ららぽーと名古屋みなとアクルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ららぽーと > ららぽーと名古屋みなとアクルス
ららぽーと名古屋みなとアクルス
LaLaport NAGOYA minato AQULS
ららぽーと名古屋みなとアクルス入口
ららぽーと名古屋みなとアクルス入口
地図
店舗概要
所在地 455-8501
愛知県名古屋市港区港明二丁目3番2号
座標 北緯35度6分32秒 東経136度52分59.5秒 / 北緯35.10889度 東経136.883194度 / 35.10889; 136.883194座標: 北緯35度6分32秒 東経136度52分59.5秒 / 北緯35.10889度 東経136.883194度 / 35.10889; 136.883194
開業日 2018年平成30年)9月28日[新聞 1]
正式名称 三井ショッピングパーク・ららぽーと名古屋みなとアクルス
施設管理者 三井不動産
設計者 竹中工務店[WEB 2]
施工者 竹中工務店[WEB 2]
敷地面積 83,200 m²[WEB 2]
延床面積 124,700 m²[WEB 2] (容積率150%)
商業施設面積 59,500 m²[WEB 2]
店舗数 217[新聞 1]
駐車台数 3,000台[新聞 2]
前身 東邦ガス港明工場[WEB 1]
最寄駅 港区役所駅[WEB 3]
最寄IC 港明出入口[WEB 4]
外部リンク 公式ウェブサイト
LaLaport

ららぽーと名古屋みなとアクルス(ららぽーとなごやみなとアクルス)は、愛知県名古屋市港区港明二丁目3番2号にあるショッピングセンターである。

概要[編集]

屋外イベントスペース デカゴン(2019年5月3日)
屋外バーベキュースペース BBQPIT(2019年5月3日)

愛知県名古屋市港区にあるみなとアクルスのエンジョイゾーンに位置する。港北公園北側に位置し港北運河の東側に位置する。港区役所及び防災センターの西側に位置する。

建物は店舗棟2棟と立体駐車場棟2棟の計4棟から構成される[新聞 2]。店舗棟は延床面積12万4700平方メートルの4階建ての本館及び2階建ての別館、立体駐車場棟は6階建てとなっている[新聞 2]。立体駐車場棟については津波避難ビルに認定される予定がある[WEB 2]。駐車場は立体駐車場2棟に加えて、店舗棟にも用意され合計で約3000台分を確保している[新聞 2]

また、屋外広場として約8000平方メートルが整備され、屋根を備えるイベントスペース「デカゴン」・バーベキュースペース「BBQPIT」[WEB 5]ビオトープを併設する[新聞 2]

沿革[編集]

テナント[編集]

本館は3フロア構成、別館は蔦屋書店を核店舗とした2フロア構成で、本館2階と別館2階は連絡通路(ペデストリアンデッキ)で接続されている。

催事・イベントなど[編集]

1階には高知県沖縄県・岐阜県飛騨地方のアンテナショップが集まる「しなまつり」が出店する[新聞 6]。アンテナショップのほか、カフェや催事スペースが併設され、定期的に地域のPRイベントを展開する予定をしているという[新聞 6]。飛騨地方のアンテナショップは「ごちそう山飛騨」と称し、飛騨市高山市スーパーマーケットを経営する駿河屋魚一が運営を担う[新聞 6]

交通アクセス[編集]

略地図
1
ららぽーと
2
地下鉄港区役所駅
3
地下鉄東海通駅
4
クルーズ名古屋停留所
5
名古屋高速4号港明出入口

公共交通機関としては、既設の名古屋市営地下鉄名港線港区役所駅が約150メートル、同東海通駅が約200メートルの位置にある[WEB 7]。前者は徒歩2分、後者は徒歩3分でのアクセスが可能となっている[WEB 3]。地下鉄駅からららぽーとへ直接連絡する地下通路などはなく、地上の道路を経由する必要がある。

また、名古屋市営バス「港区役所」停留所には各地からのバスが発着しており、敷地内にはバスタクシーの発着拠点となる交通広場が整備された[WEB 7]。敷地内には市バスの停留所が1ヶ所設置され、南(築地口方面)へ行く路線が発着している(北(東海通方面)行きは従来どおり江川線沿いの停留所を発着)[WEB 8]

さらに、隣接する中川運河において運航されている水上バスの停留所も新設された[新聞 7]

自家用車での利用については敷地に隣接して名古屋市道江川線が通っており、交通アクセスに優れた立地であるとしている[WEB 7]

なお、敷地の西側には東海道本線の貨物支線(通称:名古屋港線)が通っている。中央本線を経由して名古屋駅と接続しており、過去に旧国鉄JR東海ナゴヤ球場への観客輸送等に活用された例があるが、2019年時点でこれを当施設利用客の輸送に活用する話は出ていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

一次資料[編集]

  1. ^ 港明用地の開発事業について” (日本語). 東邦ガス (2013年3月26日). 2018年9月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 東海3県初進出となるリージョナル型ショッピングセンター「 (仮称) ららぽーと名古屋港明」4月1日着工 2018年秋開業予定 (PDF)” (日本語). 三井不動産 (2017年3月30日). 2018年8月20日閲覧。
  3. ^ a b 交通アクセス” (日本語). 三井不動産商業マネジメント. 2018年8月20日閲覧。
  4. ^ お車をご利用の場合” (日本語). 三井不動産商業マネジメント. 2018年9月26日閲覧。
  5. ^ フロアガイド (PDF)” (日本語). ららぽーと名古屋みなとアクルス. 2019年3月21日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j ショップ一覧” (日本語). 三井不動産商業マネジメント. 2018年8月20日閲覧。
  7. ^ a b c 東海3県初進出の大型商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと名古屋みなとアクルス」2018年9月開業へ 一部店舗を先行発表し、4月から店舗求人の合同説明会開始 (PDF)” (日本語). 三井不動産 (2018年3月8日). 2018年8月26日閲覧。
  8. ^ 市バスダイヤ改正の概要 (PDF)” (日本語). 名古屋市交通局. 2018年9月30日閲覧。

新聞[編集]

  1. ^ a b 「口遊録 子育て世代向商業施設目指す」『中日新聞朝刊』中日新聞社、2018年8月1日、7面。
  2. ^ a b c d e 「「ららぽーと」 9月28日開業 港区」『中日新聞朝刊』中日新聞社、2018年6月13日、9面。
  3. ^ 名古屋「みなとアクルス」でテロ訓練 愛知県警」『日本経済新聞』日本経済新聞社、2018年9月21日。2018年9月25日閲覧。
  4. ^ 「みなとアクルス」街開き 東邦ガス工場跡地」『中日新聞夕刊』中日新聞社、2018年9月25日、1面。2018年9月30日閲覧。
  5. ^ ららぽーと名古屋みなとアクルス/目標年商300億円、基礎商圏5km46万人」『』流通ニュース、2018年9月26日。2018年9月30日閲覧。
  6. ^ a b c 坂本圭佑「ぎふ経済 アンテナショップ 名古屋に来月出店 高山「駿河屋魚一」」『中日新聞朝刊広域岐阜版』中日新聞社、2018年8月1日、13面。
  7. ^ 「名駅⇔名港 船の旅を 中川運河に来春定期便」『中日新聞朝刊』中日新聞社、2016年5月3日、31面。

文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]