東京理科大学近代科学資料館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 東京理科大学近代科学資料館
(二村記念館)
Ridai Museum of Modern Science
Ridai Museum of Modern Science.JPG
東京理科大学近代科学資料館の位置(東京都区部内)
東京理科大学近代科学資料館
東京理科大学近代科学資料館の位置
施設情報
正式名称 東京理科大学近代科学資料館
専門分野 自然科学
管理運営 学校法人東京理科大学
開館 1991年11月
所在地 162-8601
東京都新宿区神楽坂一丁目3
位置 北緯35度41分57秒
東経139度44分27秒
外部リンク 東京理科大学近代科学資料館
プロジェクト:GLAM

東京理科大学近代科学資料館(とうきょうりかだいがくきんだいかがくしりょうかん)は、学校法人東京理科大学が運営する付属施設。副称は、二村記念館。

概要[編集]

1991年平成3年)11月、東京理科大学の創立110年を記念して建設。建物の外観は、1906年明治39年)に神楽坂に建設された東京物理学校(東京理大の前身)の木造2階建校舎を復元したもの。

二村冨久二村化学工業創業者、1941年昭和16年)12月東京物理学校理化学部卒業)が建設費を寄贈した。副称は、彼に因む。

展示[編集]

展示物は、東京物理学校(東京理科大学の前身)から引き継がれ、保存された資料や寄贈資料である。

江戸時代和算書から始まり、多くの算木そろばん機械式計算器電気式計算器、電子式卓上計算器(電卓)、そして、電子計算機にいたる『計算機の歴史』を中心とした展示を行っている。

また、真空管や黎明期のパーソナルコンピュータなども展示されている。

計算機の歴史コーナー[編集]

世界各国の算具、各種計算機を並べ、計算発展の歴史がたどれる。

中国の算木やインディアンの算具といったごく初期のものから、そろばん、種々計算尺、タイガー計算器に代表される機械式計算機、パラメトロンを使った日本の初期のコンピュータFACOM 201から、昭和40年代頃より流通した電子式卓上計算機(いわゆる電卓)が時系列的に展示されている。

また、アップルIIやPC-8001、ベーシックマスターといったパーソナルコンピュータの草分けについても展示がされている。

物理学校記念コーナー[編集]

東京物理学校ゆかりの記念品を展示している。特に、同校卒業生でありのちに講師となった菱田為吉(1868~1943)による、木材を切り出して作成した65種もの各種多面体模型は、明治期の多面体研究の実態がうかがえるだけでなく、当時彫刻芸術としても評価されただけの美観も感じられる。

エジソンコーナー[編集]

炭素電球蓄音機などを展示している。いずれも明治期のものであるが、電球は実際に発光(負荷を減らすため低電圧で使用)させることもできる。

体験コーナー[編集]

タイガー計算器を実際に操作できる。再生式高一ラジオ蓄音機を聞くことができる。

利用時間[編集]

  • 入館料 - 無料
  • 開館時間 - 10:00 - 16:00
  • 休館日 - 日曜日祝日月曜日および東京理科大学休業日(学園祭時には開館)

外部リンク[編集]