芝山鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
芝山鉄道株式会社
Shibayama Railway Co,.Ltd.
Shibayama Railway Logo.SVG
SR-shibayamachiyoda-2.jpg
芝山千代田駅(兼本社建屋)
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 芝鉄
本社所在地 日本の旗 日本
289-1601
千葉県山武郡芝山町香山新田148-1
設立 1981年昭和56年)5月1日
業種 陸運業
事業内容 鉄道事業、他
代表者 代表取締役社長 豊田一城
資本金 1億円
従業員数 14人
主要株主 成田国際空港株式会社 68.39%
千葉県 14.59%
株式会社日本航空 3.46%
京成電鉄株式会社 3.46%
株式会社みずほコーポレート銀行 1.48%
他 (2006年3月31日現在)
外部リンク www.sibatetu.co.jp/
テンプレートを表示

芝山鉄道株式会社(しばやまてつどう)は、千葉県成田国際空港付近に路線を有する第三セクター方式の鉄道会社である。

成田国際空港株式会社連結子会社であり、千葉県、京成電鉄日本航空芝山町成田市なども出資している。本社所在地は千葉県山武郡芝山町。

沿革[編集]

芝山鉄道は、成田空港が建設されることによって東西方向の交通が寸断され不便を被ることになる空港東側地域の住民や企業への補償として、国が当時の京成本線の(旧)成田空港駅(現在の京成東成田線東成田駅)以遠を第三セクター方式で延伸する形で建設を約束した鉄道である。

会社設立は1981年昭和56年)5月1日で、1988年(昭和63年)6月24日に「芝鉄成田空港駅」(仮称、 当時の旧成田空港駅、現在の東成田駅に隣接して開業する予定だった新駅)-「整備場前駅」(仮称、現在の芝山千代田駅)間 2.0 kmの事業免許を取得した。

当初は小型電車で線内折り返し運転を計画していたが、のちに地元からの要望を容れて通常車両で(旧)成田空港駅を介して京成成田駅まで片乗り入れ直通運転することとし、「芝鉄成田空港駅」を除く形で1990年(平成2年)12月25日に工事施工が認可された。

この間に成田新幹線計画が消滅したことを受けて、京成電鉄はすでに構築されていた同線の施設の一部を活用して空港ターミナルに直接乗り入れることになり、1991年(平成3年)3月21日に第1ターミナル真下に現在の成田空港駅が開業、こちらが京成本線となり、それまでの(旧)成田空港駅は新たに京成東成田線の東成田駅に改称された。

芝山鉄道線路線図

着工は遅れ、その間芝山鉄道は成田空港内で手荷物預かり所を運営していたが、1993年(平成5年)9月20日から12回にわたって開催された隅谷調査団主宰の成田空港問題円卓会議で今後の成田空港の整備を民主的手続きで進めていくことが約束されたことを受けて、芝山鉄道の建設はついに具体化した。

1996年(平成8年)12月27日には、京成電鉄との相互直通運転に運転計画の変更が認可され、1998年(平成10年)1月22日に着工[1]。しかし計画ルートに空港反対派の所有地が含まれていたため同意が得られず、このため建設は一時凍結された。結局この未買収地を半径160mのカーブで迂回することとなり、2000年(平成12年)6月20日にルートの一部変更とこれにともなう 0.2 km の路線延長が認可され、以後建設は急加速した。2001年(平成13年)4月26日にはそれまで仮称だった「整備場前駅」の正式駅名が芝山千代田駅に決定し、2002年(平成14年)10月27日に東成田駅 - 芝山千代田駅間が開業した。


路線[編集]

自社で路線を全く保有しない第二種鉄道事業者を除く、普通鉄道のみを保有する鉄道会社の中では、日本一保有する路線が短い。

将来的には芝山町中心部を経由して九十九里海岸方面への延伸も検討されており、それまでの代替処置として芝山鉄道延伸連絡協議会による空港シャトルバスが「横芝屋形海岸」まで運行されている。

在籍車両[編集]

現有車両[編集]

  • 3500形
    2013年4月1日より京成電鉄からのリース車両は、従来の3600形に代わり、3500形の3540編成4両編成に変更された[2]。2013年5月より成田空港キャラクターの「クウタン」をデザインしたラッピング編成となっている[3]

過去の車両[編集]

芝山鉄道3600形電車
  • 3600形
    2013年3月末日までは京成電鉄から3618編成8両編成1本をリースしていた(その後京成に返却)。帯を京成の赤+青から芝山鉄道のイメージカラーである赤+緑[注釈 1][4]に換え、社名プレートは「Keisei」のロゴの上に「芝山鉄道」ステッカーを貼り、また先頭車の前面上部右側には芝山鉄道の社章を貼って運用した。
  • 当初は京成電鉄で廃車となった旧3050形を譲渡される予定だったが、耐用年数等から実現には至らなかった。

運賃[編集]

大人普通旅客運賃:全線200円(小児100円)(2014年4月1日改定[5]

なお、芝山鉄道はPASMOに加盟していないため、PASMOやSuicaなどのIC乗車券が利用できない。京成電鉄管轄の東成田駅にはIC乗車券対応の自動改札機があるが、芝山千代田駅はこれに対応していないため、芝山鉄道を利用する際には磁気式定期券切符での利用となる。

運営上の特徴[編集]

走行する列車には警察官が警乗しているが、これは成田空港建設反対運動に関連した過激派のテロ行為が京成電鉄にも及んでいたためである[6][注釈 2]

注釈[編集]

  1. ^ 赤は太陽を、緑は芝山の緑の大地をイメージする。緑色は芝山町の色でもある。
  2. ^ 1978年「京成スカイライナー放火事件」等。

出典[編集]

  1. ^ 鉄道ピクトリアル』第48巻第4号、電気車研究会1998年4月、 110頁。
  2. ^ 所属車両を変更します - 芝山鉄道ホームページお知らせ 2013年3月28日
  3. ^ 千葉県の芝山鉄道3500形を使用、成田空港35周年ラッピング電車を運行開始”. マイナビニュース (2013年5月13日). 2014年11月5日閲覧。
  4. ^ 日本鉄道運転協会「運転協会誌」2003年1月号ニュース 芝山鉄道「芝山から都心へ芝山鉄道開業」記事。
  5. ^ 鉄道旅客運賃の改定について - 芝山鉄道、2014年3月10日
  6. ^ 封印された鉄道史』pp.26-28

参考文献[編集]

外部リンク[編集]