ハーレクィンエア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本航空 > 日本エアシステム > ハーレクィンエア
ハーレクィンエア
Harlequin Air
HLQ-logo.png
IATA
JH
ICAO
HLQ
コールサイン
Harlequin
設立 1997年
ハブ空港 福岡空港
保有機材数 2
親会社 日本エアシステム
本拠地 日本の旗 日本 福岡県福岡市
外部リンク http://www.harlequin-air.co.jp/
テンプレートを表示
株式会社ハーレクィンエア
Harlequin Air Corporation
種類 株式会社
本社所在地 144-0041
東京都大田区羽田空港3丁目5-1
設立 1997年1月20日
業種 サービス業
事業内容 労働者派遣法に基づく人材派遣に関する事業
代表者 代表清算人 阪倉徹
資本金 2,000万円
主要株主 日本航空インターナショナル 100%
外部リンク なし
特記事項:2008年3月31日解散、同年10月10日清算終了。
テンプレートを表示

株式会社ハーレクィンエアHarlequin Air Corporation (HLQ) )は、過去に航空運送事業を行っていた、日本企業である。

概要[編集]

設立[編集]

1997年1月20日、日本エアシステム(現・日本航空)の完全子会社として設立される。本社は当初日本エアシステム本社内だったが、1998年6月25日に福岡県福岡市に移転した。福岡空港を拠点空港とし、主に国際線チャーター便や国際線ウェット・リース便の運航、国内線ウェット・リース便の運航を行っていた。

日本エアシステムの経営状況の悪化を受けて、2000年3月にDC-10-30ノースウエスト航空に売却、国際線チャーター便から撤退。以後、MD-81を用いた国内線・国際線のウェット・リース便の運航を日本エアシステム並びに経営統合後のJALグループ各社に対し行う。フルカラー塗装された機体はDC-10がJA8550、MD-81がJA8552だった。

DC-10-30型(JA8550)
MD-81型(JA8552)

会社解散[編集]

2005年4月30日、航空運送事業を終了、人材派遣事業に業態変換(定款(登記)上の目的変更は同年6月30日。目的変更以前から人材派遣は目的にあった)。同時にハーレクィンの客室乗務員は、航空業務終了後は日本航空への派遣乗員となった。同年8月1日に東京国際空港内に本社を移転した。2008年3月31日、派遣業からも撤退、解散。同年10月10日に清算終了し、完全消滅した。

航空会社コード[編集]

ハーレクィンエアの2レター航空会社コード「JH」は、フジドリームエアラインズが使用している(2016年6月現在)。

サービス[編集]

国際線で運航されていたDC-10-30型機では、独自のファーストクラス「プレミアムクラス(PREMIUM CLASS)」を設置し、充実したエンタテイメントやプレミアム・エコノミークラスとともにスリッパや歯ブラシなどのアメニティを提供するなどサービスを売りにしていた。

またオリジナルの機内誌である「The World」が無料で乗客に配布されており、ハブ空港としている福岡をはじめとした国内外の情報を掲載していた。

ハーレクイン」の名前のとおり、ピエロをモチーフとしており、就航イベントなどではこのイメージにのっとったものが開かれた。客室乗務員の制服もこのイメージカラーを用いたものであった。