アーバンドック ららぽーと豊洲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ららぽーと > アーバンドック ららぽーと豊洲
アーバンドック ららぽーと豊洲
URBAN DOCK LaLaport TOYOSU
LaLaport Toyosu Annex.jpg
アーバンドック ららぽーと豊洲 アネックス館
地図
店舗概要
所在地 135-8614
東京都江東区豊洲2-4-9
座標 北緯35度39分21秒 東経138度47分31秒 / 北緯35.65583度 東経138.79194度 / 35.65583; 138.79194座標: 北緯35度39分21秒 東経138度47分31秒 / 北緯35.65583度 東経138.79194度 / 35.65583; 138.79194
開業日 2006年10月5日
施設所有者 三井不動産株式会社
株式会社IHI
施設管理者 三井不動産商業マネジメント株式会社
設計者 基本設計 日本設計
建物デザイン ラグアルダ・ロウ・棚町アーキテクツ
ランドスケープデザイン アースケイプ
実施設計・監理 大成建設[1]
施工者 大成建設[1]
敷地面積 67,499m²
延床面積 165,037m² 
商業施設面積 62,000m²
店舗数 183店
駐車台数 2,200台
前身 旧石川島播磨重工業(現・IHI)東京第一工場
最寄駅 豊洲
最寄IC 枝川塩浜木場豊洲
外部リンク アーバンドック ららぽーと豊洲ホームページ
LaLaport
テンプレートを表示

アーバンドック ららぽーと豊洲(アーバンドック ららぽーととよす)は、東京都江東区豊洲二丁目に立地する三井不動産商業マネジメント運営のショッピングセンター2006年10月5日に開業した。

概要[編集]

東京都江東区豊洲2丁目区画整理事業の一環として、2003年3月に閉鎖となった旧石川島播磨重工業(現・IHI)東京第一工場跡地であるアーバンドック内に建設された。超高層マンションパークシティ豊洲とは地下連絡通路で繋がっている[2]

本施設は造船ドック跡地を取り囲むように配された「4艘の船」をモチーフに、海辺のリゾート的な非日常感を味わえるよう構想された。施設内部の店舗をつなぐメインモールは3層吹き抜けとトップライトによって、来訪者は館内に居ながら、明るく開放的な印象を持つよう設計されている[3]

テナントは、本施設周辺に多数建設されたマンションに居住するファミリー層の来訪意欲を刺激するような構成とし、体験型施設のキッザニア東京ILIOによる都内最大規模のドッグラン&ペットカフェのほか、シネコンなどが入った[3][4]。また、ANNEX棟の1階には伊豆半島を地盤とするスーパーであるフードストアあおきが出店している。

19世紀イギリスで製作された「ビショップアンドサン」社のパイプオルガンアトリウムに設置され、連日オルガン奏者による演奏が行われていたが、2011年4月をもって撤去された。

2012年10月から翌年3月にかけて、東京湾岸部で大規模商業施設の開業が相次ぎ、競争が激化していることを踏まえ、新規出店が全体の約1/4を占める大規模リニューアルを三井不動産が実施している[5][6]

本施設の大部分の土地(約5万7000平方メートル)は、2016年3月末、IHIの最終損益が7年ぶりの赤字となることを受け、同社から三井不動産に約200億円で売却されている[7][8]

2020年には隣接する再開発エリア「豊洲ベイサイドクロス」が開業するのにあわせ、同エリアの中核となる「豊洲ベイサイドクロスタワー」の地下1階から地上4階までのフロアを「ららぽーと豊洲3」として開業、36店舗が新規出店する。同時に既存の本館を「ららぽーと豊洲1」、ANNEX館と「ららぽーと豊洲2」に名称変更するとともに開業以来最大規模となる70店舗のリニューアルも実施する。これにより総店舗数は214店舗となるほか、ららぽーと豊洲1と豊洲3は連絡デッキで接続、豊洲駅とは東京メトロ有楽町線からはベイサイドクロスと地下で直結、ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線からは連絡デッキで豊洲シビックセンターを経由してベイサイドクロスと直結することになる[9][10]。当初はリニューアル部分を3月18日より順次開業し、4月24日にベイサイドクロス開業と同時に全面オープンする予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大とそれに伴う緊急事態宣言の発令、東京都からの営業自粛要請を受け、4月8日よりスーパー・医療施設・薬局等一部のみ営業し、それ以外については休館・開業延期となった[11][12]。後に緊急事態宣言の解除や自粛要請の緩和措置を受けて、5月29日にららぽーと豊洲1・2の営業再開・リニューアルオープンを行い、6月1日よりららぽーと豊洲3を開業する[13]

主要テナント[編集]

閉店店舗[編集]

ギャラリー[編集]

交通[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “都心近接、江東区豊洲の大規模商業施設「アーバンドック ららぽーと豊洲」全190店舗決定 10月5日(木) グランドオープン” (プレスリリース), 三井不動産株式会社, (2006年8月24日), http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2006/0824/ 2017年10月19日閲覧。 
  2. ^ 『近代建築』2008年6月号 p.53
  3. ^ a b 『近代建築』 2007年1月号
  4. ^ “日本の歩き方 子ども急増 豊洲「キャナリーゼ」、ご存じですか? 首都圏イーストサイド繁盛記”. NIKKEI STYLE. 日本経済新聞. (2014年6月9日). https://style.nikkei.com/article/DGXNASFB31007_U4A600C1000000?channel=DF130120166109&style=1 2017年10月19日閲覧。 
  5. ^ “都心近接の大規模商業施設「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」大規模リニューアル 日本初出店など50店舗が新規出店 10/19(金)より順次オープン” (プレスリリース), 三井不動産株式会社, (2012年8月24日), http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2012/0824_02/ 2017年10月19日閲覧。 
  6. ^ “ららぽーと豊洲改装 三井不、数十店入れ替え”. 日本経済新聞. (2012年6月14日). https://www.nikkei.com/article/DGXNZO42603560U2A610C1L83000/ 2017年10月19日閲覧。 
  7. ^ “IHIの16年3月期、特別益284億円 保有不動産売却で”. 日本経済新聞. (2016年3月28日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO98976060Y6A320C1DTA000/ 2017年10月19日閲覧。 
  8. ^ “2015年度(平成28年3月期)決算説明資料” (プレスリリース), 株式会社IHI, (2016年5月10日), https://www.ihi.co.jp/var/ezwebin_site/storage/original/application/a02e1f5f5ff1733eb7f49f1d05d34059.pdf 2017年10月19日閲覧。 
  9. ^ |「豊洲ベイサイドクロス」グランドオープン決定(2020年4月24日),三井不動産,2019年11月29日
  10. ^ 「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」大規模リニューアオープン(2020年3月18日),三井不動産,2020年1月21日
  11. ^ 臨時休館のお知らせ | アーバンドック ららぽーと豊洲
  12. ^ 『アーバンドック ららぽーと豊洲3(豊洲ベイサイドクロスタワー)』開業延期のお知らせ | アーバンドック ららぽーと豊洲
  13. ^ ららぽーと豊洲3、横浜ベイサイドなど/緊急事態宣言の解除受け開業,流通ニュース,2020年5月27日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]