ジェットスター・ジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェットスター・ジャパン
Jetstar Japan
Jetstar Logo.svg
IATA
GK
ICAO
JJP
コールサイン
ORANGE LINER
法人番号 3040001076850 ウィキデータを編集
設立 2011年9月5日
ハブ空港 成田国際空港
関西国際空港
中部国際空港
マイレージサービス カンタス・フリークエントフライヤー
JALマイレージバンク
親会社 カンタス航空日本航空
保有機材数 19機 (2021年8月時点)
就航地 国内16都市
海外4都市 (2019年8月時点)
代表者 片岡優 (代表取締役社長)[1]
ニック・マッグリン(会長)
外部リンク https://www.jetstar.com/jp
テンプレートを表示
ジェットスター・ジャパン株式会社
Jetstar Japan Co., Ltd
Jetstar logo.svg
ジェットスター・ジャパンのエアバスA320-200
ジェットスター・ジャパンのエアバスA320-200
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
282-0006
千葉県成田市取香字上人塚148番地1
成田国際空港第3ターミナル内
設立 2011年9月5日
業種 空運業
法人番号 3040001076850
事業内容 定期航空運送事業、航空機使用事業、その他附帯事業
代表者 代表取締役会長 片岡優[2]
資本金 120億円[2]
従業員数 1,000名(2019年8月末時点)
決算期 毎年6月末
主要株主 日本の旗日本航空株式会社 50%
オーストラリアの旗カンタス航空 33.3%
日本の旗東京センチュリーリース株式会社 16.7%[2]
外部リンク https://www.jetstar.com/jp/ja/home
テンプレートを表示
出発間近の機内(JA03JJ)

ジェットスター・ジャパン株式会社Jetstar Japan Co., Ltd)は、日本格安航空会社(LCC)である。

概要[編集]

2011年8月16日、オーストラリアカンタス航空グループと、日本航空(JAL)、三菱商事の3社が3分の1ずつ出資して設立する予定と発表[3][4]。その後、2012年3月12日に伊藤忠商事系の総合リース会社である東京センチュリーリースが、三菱商事の保有する株式の半分を譲り受ける形で出資に加わり[5]、2012年7月3日から東京/成田ハブ空港として国内線の運航を開始した[4]。2014年6月12日からは大阪/関西を第2ハブ化させ、2018年3月21日には名古屋/中部を第3ハブ化した[6]

2011年12月、最高経営責任者 (CEO)に鈴木みゆきが就任[7]、2015年3月に退任した[8]

他社の運賃よりも10%下げる、最低価格保証を実施している[9]

現在、日本国内のLCCとしてはPeach Aviationに次いで2番目の規模に上り、また三大都市圏(東京/成田、大阪/関西、名古屋/中部)全てに就航している。

沿革[編集]

  • 2011年
    • 8月16日 : カンタス航空グループ、日本航空(JAL)、三菱商事の3社が3分の1ずつ出資し設立する予定と発表。
    • 9月5日 : 会社設立
    • 12月1日 : 会長に福川伸次、最高経営責任者(CEO)に鈴木みゆきが就任。
    • 12月21日 : 国内線就航に向け、航空運送事業の経営に関する許可を申請[10]
  • 2012年
  • 2013年
  • 2014年
    • 2月24日 : 女優の桐谷美玲がブランドアンバサダーに就任
    • 6月12日 : 関西国際空港を第2ハブ化[18][19][20][21]
    • 9月24日 : 累計搭乗者数600万人を達成。就航から約2年3カ月での達成は国内LCCとしては最速ペース
    • 10月9日 : 大阪/関西 - 大分線 就航[22]
    • 10月26日 : 東京/成田・大阪/関西・名古屋/中部 - 熊本線 就航。またアメリカン航空とのコードシェア(共同運航)を開始。
    • 12月19日 : エアバスA320型機20号機目を受領。
    • 12月25日 : 累計搭乗者数700万人を達成(国内LCC最速ペース)。
  • 2015年
    • 1月15日 : 成田発着の国内線全路線にてカンタス航空とのコードシェアを開始。
    • 2月28日 : 初の国際線となる大阪/関西 - 香港線 就航[23]
    • 3月29日 : 名古屋/中部 - 沖縄/那覇線 就航[24]
    • 3月31日 : 2年以内の黒字化への目処が立ったとして、鈴木みゆきが社長とCEOを辞任。後任社長は置かず。
    • 4月1日 : 会長にジェットスターグループ日本支社長の片岡優、CEOにジェットスターグループ、グループオペレーション本部長のジェリー・ターナーが就任[25][26][27]
    • 4月8日 : 東京/成田のチェックイン・カウンターを従来の第2ターミナル南2階から、LCC専用として新設された同第3ターミナル2階へ移動[28]
    • 6月1日 : 東京/成田 - 香港線 就航[29]
    • 10月25日 : 大阪/関西 - 大分線、名古屋/中部 - 熊本線 運休[30]
    • 11月27日 : 東京/成田 - 台北/桃園線 就航[31]
    • 12月11日 : 大阪/関西 - 台北/桃園線 就航[32]
    • 12月12日 : 名古屋/中部 - 台北/桃園線 就航[33]。なおこの路線は初のLCCとしての就航となる。
  • 2016年
  • 2017年
    • 1月23日 : 東京/成田 - 上海/浦東線 就航予定とされていたが、延期された[35]
    • 6月2日 : 東京/成田 - 上海/浦東線 就航[36]
    • 12月21日:東京/成田 - 宮崎線 就航[37]。宮崎と成田を結ぶ定期路線としては初となる[38]
  • 2018年
    • 3月21日 : 名古屋/中部を第3ハブ化[6]
    • 7月27日 : 自社育成パイロットの1期生4人が誕生したと発表[39]
    • 9月6日 : 成田−長崎線 就航[40] 
    • 10月27日:関西-熊本線 運航再開
    • 12月19日:東京/成田 - 高知、関西 - 高知 就航
  • 2019年
    • 8月1日 : 東京/成田 - 庄内線 就航[41]
  • 2020年
    • 10月 : COVID-19の影響により、収益の見通しがたたない東京/成田 - 庄内、関西 - 福岡・熊本・高知、中部-新千歳・鹿児島の国内6路線について、10月末から2021年3月までの冬ダイヤの期間中運休し事実上撤退。また東京/成田 - 宮古/下地島路線を季節運航に格下げ[42]
  • 2021年
  • 2022年
    • 6月 : エアバスA321-200NX(LR)型機1号機(JA26LR)を3日に受領、13日来日、30日に慣熟兼ねた東京/成田発着遊覧飛行実施[44]
    • 7月 : エアバスA321-200NX(LR)型機1号機(JA26LR)が東京/成田→福岡GK503便から就航。

機材[編集]

A320(鹿児島空港・JA16JJ)
  • エアバスA320-232(180席) : 19機
    • 日本の航空会社の同型機で唯一、エンジンにIAE V2527-A5モデルを採用している[45]
    • 関空の第2ハブ化により、最大3機までの夜間整備・駐機が可能になった。
    • 2013年には機材の導入ペースを落としたため、当初JA19JJとして納入される予定だった機体(製造番号5877)およびJA20JJとして導入される予定だった機体(製造番号5885)は一時キャンセルされ、エアバスの工場にて保管された後、ブエリング航空へそれぞれEC-LZMEZ-LZEとして引き渡された[46]。その後、ジェットスター・ジャパンには別の機体がJA19JJ、JA20JJとして納入されている。
    • 2020年以降、COVID-19流行により一部保管機体が豪州ジェットスターへグループ内転籍している(JA06、11、12、17、18、23JJ)。
  • エアバスA321-251NX(238席) : 1機ずつ受領、保管、製造中[47]
  • エアバスA321-231(P2F:Passenger-to-Freighter/旅客改修貨物型) : 3機(予約登録)
ジェットスター・ジャパンの運航機材一覧(2022年現在)
機体記号 型式 製造番号 受領日 備考
JA01JJ エアバス A320-232 5093 2012年04月20日 アングリーバード塗装機(2016.07.01-2018.11)
大阪・関西万博誘致の特別塗装機「HONA IKOKA!」号(2018.02.28-2018.12)
JA02JJ エアバス A320-232 5145 2012年05月23日
JA03JJ エアバス A320-232 5161 2012年06月16日
JA04JJ エアバス A320-232 5245 2012年08月06日
JA05JJ エアバス A320-232 5274 2012年09月19日
JA07JJ エアバス A320-232 5355 2012年11月12日 シャークレット装備機。当初は未装備だったが、2014年改修によって装備。
JA08JJ エアバス A320-232 5492 2013年02月18日 日本初のシャークレット装備機[50]
JA09JJ エアバス A320-232 5499 2013年02月28日
JA10JJ エアバス A320-232 5520 2013年03月13日
JA13JJ エアバス A320-232 5649 2013年06月25日 シャークレット装備機
JA14JJ エアバス A320-232 5695 2013年07月27日
JA15JJ エアバス A320-232 5701 2013年09月10日
JA16JJ エアバス A320-232 5717 2013年09月18日
JA19JJ エアバス A320-232 6296 2014年10月14日 シャークレット装備機。当初は製造番号5877の機体が納入される予定だった。
JA20JJ エアバス A320-232 6381 2014年12月15日 シャークレット装備機。当初は製造番号5885の機体が納入される予定だった。
スパイダーマン塗装機(2017.06.21-2018.01)
JA21JJ エアバス A320-232 5885 2017年02月16日 シャークレット装備機
JA22JJ エアバス A320-232 5877 2018年02月20日
JA24JJ エアバス A320-232 8429 2018年09月18日
JA25JJ エアバス A320-232 8842 2019年03月19日
JA26LR エアバス A321-251NX 10067 2022年06月03日 シャークレット装備機、受領延期、独登録D-AYAV、2020年9月初飛行済み
JA27LR エアバス A321-251NX 10146 シャークレット装備機、受領延期
独登録D-AYAM、2021年9月初飛行済み、2022年内受領見込み
JA28LR エアバス A321-251NX 10645 シャークレット装備機、予約登録、2023年以降受領見込み
JA81YA エアバス A321-231(P2F) 4173 旅客改修貨物型機、予約登録
ヤマトホールディングス導入リース機、元カタール航空運用機
JA82YA エアバス A321-231(P2F) 4406
JA83YA エアバス A321-231(P2F) 4530

将来構想[編集]

今後、機材の増機に伴い路線網を拡張する計画がある。

  • 第3の拠点空港
    成田国際空港、関西国際空港に次ぐハブ空港として中部国際空港を位置づけており、2013年夏ダイヤから福岡線と新千歳線を開設、将来的には人員も配置し、国際線も含めたネットワークを構築していく考えを示した。2015年春に沖縄/那覇線を開設したほか、同年冬ダイヤには中部発としては初の国際線となる台北/桃園線を開設した。今後も更なる国際線路線の開設と国内線の増強を予定しているなど、更なる中部路線の拡充を計画している[51]。2017年5月には、翌年春から第3ハブとして運用していくことを正式に発表した[6]
  • 国際線への進出
    国際線への就航は、概ね4-5時間圏内として韓国、中国、台湾など近隣アジアの都市を中心に検討されている。当初計画されていた2013年6月頃からの就航は2012年11月に発覚した整備士問題のため延期された。[52]2015年2月28日に大阪/関西~香港線で初めて国際線に就航した。その後、東京/成田発の香港線も開設したほか、2015年冬ダイヤには東京/成田、大阪/関西、名古屋/中部から台北/桃園線を開設した。

就航路線[編集]

  • 国内線の全便が2013年3月6日より、日本航空(JAL)とのコードシェア便となった[54]。ただし、JAL便名としての利用は同社国際線(JAL便名の他社運航コードシェア便を含む)との乗継利用の場合に限られる。
  • 2014年10月26日より国内5路線(成田-新千歳、関西、松山、福岡、那覇)でアメリカン航空[55]とのコードシェアが始まった。また、2015年1月15日より成田発着の全路線でカンタス航空[56]とのコードシェアを行っている。

国内線[編集]

冬期スケジュール(2020年10月25日 - 2021年3月27日)時点[57]

国際線[編集]

ボーディング・ミュージック[編集]

2020年3月29日現在、ポルカドットスティングレイによる「JET」が起用されている。

サービス[編集]

  • 機内では飲食物を有料で販売している[58]
  • 機内誌「Jetstar Magazine」[59]や販売メニュー表が座席に備えてある。
  • 機内販売で購入したものに限り飲酒可能である。(機内持ち込みのアルコール飲料の飲酒は禁止)
  • 毎週金曜日にHPでセールがある。また会員制度があり、会員特典が受けられる。
  • ローソンミニストップにあるLoppiから航空券を購入することもできる。支払いは現金のみ。
  • 出発1週間前よりウェブ・チェックインが可能。
  • 公式マスコットキャラクターはレッサーパンダの「ジェッ太」。
  • 成田空港における航空機地上運用で一部便がプッシュバック作業で主脚の片側に取り付けられ、一人の地上作業員がコクピットと連絡を取って、車両を遠隔操作出来る独schopf社のパワープッシュと呼ばれる車両を日本では同社のみ使用している[60]。なお、このパワープッシュは、旋回はコクピット操作で行い、操作するコクピットから機体後方の安全確認が難しく、プッシュバックのみ使用され他の車両のように航空機牽引(トーイング)作業では使用されないなど制限が多い[61]

マイレージ[編集]

  • カンタス航空「カンタス・フリークエントフライヤー」および日本航空JALマイレージバンク(JMB)」のマイル加算対象である。カンタス航空及び日本航空へのマイレージ加算はPlusオプション選択・Maxオプション選択の場合に限られる。[62][63]
  • JAL便名で搭乗の場合は、JMBのマイル加算対象となる。ただしジェットスター・ジャパン(JJP)国内線のJAL便名としての利用はJAL国際線(他社運航のコードシェア便も含む)との乗継利用の場合に限られる。[64]
  • JMB特典航空券の利用対象となる。ただしJJP便名での利用に限られ、JAL便名では国内線単独・国際線乗り継ぎ問わず対象外。特典利用は1区間・2区間の直行便に限られ、同一の予約でゆきJJP・かえりJALのように異なる航空会社の組み合わせもできない。2区間利用の場合は、出発地・帰着地が同一都市(単純往復)でなければならない。JMB特典航空券の場合、JJP搭乗の際は20kg分まで手荷物を預けることができる。

貨物輸送事業[編集]

  • 2013年3月、国内線の拡充に合わせ、貨物輸送事業に参入する意向を示した[65]
  • その後、2013年7月26日から日本の格安航空会社では初となる貨物輸送事業を開始した。開始された路線は、東京/成田・大阪/関西をネットワークハブとして、両空港 - 札幌/新千歳・福岡・沖縄/那覇の各路線と東京/成田 - 大阪/関西線の計7路線で実施。発着数は東京/成田発 1日16便、大阪/関西発 1日5便の計21便。今後、貨物輸送の体制が整い次第、名古屋/中部・松山・大分・鹿児島 発着路線にも展開していく計画となっている[66][67]
  • 2022年1月に親会社の日本航空株式会社が物流大手ヤマトホールディングス株式会社と協力し首都圏から北海道、九州、沖縄地域へ貨物専用機を2024年4月から改定される自動車運転業務、年間残業時間960時間による長距離トラック代替運送問題を解消するため、ヤマトグループが中古旅客機を改修するエアバスA321ceo P2F型機を3機導入し、JALグループが運航を担うことが合意発表された[68]。また、型式限定証明などの問題から、ジェットスタージャパンにサブリースされ、乗務員が受託運航することも併せて発表された[68][69]。なお、この計画が実施されると昼間は成田空港から新千歳空港北九州空港那覇空港、夜間は羽田空港から3地点に運航され[70]、副次的に新規参入には難しい混雑空港羽田ヘの同社乗り入れが達成される見込み。

ジェットスター・グループの会社[編集]

不祥事・トラブル[編集]

格安航空会社にありがちな欠航は通常後述規定によって基本、自社便への振り替えやポイントの付与、返金に応じることはあっても、他社便への振り替えを行うことはないが、同社は格安航空会社にとって“禁じ手”とも言える他社便への振り替えを行ったこともある[71]

就航当初の欠航[編集]

札幌/新千歳発東京/成田行きの最終便フライトについて、成田国際空港の運用時間の制約もあり、欠航となった。同社の運送約款は「欠航によって生じる可能性のある費用の支払いについては責任を負いません」と規定しているが、いずれも搭乗予定だった旅客の宿泊費を同社が負担した他、翌朝に振替便を運航する措置を行った。

  • 2012年7月3日の就航初日の欠航原因は、前便で乗客の搭乗に手間取ったことや搭乗管理システムのトラブルによって、成田国際空港に運用時間内の23:00までに到着出来ないため[72][73]
  • 2012年7月12日の欠航原因は、機材整備のため[74]

課金トラブル[編集]

2012年 - 6月29日から7月5日までに搭乗した客に対して座席指定料を本来は250円請求するところを誤って650円請求していたことが判明した[75]

2013年 - 3月1日に同社ホームページで予約しクレジットカード決済した客に対して支払手数料を本来は200円徴収するところをシステム設定ミスで600円徴収していたことが判明した[76]

予約受付後の減便[編集]

2012年10月16日、ジェットスターは2012年10月28日から同年11月21日まで、関空~成田を運航する1日2往復を1日1往復に減便すると発表した。すでに予約していた客には返金や自社便振替で対応した[77]。その後11月15日に、減便する期間を11月22日から12月5日まで延長すると発表したが[78]、その翌日に国土交通省から受けた厳重注意(後述)により、減便期間をさらに延長する予定[79]

その他のトラブル[編集]

  • 2012年8月24日 - この日から新規就航予定だった大阪/関西→福岡間が、機材トラブルの影響で欠航[80]
  • 2013年4月2日 - 成田-大分151便で運航されたJA07JJが折り返し次便準備中に地上職員が機体前輪のタイヤに傾きを発見、当初同社は告知せず予約客にのみ連絡をしていて[81]、その後整備士による確認によりタイヤを固定するホイール内部品が損傷していて、同機は4月8日まで数便運航できなくなり、同社の予約客約三千人が影響を受けた[82]
  • 2015年6月 - 副操縦士が飛行中に、機内アナウンスをしている様子を機長に撮影してもらい、この映像をLINEで知人女性に送信していたことが明らかになった。同社は、撮影が短時間で航空法には抵触しないとしたものの、業務に専念すべきだとして、機長と副機長を1週間の乗務停止処分とした[83]
  • 2018年3月3日 - 午後4時から翌1時までシステムメンテナンスを実施し、予約やチェックインに関する業務を停止した[84]。その影響で空港のカウンターは手作業でチェックインが行われたが行列ができるなど混乱し、遅延や欠航が発生した[85]
  • 2018年12月2日、成田空港に到着した札幌発の126便エアバスA320で、主翼の高揚力装置のスクリューとナットがなくなっていると、空港事務所に連絡があった。滑走路を約10分間閉鎖する事態となったが部品は発見できなかった。同機が飛行中に落下した可能性がある。

事件・事故など[編集]

  • 2019年12月14日午前2時32分(PST)、マニラ発成田行きのGK40便(A320-232, JA13JJ)が離陸に向けて移動中、右主脚を脱輪させた。乗員乗客146人に負傷者はいない。[86]

その他の行政処分[編集]

  • (社内規定違反)2012年11月16日 - この日、社内規定に満たない整備士2名を確認主任者として出発前の機体点検を任せていたことが発覚し、国交省による厳重注意を受けた。同社の規定では3年以上の経験が必要としているが、2名は半年から1年8カ月程度の経験で現場で働いていた[87]。これを受け、当初、一度の延期を経て12月6日から実施予定だった関西国際空港の第2ハブ化は社内での安全体制の点検と再構築のために当面の間見合わせることとなり、多数の運休便が出る見通しである[79]
  • (検査漏れ)2013年10月9日、国土交通省はジェットスター・ジャパンに対し、機体の検査漏れがあったとして厳重注意するとともに、2012年11月16日付の厳重注意以降も間接部門及び現業部門に不適切な事案が複数発生しているとして全社的な再発防止を指示した[88]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ジェットスター・ジャパン、新たな経営体制を発表 (PDF) - ジェットスター・ジャパン 2017年9月13日
  2. ^ a b c 会社概要 - ジェットスター・グループ
  3. ^ “カンタスグループ、日本航空、三菱商事、ジェットスター・ジャパンの設立に合意” (プレスリリース), 日本航空, (2011年8月16日), http://press.jal.co.jp/ja/release/201108/001861.html 
  4. ^ a b “ジェットスター・ジャパン7月より 成田、関西、福岡、札幌、沖縄の5都市に就航” (PDF) (プレスリリース), ジェットスター・ジャパン, (2012年2月8日), http://www.jetstar.com/jp/ja/~/_media/DD15E5F2AE0848E7A29590B0F8CD7895.pdf 
  5. ^ “ジェットスター、伊藤忠系の出資受け入れを発表”. 日本経済新聞. (2012年3月13日) 
  6. ^ a b c “ジェットスター・ジャパン、中部国際空港に拠点を開設” (PDF) (プレスリリース), ジェットスター・ジャパン, (2017年5月24日), http://www.jetstar.com/_/media/files/japan-and-korea/japan/news/2017/20170524.pdf?la=ja-jp 
  7. ^ “ジェットスター・ジャパンCEOに鈴木氏”. 日本経済新聞. (2011年10月11日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO35503470R11C11A0TJ2000/?at=DGXZZO0195165008122009000000 
  8. ^ ジェットスター・ジャパン、新経営体制を発表 ジェットスター・ジャパン プレスリリース 2015年4月1日
  9. ^ “ジェットスター・ジャパン、「最低価格保証」実現に向け国交省と調整予定”. トラベルビジョン. (2011年10月11日). http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=50674 
  10. ^ ジェットスター・ジャパンが国内線就航に向けて前進 航空運送事業の経営に関する許可を申請 - ジェットスター・ジャパン(2011年12月21日)
  11. ^ “移転、ジェットスター・ジャパン本社オフィス、成田空港内に”. トラベルビジョン. (2012年6月10日). http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=53683 
  12. ^ ジェットスター・ジャパン、2012年冬期運航スケジュール(ジェットスタージャパン プレスリリース)
  13. ^ “ジェットスタージャパン、大阪(関西)を第二拠点として決定” (PDF) (プレスリリース), ジェットスタージャパン, (2012年8月23日), http://www.jetstar.com/jp/ja/about-us/~/_media/C01CE6F8BD0A481199F96867176A5466.pdf 
  14. ^ ジェットスター・ジャパン、エアバスA320シャークレット導入(ジェットスタージャパン プレスリリース)
  15. ^ ジェットスター・ジャパン、日本航空及びカンタス航空とコードシェア・マイレージ提携
  16. ^ “ジェットスター・ジャパン、2013年冬期運航スケジュール” (PDF) (プレスリリース), ジェットスター・ジャパン, (2013年8月21日), http://www.jetstar.com/jp/ja/about-us/~/_media/96FD729B28CD4648807E2003A0296C29.ashx 
  17. ^ ジェットスター・ジャパン、成田/高松線に就航 FlyTeam 2013年12月10日付
  18. ^ 夏期運航スケジュールにおける増便の延期について ジェットスター・ジャパン 2014年5月21日付
  19. ^ 夏期運航スケジュールにおける増便の延期について ジェットスター・ジャパン 2014年5月21日付
  20. ^ ジェットスター:関空の第2拠点化 6月12日に延期 毎日新聞 2014年5月21日付
  21. ^ ジェットスター・ジャパン、関空第2拠点化スタート Aviation Wire 2014年6月12日付
  22. ^ ジェットスター・ジャパン、関西国際空港と大分空港を結ぶ国内線を10月9日より運航開始 ジェットスター・ジャパン 2014年7月11日付
  23. ^ ジェットスター・ジャパン、国際線就航へ
  24. ^ ジェットスター・ジャパン、名古屋/中部〜沖縄/那覇線に就航トライシー 2015年3月30日
  25. ^ ジェットスター・ジャパン、新CEOにターナー氏 鈴木前社長は辞任 - アビエーション・ワイヤー > エアライン(2015年4月1日 16:25 JST更新 / 2015年4月10日閲覧)
  26. ^ ジェットスター・ジャパン鈴木社長が米シスコ日本法人へ - ブルームバーグ(2015/04/01 14:24 JST版 / 2015年4月10日閲覧)
  27. ^ ジェットスター・ジャパン、社長辞任は「黒字化が見えた」から - ITmedia ビジネスオンライン(2015年04月01日 18時51分 更新 / 2015年4月10日閲覧)
  28. ^ 成田国際空港 第3旅客ターミナルへ|もっと便利で快適に - ジェットスター・ジャパン(更新日不明 / 2015年4月10日閲覧)
  29. ^ ジェットスター・ジャパン、成田-香港線就航 初の成田国際線AviationWire 2015年6月1日閲覧
  30. ^ http://flyteam.jp/airline/jetstar-japan/news/article/53828
  31. ^ http://flyteam.jp/airline/jetstar-japan/news/article/57277
  32. ^ http://flyteam.jp/airline/jetstar-japan/news/article/57642
  33. ^ http://flyteam.jp/airline/jetstar-japan/news/article/57675
  34. ^ ジェットスター・ジャパン、東京/成田・大阪/関西・名古屋/中部〜マニラ線開設 3月から順次 - Traicy 2016年1月19日
  35. ^ ジェットスター・ジャパン、成田―上海線就航を延期 - 日本経済新聞 2017年1月6日
  36. ^ ジェットスター・ジャパン、日本のLCCとして初めて東京(成田)=上海(浦東)線を運航開始”. ジェットスター・ジャパン (2017年6月5日). 2019年11月12日閲覧。
  37. ^ http://www.jetstar.com/_/media/files/japan-and-korea/japan/news/2017/20170920.pdf
  38. ^ https://www.nishinippon.co.jp/nnp/lifestyle/article/381830/
  39. ^ 「自社育成パイロット ジェットスターで1期生」日経産業新聞』2018年7月30日(2面)2018年10月17日閲覧。
  40. ^ https://this.kiji.is/410451686940345441?c=39546741839462401
  41. ^ ジェットスター庄内-成田線が就航 東北初開設 河北新報 2019年8月2日付
  42. ^ “LCC ジェットスター・ジャパン 国内6路線 事実上撤退方針 発表”. NHK NEWS WEB. (2020年10月8日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201008/k10012653581000.html 2020年12月6日閲覧。 
  43. ^ 持続的な物流ネットワークの構築に向けてフレイターの運航を2024年4月から開始
  44. ^ ジェットスター・ジャパン エアバス A321LR初号機が成田空港に到着!
  45. ^ ただし、かつて全日本空輸がV2500搭載のエアバスA321を運航していたことがあるため、A320ファミリー全体としては日本初ではない。
  46. ^ ブエリング航空、A320新造機を導入 ジェットスター向けJA19JJ - Flyteamニュース(2014年3月24日付)
  47. ^ ジェットスター・ジャパン 次世代長距離型機エアバス A321neo (LR)の仕様概要を発表
  48. ^ ジェットスター・ジャパン、A321LR就航延期 新型コロナで需要減
  49. ^ JAレジ2022年6月動向、日本初のA321P2F 貨物機が予約登録
  50. ^ 日本初のシャークレット付きA320、成田到着 ジェットスター・ジャパン8号機 - AviationWire(2013年2月24日)
  51. ^ ジェットスター、セントレアから同社初の国際線 中部~台北(桃園)線を運航開始(トラベルWatch 2015年12月12日付)
  52. ^ ジェットスター、国に改善計画書 関空拠点化は3月以降(朝日新聞 2012年12月17日付け)
  53. ^ 持続的な物流ネットワークの構築に向けて フレイターの運航を2024年4月から開始”. ヤマトホールディングス株式会社・日本航空株式会社 (2022年1月21日). 2022年1月21日閲覧。
  54. ^ https://www.jal.co.jp/jp/ja/inter/route/feeder/gk/#:~:text=%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85-,JAL%E3%80%81%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3%20%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2%E4%BE%BF%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E3%81%AE%E3%81%94,%E3%82%92%E3%81%94%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82
  55. ^ ジェットスター・ジャパン、アメリカン航空とのコードシェアを開始 ジェットスター・ジャパン 2014年10月23日付
  56. ^ ジェットスター・ジャパン、カンタス航空とのコードシェアを開始 ジェットスター・ジャパン 2015年1月15日付
  57. ^ ジェットスター日本国内線フライトスケジュール 2020年10月25日~2021年3月27日 (PDF)”. ジェットスター (2020年9月1日). 2020年11月7日閲覧。
  58. ^ お食事とお飲物”. と機内サービス. ジェットスター・ジャパン. 2012年11月23日閲覧。
  59. ^ Jetstar Japan Magazine Ink eMagazines
  60. ^ パワープッシュによるジェットスターのプッシュバック
  61. ^ パワープッシュユニット会社資料(英文)
  62. ^ ジェットスター・ジャパン、日本航空及びカンタス航空とコードシェア・マイレージ提携ジェットスター・ジャパン 2013年2月26日プレスリリース
  63. ^ JALマイレージバンク 日本航空
  64. ^ JAL、ジェットスター・ジャパンとコードシェアおよびマイレージ提携を開始日本航空 2013年2月26日プレスリリース
  65. ^ ジェットスター・ジャパン 今秋 国際線参入
  66. ^ ジェットスター・ジャパン、LCC初となる貨物事業を開始 〜国内貨物輸送における新たな選択肢を提供〜 ジェットスター・ジャパン 2013年7月25日付
  67. ^ ジェットスター・ジャパン、日系LCCで初、エアロジスティクス・ジャパンと提携して航空貨物事業に参入 YAHOO! JAPAN ニュース 2013年7月26日付
  68. ^ a b 持続的な物流ネットワークの構築に向けてフレイターの運航を2024年4月から開始”. ヤマトホールディングス株式会社・日本航空株式会社 (2022年1月21日). 2022年2月22日閲覧。
  69. ^ 中学生「ヤマト貨物機なぜJJP運航?」 JAL&東大「コラボ授業」がレベル高い”. 乗りものニュース. p. 2 (2022年2月22日). 2022年2月22日閲覧。
  70. ^ ヤマトはなぜA321P2Fを選んだのか 特集・LCCで飛ばすヤマトとJAL貨物機事業”. Aviation Wire (2022年1月22日). 2022年2月22日閲覧。
  71. ^ 他社便へ振り替えた、ジェットスター・ジャパン“禁じ手”使って大丈夫? Avation Wire 2012年8月7日
  72. ^ “格安航空、初日から欠航 ジェットスター・ジャパン”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2012年7月4日). http://jp.wsj.com/Japan/Economy/node_471653 
  73. ^ “ジェットスター、就航初日に欠航 「前便で手間取り」”. 朝日新聞. (2012年7月4日). http://www.asahi.com/national/update/0704/TKY201207040303.html 2012年7月16日閲覧。 
  74. ^ “ジェットスター新千歳発の最終便欠航 就航初日に続きトラブル”. 北海道新聞. (2012年7月12日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/387184.html 2012年7月16日閲覧。 [リンク切れ]
  75. ^ ジェットスター・ジャパン、座席使用料を400円過大請求 Aviation Wire 2012年7月23日
  76. ^ ジェットスター・ジャパン、支払手数料を超過請求 予約システムに不具合か Aviation Wire 2013年3月18日
  77. ^ “路線開設3カ月で…ジェットスター 関空-成田線を減便”. MSN産経ニュース. (2012年10月16日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/121016/wec12101619570014-n1.htm 
  78. ^ “関空の第2拠点化、12月6日へ再延期 日航系LCCのジェットスターJ”. MSN産経ニュース. (2012年11月15日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121115/biz12111519060024-n1.htm 
  79. ^ a b “国交省、ジェットスターJに厳重注意 基準未達の整備士問題で 関空第2拠点化など先送り”. MSN産経ニュース. (2012年11月16日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121116/biz12111618060015-n1.htm 
  80. ^ “ジェットスター・ジャパンの福岡便が初日から欠航”. MSN産経ニュース. (2012年8月24日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/120824/wec12082412440004-n1.htm 2012年11月23日閲覧。 
  81. ^ 【特報】ジェットスター・ジャパン、大分で機材故障 タイヤに傾き 2日に発生もサイトで告知せず Aviation Wire 2013年4月4日
  82. ^ 【続報】ジェットスター・ジャパン、3000人に影響 大分での機材故障 Aviation Wire 2013年4月4日
  83. ^ ジェットスター:副操縦士、飛行中の写真を女性に送信 毎日新聞 2015年8月21日
  84. ^ ジェットスター、システムメンテナンス実施中 空港でのチェックインは手作業に”. Traicy (2018年3月3日). 2018年3月4日閲覧。
  85. ^ ジェットスター、システムメンテナンスの影響で遅延・欠航多数” (2018年3月3日). 2018年3月4日閲覧。
  86. ^ ジェットスター・ジャパン機、マニラで滑走路から逸脱 - 朝日新聞 2019年12月14日
  87. ^ “ジェットスターに厳重注意へ…整備士が経験不足”. 読売新聞. (2012年11月16日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121116-OYT1T00756.htm?from=ylist 
  88. ^ ジェットスター・ジャパン(株)及びエアアジア・ジャパン(株)に対する厳重注意について 国土交通省報道発表資料 2013年10月9日付

関連項目[編集]

外部リンク[編集]