芝山鉄道線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Shibayama Railway Logo.SVG 芝山鉄道線
SR
芝山千代田駅を発車して成田方面へ向かう電車。(2012年1月11日)
芝山千代田駅を発車して成田方面へ向かう電車。
(2012年1月11日)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 千葉県成田市山武郡芝山町
起点 東成田駅
終点 芝山千代田駅
駅数 2駅
路線記号 SR
開業 2002年(平成14年)10月27日[1]
所有者 Shibayama Railway Logo.SVG 芝山鉄道
運営者 Shibayama Railway Logo.SVG 芝山鉄道
使用車両 芝山鉄道#在籍車両を参照
路線諸元
路線距離 2.2 km
軌間 1,435 mm
線路数 単線
電化方式 直流1,500 V
架空電車線方式
閉塞方式 自動閉塞式
保安装置 1号型ATSC-ATSに更新予定)
路線図
Shibayama Railway Linemap.svg
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
LSTR
京成Number prefix Keisei.PNG 東成田線
tSTRa
tBHF+GRZq
0.0 KS44 東成田駅
tSTR
Number prefix Shibayama.PNG 芝山鉄道線
tKRZt
京成:Number prefix Keisei.PNG 本線Number prefix SkyAccess.PNG 成田空港線
tKRZt
JR東成田線
tSTR
KS42 成田空港駅
htSTRe
hKBHFe
2.2 SR01 芝山千代田駅

芝山鉄道線(しばやまてつどうせん)は、千葉県成田市東成田駅から千葉県山武郡芝山町芝山千代田駅までを結ぶ芝山鉄道鉄道路線である。芝山千代田駅付近を除き路線の大部分は成田国際空港の地下を走る。駅ナンバリングで使われる路線記号はSR

路線データ[編集]

運行形態[編集]

全列車が京成電鉄東成田線と相互直通運転を行っている。運転業務は京成に委託しており、東成田駅で乗務員交代は行われず運転士・車掌とも京成の乗務員が芝山鉄道線内も乗務する。

ラッシュ時などには京成本線押上線都営地下鉄浅草線京急本線空港線との相互直通運転を行う。日中は40分サイクルで京成成田 - 芝山千代田間を1編成が往復する形となる。

所要時間は京成成田 - 芝山千代田間が約10分、東成田 - 芝山千代田間は約4分である。なお、東成田 - 芝山千代田間の成田市木の根付近では、空港建設反対派の用地「木の根ペンション」を通過する計画だったが、地権者の同意が得られず、最終的にルートを変更して木の根ペンションを迂回することとなった。そのため路線延長が当初計画より約0.2km長くなったほか、迂回区間は半径160mの急カーブとなっており、運行の安全確保上35km/hで運行するため、所要時間は当初予定より1分ほど長くなった。

現行ダイヤでは快速特急、特急、通勤特急、快速、普通が存在する。京成線・都営線・京急線直通列車は以下の運行パターンが存在する。

  • 芝山千代田駅 - 京成線京成上野駅
    • 朝・夕を中心に運転されている。特急は土休日下りのみ、通勤特急は平日のみの運転となる。
  • 芝山千代田駅 - 京成高砂駅、京成津田沼駅、宗吾参道駅、京成成田駅
    • 土休日の京成高砂行きの夜1本は快速[2]で運転されるが、それ以外は朝・夕に普通で運転される。
  • 芝山千代田駅 - 都営線西馬込駅
    • 上りは平日朝に快速特急として、都営線内は普通で運転される。また、土休日夜間に、前述した京成本線快速・押上線普通として運転される列車が設定されている。下りは平日は快速特急、特急、通勤特急で、土休日は快速で運転される。
  • 京急線羽田空港発芝山千代田行き
    • 京急線内はエアポート快特、エアポート急行で運転され、都営線内はエアポート快特か、京成線内及び都営線内でエアポート快特以外の列車は特急、通勤特急で運転される。エアポート快特は京成線押上駅より変更する。

京成・都営の車両も含めて、芝山千代田行きの列車の方向幕の表示は「芝山千代田」ではなく「(東成田)芝山」である。

車両[編集]

以下の自社所属車両のほか、京成電鉄の車両も運用される。東京都交通局の車両は表示の用意はあるものの現在まで乗り入れは行われていない。

  • 3500形 - 2013年4月1日より京成電鉄からリースしている車両。従来の3600形に代わり、3500形の3540編成4両編成に変更された[3]

過去の車両[編集]

  • 3600形 - 2002年10月27日の開業時から2013年3月31日まで京成からリースしていた車両。運用は京成車と共通だが、先頭車が電動車ではなく付随車であることから、先頭車両は電動車と取り決めている京急線には直通しなかった。芝山鉄道線は、日中は京成車4両編成か6両編成での運行のため、8両編成でかつ京急線に入線できないこの車両は京成上野 - 成田空港間や京成佐倉 - 都営浅草線西馬込間を往復する運用が多く、自社線を走行するのは朝夕のみで、しかも自社線内(東成田 - 芝山千代田間)のみを走行することは平日・土休日とも1本もなく、自社線内を走行するときは、すべて京成電鉄東成田線を経由した運用を行っていた。

駅一覧[編集]

駅番号 駅名 営業キロ 接続路線 所在地
直通運転区間 KS 京成東成田線京成成田駅まで
KS 京成本線京成上野駅まで
A 京成押上線経由 都営浅草線西馬込駅まで
KK 京成押上線・都営浅草線・京急本線経由京急空港線羽田空港国内線ターミナル駅まで
KS44 東成田駅 0.0 京成電鉄KS 東成田線(直通運転:上記参照) 千葉県 成田市
SR01 芝山千代田駅 2.2   山武郡芝山町

その他[編集]

芝山鉄道線では警察官が必ず乗車し、警備にあたっている
  • 普通鉄道では日本一総営業距離が短い路線である(ケーブルカーやモノレールなど、すべての種類を含めた場合の最短は鞍馬山鋼索鉄道の207m)。
  • 芝山千代田駅は芝山町の端にある駅であり、芝山町中心部を経由して九十九里方面への延伸も検討されている。
  • 京成と直通運転する路線では唯一、ICカードPASMO」等が使えない(交通系ICカードで芝山千代田駅へ乗り越した場合は、現金で精算後に「PASMO・Suica処理連絡票」が渡され、各社の駅窓口に提出して処理を依頼する形になる[4])。また、2008年まで京成などで利用できたパスネットも同様であった。
  • 全線が成田国際空港敷地内・隣接地内に所在しており、その関係で駅構内だけでなく、列車車内でも空港警備の一環として制服着用の警察官(千葉県警察成田国際空港警備隊)が常に乗車して警備している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “芝山鉄道きょう開業 空港を抜け都心と直結 地元待望、式典で祝う アート展”. 千葉日報 (千葉日報社). (2002年10月27日) 
  2. ^ 京成高砂駅で行先・種別を変更し、押上線普通、都営線西馬込駅まで運行される。
  3. ^ 所属車両を変更します - 芝山鉄道ホームページお知らせ 2013年3月28日
  4. ^ 芝山鉄道線ご利用案内

関連項目[編集]

外部リンク[編集]