東邦航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東邦航空
TOHO AIR SERVICE
IATA
-
ICAO
THK
コールサイン
-
法人番号 7010601031312
設立 1960年7月7日
親会社 川田工業株式会社
代表者 宇田川雅之代表取締役社長)
外部リンク http://www.tohoair.co.jp
テンプレートを表示
東邦航空株式会社
TOHO AIR SERVICE Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
136-0082
東京都江東区新木場四丁目7番51号
東京ヘリポート
設立 1960年7月7日
業種 空運業
法人番号 7010601031312
事業内容 航空運送事業等
代表者 宇田川雅之代表取締役社長)
資本金 180,000,000円
純利益 7113万円(2019年3月31日時点)[1]
総資産 58億1492万3000円(2019年03月31日時点)[1]
決算期 3月31日
主要株主 川田工業株式会社 66.6%
外部リンク http://www.tohoair.co.jp
テンプレートを表示
御蔵島ヘリポートに到着した東邦航空のヘリコプターS-76

東邦航空株式会社(とうほうこうくう)は、日本で唯一のヘリコミューター輸送を行っている航空会社である。

概要[編集]

高速回転翼航空機である「シコルスキーS-76」でヘリコミューター輸送を行っている。また、ヘリコプターを使用した山小屋への物資荷上げや、送電線建設、遊覧飛行なども行っている。2011年にはドクターヘリ事業を開始した。川田工業の連結子会社である。

かつてはヘリコプターを使用した民間山岳遭難救助活動も行っており、2000年には山岳救助部門を有限会社トーホーエアーレスキューとして分社化したが、2002年にヘリコプターを利用した民間山岳救助のパイオニア的存在であった同社代表の篠原秋彦が救助活動中の事故により死亡し、山岳遭難救助から撤退した。

沿革[編集]

事故・インシデント[編集]

1980年代前半は農薬散布中の事故が多発した。2000年代以降は資材輸送、物資輸送中の事故が多く発生している。

就航路線[編集]

  • 八丈島 - 青ヶ島 - 八丈島 - 御蔵島 - 三宅島 - 大島 - 利島 - 大島 - 三宅島 - 御蔵島 - 八丈島

(すべて1日1便・通年運航)

主な運航機種[編集]

  • アエロスパシアル
SA365N1 AS365N2.3 ドーファン2、AS355F2 エキュレイユ2、AS350B、AS350B2、AS350B3 エキュレイユ、SA341G ガゼル
  • シコルスキー
S-76C+、S-76C++
  • ユーロコプター
EC155B、EC135P1、EC135T1、EC135T2
  • 川崎
BK117C-2
  • ベルヘリコプター
ベル412EP
  • セスナ
172N/Pスカイホーク

事業所[編集]

主要取引先[編集]

  • 官公庁
国土交通省東北地方整備局関東地方整備局北陸地方整備局)、環境省林野庁日本気象協会
  • 都・県
岩手県山形県群馬県東京都新潟県富山県静岡県奈良県和歌山県東京都島しょ振興公社
  • 新聞社・通信社
産業経済新聞社日本経済新聞社信濃毎日新聞河北新報社山形新聞社共同通信社
  • 放送局・放送関係
日本放送協会NHKアイテック日本電気池上通信機ソニー加藤電気工業所電気興業デンロコーポレーション東通インターナショナル
NNN系列:日本テレビ放送網テレビ信州宮城テレビ放送
ANN系列:テレビ朝日静岡朝日テレビ長野朝日放送新潟テレビ21東日本放送
JNN系列:東北放送
FNN系列:フジテレビジョン仙台放送
  • 観光
藤田観光ジェイティービー白馬観光開発、苗場山観光、東海フォレスト北アルプス山小屋組合
  • その他
大日本コンサルタントアジア航測JR東日本日本ケーブルNIPPO新日本製鐵神戸製鋼所王子木材緑化日清医療食品
石原コーポレーション合同会社

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 東邦航空株式会社 第59期決算公告
  2. ^ “群馬ヘリ墜落:機長はベテラン 大震災直後に被災地上空へ”. 毎日新聞. (2017年11月9日). オリジナルの2018年8月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180811162911/mainichi.jp/articles/20171109/k00/00e/040/254000c 2017年11月9日閲覧。 
  3. ^ 東京都庁総務局、公益財団法人東京都島しょ振興公社 (2012年11月5日). “東京の島々を結ぶ「東京愛らんどシャトル」搭乗者30万人達成!”. 報道発表資料. 東京都庁. 2018年1月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年1月28日閲覧。
  4. ^ 東京愛らんどシャトル30万人達成 - 東邦航空
  5. ^ “群馬県上野村でヘリが墜落 乗員4人が死亡”. 産経新聞. (2017年11月8日). http://www.sankei.com/affairs/news/171108/afr1711080026-n1.html 2017年11月8日閲覧。 
  6. ^ 墜落ヘリ、部品交換怠る 東邦航空に事業改善命令 群馬ヘリ墜落”. 産経ニュース (2018年2月2日) 2018年8月10日閲覧。
  7. ^ “群馬県の防災ヘリ墜落 県境山中で発見”. 毎日新聞. (2018年8月10日). http://mainichi.jp/articles/20180811/k00/00m/040/158000c 
  8. ^ 群馬防災ヘリ墜落、9人全員死亡 航空隊員ら、運輸安全委が調査”. 共同通信社 (2018年8月11日). 2018年8月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年8月11日閲覧。
  9. ^ 実刑確定男、収監に抵抗し刃物振り回し車で逃走 : 国内”. 読売新聞オンライン (2019年6月19日). 2019年6月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年6月20日閲覧。
  10. ^ テレ朝ヘリ、取材中に緊急着陸 エンジンに不具合:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年6月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]