神奈川県災害医療拠点病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
災害拠点病院 > 神奈川県災害医療拠点病院

神奈川県災害医療拠点病院(かながわけんさいがいいりょうきょてんびょういん)とは、神奈川県における病院などの後方医療機関として、地域の医療機関を支援する機能を有する病院のことである。重症・重篤な傷病者を受け入れるなど、災害時の医療救護活動において中心的な役割を担う病院として位置づけられている。

なお、日本ではこのような病院を一般に災害拠点病院と呼ぶが、神奈川県においては災害医療拠点病院と呼称される。

機能[編集]

  1. 救命医療を行うための高度診療機能
  2. 被災地からの重症傷病者の受け入れ機能
  3. 傷病者の広域後方搬送への対応機能
  4. 医療救護班の派遣機能
  5. 地域医療機関への応急用医療資機材の貸し出し機能

神奈川県内の災害拠点病院の一覧[編集]

(33の病院 総病床数18,295床)

川崎市北部保健医療圏[編集]

川崎市南部保健医療圏[編集]

横浜市北部保健医療圏[編集]

横浜市西部保健医療圏[編集]

横浜市南部保健医療圏[編集]

横須賀・三浦保健医療圏[編集]

湘南東部保健医療圏[編集]

湘南西部保健医療圏[編集]

県央保健医療圏[編集]

相模原保健医療圏[編集]

県西保健医療圏[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]