ガスの科学館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京ガス > ガスの科学館
Japanese Map symbol (Museum) w.svg がすてなーに ガスの科学館
Gasutenani
Gasutenani.jpg
ガスの科学館の位置(東京都区部内)
ガスの科学館
ガスの科学館の位置
施設情報
正式名称 がすてなーに ガスの科学館
愛称 がすてなーに
前身 ガスの科学館(初代)
専門分野 エネルギーガス
館長 冨田由起夫[1]
事業主体 東京ガス株式会社
延床面積 6,472m2
開館 2006年6月2日
(初代ガスの科学館:
開館 1986年3月17日 閉館 2006年3月24日)
所在地 135-0061
東京都江東区豊洲6丁目1番1号
位置 北緯35度39分8.03秒 東経139度47分33.1秒 / 北緯35.6522306度 東経139.792528度 / 35.6522306; 139.792528
公式サイト www.gas-kagakukan.com
プロジェクト:GLAM

ガスの科学館(ガスのかがくかん)は、東京都江東区豊洲六丁目にある、ガスの役割や特長を紹介する体験・参加型の科学館である。東京ガスによる運営で、愛称は「ガスって何?」をもじった「がすてなーに」。使用電力を抑えるために燃料電池を使用し、総電力量の約半分を燃料電池でまかなっている。看板ロゴは全て平仮名で表記されており、「す」にクエスチョンマーク"?"、「に」にエクスクラメーションマーク"!"が見え隠れしている。

沿革[編集]

施設概要[編集]

館内は7つのゾーンで構成されている。

  • 1.発見する
    • ようこそポカの家へ(2階)
    • 探険!ワンダータウン(2階)
  • 2.理解する
    • プカのひみつ(1階)
  • 3.体験する
    • エナジースタジオ(1階)
    • ピカッとラボ(1階)
  • 4.学習する
  • 5.実感する
    • 炎のふしぎギャラリー(1階)
  • 6.触れ合う
  • 7.楽しむ
    • 屋上ひろば(屋上)

マスコットキャラクター[編集]

  • プカ:ガスとイメージしたキャラクター。色は水色
  • ポカ:ガスが生み出すをイメージしたキャラクター。色はオレンジ色
  • ピカ:ガスが生み出す電気をイメージしたキャラクター。色は黄色

旧館と新館[編集]

旧館(旧「ガスの科学館」)は小学校などの団体が予約して訪れる施設であったが、新館(「がすてなーに ガスの科学館」)は個人や家族連れでも予約なしで入館できる。旧館のあった東京ガス豊洲工場跡地には卸売市場築地市場)の移転が検討されている。

利用案内[編集]

  • 所在地:東京都江東区豊洲六丁目1番1号
  • 開館時間:9:30~17:00 (入館は16:30まで)
  • 休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、設備点検日
  • 入館料:無料
  • 団体での利用は要予約
  • 駐車場:大型バス専用駐車場10台(無料·要予約)、障害者用優先駐車場/一般駐車場約40台

交通アクセス[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「がすてなーに ガスの科学館」来館者200万人達成!! (PDF)”. 東京ガス株式会社 (2013年10月17日). 2014年2月14日閲覧。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]