航空科学博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 航空科学博物館
Museum of Aeronautical Sciences 2016-11.jpg
施設外観
航空科学博物館の位置(成田国際空港内)
航空科学博物館
航空科学博物館の位置
航空科学博物館の位置(千葉県内)
航空科学博物館
航空科学博物館の位置
施設情報
正式名称 航空科学博物館
専門分野 航空
事業主体 公益財団法人航空科学振興財団
延床面積 3,750㎡
開館 1989年平成元年)8月1日[1]
所在地 289-1608
千葉県山武郡芝山町岩山111-3
位置 北緯35度44分24秒 東経140度23分52秒 / 北緯35.74000度 東経140.39778度 / 35.74000; 140.39778
公式サイト 航空科学博物館
プロジェクト:GLAM

航空科学博物館(こうくうかがくはくぶつかん)は、千葉県山武郡芝山町にある、国立で日本最初の航空専門の博物館である。運営は公益財団法人航空科学博物館成田国際空港の近隣にある。

YS-11試作1号機[1]アンリ・ファルマン複葉機の実物大レプリカDC-8フライトシミュレータボーイング747の客室の実物大モックアップ、成田空港の模型などが展示され、4階には成田空港を一望する展望レストラン等がある。

概要[編集]

西棟(ボーイング747模型)
東棟(成田空港模型)
中央棟展望台から西棟屋上展望台(右下)および屋外展示場を望む
  • 1階と2階は航空機などの各種展示となっている。
    • 展示スペース中央にはボーイング747-400試作機(機体記号 N401PW[注釈 1])の模型があり、それをシミュレーターで実際に操縦する事が出来る。
  • 2階の屋上(左側の建物の屋上)に出て、成田空港のA滑走路を眺めることが出来る。
  • 4階と5階は管制塔のような部分に入っている。
  • 4階は展望レストラン「バルーン」。
  • 5階は展望室となっていて、係員の飛行機の解説を聞きながら離着陸する飛行機を見ることが出来る。また、実際に使われていた管制機材も展示されている。
  • 屋外展示場にはYS-11試作機を初めとする各種航空機や[1]、実際に使われていたトーイングトラクタ[注釈 2]が展示されている。

沿革[編集]

利用案内[編集]

  • 所在地:〒289-1608 千葉県山武郡芝山町岩山111-3
  • 開館時間:10:00~17:00(入場は16:30まで)
  • 休館日:月曜日(月曜日が国民の祝日の場合は、その翌日)、年末年始(12月29日~12月31日)
  • 入館料:大人500円、中高生300円、子供(4歳以上)200円
    • 団体割引(20名以上)20%割引

交通アクセス[編集]

自動車[編集]

駐車場あり(無料)

鉄道[編集]

一般路線バス[編集]

(※利用するバスによってバス停が違うので要注意)

航空科学博物館バス停(敷地内)
成田空港交通:成田空港第1旅客ターミナル - 成田空港第2旅客ターミナル - 芝山千代田駅 - 南部貨物地区 - 航空科学博物館 - AMB南三里塚
※土・日・祭日は航空科学博物館止まり
JRバス関東JR成田駅 - 成田山前 - さくらの山(一部のバスが経由) - 三里塚 - 航空博物館前 - 多古 - 八日市場駅
「航空博物館入口」バス停(芝山はにわ道沿い)徒歩10分
空港シャトルバス:成田空港第2旅客ターミナル - 芝山千代田駅 - 南部貨物地区 - 航空博物館入口 - 芝山文化センター - 横芝屋形海岸

高速バス[編集]

「航空科学博物館」バス停(敷地内)
八日市場駅・匝瑳市役所ルート(JRバス関東・千葉交通):東京駅(下りは八重洲南口発、上りは日本橋口着) - 航空科学博物館 - 道の駅多古 - 八日市場駅 - 匝瑳市役所

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d “戦後初の国産旅客機や軽飛行機の実物を展示 航空科学博物館が完成”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 22. (1989年8月3日) 

関連項目[編集]

  • 木村秀政 - 財団法人航空科学振興財団 初代理事長

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度44分25秒 東経140度23分53秒 / 北緯35.740225度 東経140.397967度 / 35.740225; 140.397967