校1年生の時から空手を習っており、小学校6年生の時に県大会で優勝した[6]。2012年2月時点で、帯は黒帯である。
  • 座右の銘は「己を信じよ」である[7]
  • 好きな食べ物は、モモ、イチジク、ウニ、寿司、バナナである[7]
  • 目標とする女優は、宮沢りえである[8]
  • 元々モデル志望で、演技の仕事に苦手意識を抱いていたが、ドラマなどに出演し、演技の魅力に引き込まれていった[7]
  • 前田敦子広瀬すずなどと仲が良い。
  • 兄と弟が1人ずついる。自身のことをブラザーコンプレックス(特に兄に対して)だと語っており、2018年の8月23日の「アウト×デラックス」出演の際には、2人の交際相手を山本が選別していたことが明かされた[9][10]
  • マツコ・デラックスは山本について、「(容貌は美少女であるのに対し)その辺を歩いてるヤンキーと構造は変わらない」としつつも絶対に自分を作らないことから、おすすめの若手女優だと高く評価している[11]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ネット配信[編集]

テレビ番組[編集]

CM[編集]

スチール・広告[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

カレンダー[編集]

  • 山本舞香 2015カレンダー(2014年10月22日、トライエックス)
  • 山本舞香 2016年カレンダー(2015年10月24日、トライエックス)[43][44]

雑誌[編集]

フリーペーパー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 番組内の間ストーリーに出演。
  2. ^ 2017年10月からHuluで配信。
  3. ^ 2018年1月から日本テレビで放送。

出典[編集]

  1. ^ a b “「三井のリハウス」新作TVCF発表” (プレスリリース), 三井不動産リアルティ, (2011年5月19日), http://corp.mf-realty.jp/news/2011/20110519_01.html 2015年11月26日閲覧。 
  2. ^ ニコラ表紙ギャラリー” (2014年). 2014年4月1日閲覧。
  3. ^ a b オリコン (2015年9月11日). “実写『桜ノ雨』主演に山本舞香 人気ボカロ曲を映画化”. 2015年9月11日閲覧。
  4. ^ 山本舞香、ボカロ楽曲の映画化「桜ノ雨」で初主演!浅香航大らが共演”. 映画.com (2015年9月11日). 2015年9月11日閲覧。
  5. ^ a b “王様のブランチ、4月からの新レギュラーにオリラジ・藤森慎吾ら”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年3月23日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170323/geo17032316110026-n1.html 2017年9月11日閲覧。 
  6. ^ “目指せ宮沢りえ?山本舞香「夢はハリウッドデビュー」”. zakzak. (2011年5月20日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20110520/enn1105201229010-n1.htm 2016年12月19日閲覧。 
  7. ^ a b c “鳥取から東京に1人で通う14歳美少女中学生の眼差しの強さ”. NEWSポストセブン. (2012年6月21日). http://www.news-postseven.com/archives/20120621_121532.html 2012年7月14日閲覧。 
  8. ^ “山本舞香、目標は栗山千明「生涯女優を」”. サンケイスポーツ. (2012年2月11日). http://www.sanspo.com/geino/news/120211/gnj1202110502004-n1.htm 2016年12月19日閲覧。 
  9. ^ 山本舞香、兄弟2人の彼女を選ぶ「ちゃんと管理しないと」
  10. ^ 新成人の山本舞香“色気”「勉強したい」イケメン兄とのエピソードもモデルプレス 2018年1月7日
  11. ^ マツコが若手女優・山本舞香をかわいがるワケザテレビジョン 2018年8月24日
  12. ^ テレビドガッチ (2013年9月2日). “Sexy Zone・佐藤勝利、野島伸司作品『49』でドラマ初主演!10月5日スタート、父親の魂が身体に入った高校生役”. 2013年9月5日閲覧。
  13. ^ “「南くんの恋人」11年ぶりドラマ化!南くんは超イケメンキャラに変身”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2015年5月27日). http://www.cinematoday.jp/page/N0073537 2017年3月19日閲覧。 
  14. ^ エキサイトニュース (2016年3月8日). “Hey! Say! JUMP高木雄也、滝沢秀明主演ドラマにゲスト出演”. 2016年4月15日閲覧。
  15. ^ “柄本佑、人生初ジム通いで“宿ナシ無一文”の役づくり”. ORICON STYLE. (2016年6月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2073528/full/ 2016年6月17日閲覧。 
  16. ^ “安田顕&山本舞香&田中圭で3夜連続“変愛ドラマ”を放送”. Smartザテレビジョン. (2016年12月10日). https://thetv.jp/news/detail/95062/ 2016年12月12日閲覧。 
  17. ^ “シルバー帯ドラマ『やすらぎの郷』近藤正臣、小松政夫がゲスト出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年3月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2087757/full/ 2017年3月19日閲覧。 
  18. ^ “ドラマ『SRサイタマノラッパー』追加キャスト&楽曲タイアップ発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年2月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2086593/full/ 2017年2月27日閲覧。 
  19. ^ dTVフジテレビオンデマンドで先行配信した番組。
  20. ^ a b “東京03出演ドラマ「漫画みたいにいかない。」地上波でも放送決定”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2017年12月9日). https://natalie.mu/owarai/news/260224 2018年2月5日閲覧。 
  21. ^ “ドラマ「やれたかも委員会」に間宮祥太朗、森川葵、杉野遥亮、小関裕太ら出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年4月12日). https://natalie.mu/eiga/news/277622 2018年4月12日閲覧。 
  22. ^ “土屋太鳳主演「チア☆ダン」に石井杏奈、山本舞香ら出演、制服ビジュアル解禁”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年4月4日). https://natalie.mu/eiga/news/276448 2018年4月4日閲覧。 
  23. ^ 倉吉市観光PRショートムービー「ホウキノクニカラ」を制作しました”. 倉吉市. 2015年9月11日閲覧。
  24. ^ 映画.com (2014年8月27日). “Hey! Say! JUMP山田涼介、実写版「暗殺教室」で映画初主演!”. 2014年8月28日閲覧。
  25. ^ “山本舞香、茅野カエデは「大きな意味を持つ役」映画『暗殺教室~卒業編~』で得た好奇心”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2016年3月21日). http://dogatch.jp/news/cx/38308 2017年9月11日閲覧。 
  26. ^ 【インタビュー】山本舞香 映画『Zアイランド』で見せた アクション女優への覚醒の瞬間”. ランキングBOX (2015年5月14日). 2017年9月11日閲覧。
  27. ^ “山本舞香の初主演作「桜ノ雨」、合唱部がボーカロイド楽曲を歌う特報解禁”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年12月29日). http://natalie.mu/eiga/news/170647 2015年12月29日閲覧。 
  28. ^ “山本舞香、『殿、利息でござる!』で瑛太の新妻役に 「仲がよい夫婦と伝わるように心がけた」”. リアルサウンド (株式会社blueprint). (2016年1月7日). http://realsound.jp/movie/2016/01/post-734.html 2017年9月11日閲覧。 
  29. ^ 山本舞香が永野芽郁×三浦翔平×白濱亜嵐「ひるなかの流星」に出演”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年11月5日). 2016年11月5日閲覧。
  30. ^ “THE BLUE HEARTSの名曲を映画化「ブルーハーツが聴こえる」4・8公開決定!クラウドファンディングで公開資金を調達”. TVLIFE web (学研プラス). (2017年1月13日). http://www.tvlife.jp/entame/96683 2017年9月11日閲覧。 
  31. ^ 映画「みせコド」山本舞香、平祐奈の恋のライバルに!中島健人の元カノ役で出演”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年9月11日). 2017年9月11日閲覧。
  32. ^ “実写『恋は雨上がりのように』清野菜名、磯村勇斗、戸次重幸ら出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年1月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2104556/full/ 2018年1月24日閲覧。 
  33. ^ “広瀬すず「SUNNY」に池田エライザや山本舞香ら出演、コギャル姿披露”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年1月31日). https://natalie.mu/eiga/news/267415 2018年1月31日閲覧。 
  34. ^ サンスポ (2013年12月14日). “「ネスレシアター」200万回突破!本広監督新作など5作品公開”. 2013年12月16日閲覧。
  35. ^ “<「Horizon Zero Dawn」発売記念!特別映像公開のお知らせ> ゲームの世界をリアルに再現! 東京とは思えない神秘的な世界で女ハンター・山本舞香が森の中を駆け抜ける” (プレスリリース), 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント, (2017年3月2日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000024453.html 2018年2月5日閲覧。 
  36. ^ “東京03、盟友・オークラとタッグでコメディードラマ 来春には舞台化も決定”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年9月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2097276/full/ 2017年9月15日閲覧。 
  37. ^ “美食×学園×極道の漫画『紺田照の合法レシピ』実写ドラマ化、主演は竜星涼”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2018年1月5日). https://www.cinra.net/news/20180105-kondateru 2018年2月5日閲覧。 
  38. ^ 「王様のブランチ」明日からリニューアルです。”. 山本舞香 公式ブログ. LINE (2017年3月31日). 2017年9月11日閲覧。
  39. ^ “2015-2016「JR SKISKI」キャンペーンスタート!日帰りスキー旅行商品は便利なオンラインで!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道株式会社, (2015年11月26日), http://www.jreast.co.jp/press/2015/20151118.pdf 2015年11月26日閲覧。 
  40. ^ JR SKISKI今年は山本舞香&平祐奈のダブルヒロイン!「そこに雪はあるか。」”. シネマトゥデイ (2015年11月26日). 2015年11月26日閲覧。
  41. ^ “ヒロインメイクのニューヒロインに山本舞香さんを起用! 山本舞香さん主演のWEB CMが2月1日より順次公開 第一弾は新商品「ボリュームコントロールマスカラ」(2月8日発売)のWEB CM” (プレスリリース), 株式会社伊勢半, (2018年2月1日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000471.000002194.html 2018年2月5日閲覧。 
  42. ^ “山本舞香、少女から大人へ 初写真集で水着ショット挑戦”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年2月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/05/kiji/20180204s00041000433000c.html 2018年2月5日閲覧。 
  43. ^ “CMで話題の美少女 山本舞香 自身のポスターは「素通りします」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年12月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/05/kiji/K20151205011630520.html 2015年12月5日閲覧。 
  44. ^ 山本舞香”. 株式会社トライエックス. 2015年12月5日閲覧。
  45. ^ “「LARME」が5周年 山本舞香新連載&「あさひなぐ」とのコラボ企画も”. TOKYO POP LINE (株式会社添野企画). (2017年9月26日). https://tokyopopline.com/archives/90362 2018年2月5日閲覧。 

外部リンク[編集]