シティ・エアリンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シティ・エアリンク
種類 株式会社
市場情報 非上場
設立 1987年昭和62年)6月3日
テンプレートを表示

シティ・エアリンク株式会社はかつて存在した日本のヘリコプターによる旅客定期便の運航会社。国内定期航空運送事業を行う航空会社であった。

会社概要[編集]

運航路線[編集]

使用機材[編集]

ベルエアクラフト412型[1](9人乗り)

航路・就航率の問題[編集]

航路の問題[編集]

横浜川崎品川浦安といった京浜地区湾岸地区を飛行するにあたりヘリコプターの騒音を軽減(65ホン以内とする)させるため、飛行高度、航路に一定の制約があった。

就航率の問題[編集]

1988年6月の就航から1か月で、天候等の理由により就航率が50%となってしまい「早いけど飛ばないことが多い」という不利なイメージがついてしまった。高い欠航率は、使用機材は計器飛行が可能にもかかわらず航空法の規制によりヘリコプターによる旅客運送では有視界飛行が原則となり、視界1.5kmを下回ると運航ができず曇天時や日没後の運航ができなかったことによる。その後も就航率は1988年で63.1%、1989年で80%、1990年で81.5%と芳しくなく、搭乗手続きにも時間がかかったため[1]、「確実に早く移動したい」というビジネス客のニーズに応えることが難しかった。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 原口和久 (2000). 成田空港365日. 崙書房. p. 126・237‐238. 
  2. ^ a b 原口和久 (2002). 成田 あの1年. 崙書房出版. p. 171.