ベル 412

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベル 412

ノルウェー軍のベル 412SP

ノルウェー軍のベル 412SP

ベル 412英語: Bell model 412)はベル・ヘリコプター・テキストロン社が開発した汎用ヘリコプターベル・エアクラフト社のベル 212の発展型である[1]

経緯[編集]

ベル 205UH-1D/H)を双発エンジンにしたモデルであるベル 212は1968年に初飛行している。このベル 212の改良計画は1978年から本格開始された[1]。主に改良された箇所は主ローターの枚数であり、2枚から4枚に変更された[1]。他の部分は212とほぼ同等である。これにより巡航速度を約40km/h増加させている[1]。初飛行は1979年8月3日、FAAの型式取得は1981年1月である。

型式取得した当月に納入が開始されている。その後、燃料搭載量と離陸重量を高めるなどの改良を加えたベル 412SP (Special Performance) が開発された。1991年には、変速機を改善した412HP (High Performance) も開発された。現在はデュアル・デジタル自動飛行制御システムを備えた412EP (Enhanced Performance) が、最新モデルとして生産されており、日本の消防防災航空隊警察航空隊海上保安庁などにも多数採用されている。

派生型[編集]

スロベニア警察のアグスタ・ベル AB 412
  • ベル 412:初期量産型。PT6T-3Bエンジン搭載。
  • ベル 412SP:エンジンをPT6T-3BFに換装・強化。
  • ベル 412HP:エンジンをPT6T-3Eに換装・強化[1]
  • CH-146 グリフォン:カナダ軍向けの汎用輸送ヘリコプター、PT6T-3Dエンジン搭載[1]
  • ベル 412EP:CH-146の民間型[1]
  • ベル グリフィン HT Mk1:ベル 412EPを元にした高等訓練ヘリコプターで、1997年からイギリス空軍で運用されている。
  • ベル グリフィン HAR Mk2:412EPを元に開発された捜索・救難ヘリコプター。2003年からイギリス空軍で運用されている。
  • アグスタ・ベル AB 412:民間向けの汎用輸送型で、ライセンスを取得したイタリアのアグスタ社が製造。
  • アグスタ・ベル AB 412 グリフォーネ:アグスタ社が製造する軍向けの汎用輸送型機。
  • Nベル 412:インドネシア・エアロスペース社がライセンス生産したベル 412。

採用国[編集]

イギリス、カナダ、イタリア、オランダ、チェコ、ポーランド、スロベニア、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、メキシコ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、イラン、ブラジル(警察)、チリ、コロンビア、パナマ、ペルー、エクアドル、ベネズエラ、パキスタン、インドネシア、バングラデシュ、フィリピン、韓国、エルサルバドル、ホンジュラス、レソト、ナイジェリア、ボツワナ、スリランカ、ウガンダ、ジンバブエ

要目(412EP)[編集]

  • 主ローター直径:14.0m
  • 全長:17.1m(胴体長 12.9m)
  • 全高:4.6m
  • 自重:3.1t
  • エンジン:P&Wカナダ PT6T-3D ターボシャフトエンジン(出力 1,800軸馬力)2基(ツインパック)
  • 航続距離:約660km
  • 最大速度:約260km/h
  • 乗員:2名
  • 乗客:最大15名

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 世界航空機年鑑 2007-2008 酣燈社 P338-339 ISBN 978-4873572703

外部リンク[編集]

  • The 412, www.bellhelicopter.com(英語)