富山県立中央病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 富山県立中央病院
Toyama Prefectural Central Hospital.JPG
情報
英語名称 Toyama Prefectural Central Hospital
前身 不二越病院
標榜診療科 内科、精神科、神経内科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、産婦人科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、歯科口腔外科、放射線科、麻酔科
許可病床数

765床
一般病床:665床
精神病床:80床


結核病床:20床
機能評価 一般500床以上:Ver5.0
開設者 富山県
管理者 飯田博行(病院長)
地方公営企業法 一部適用
開設年月日 1942年11月1日
所在地
930-8550
富山県富山市西長江二丁目2番78号
位置 北緯36度41分33秒 東経137度14分16秒 / 北緯36.69250度 東経137.23778度 / 36.69250; 137.23778
二次医療圏 富山医療圏(富山市、滑川市中新川郡
PJ 医療機関
テンプレートを表示

富山県立中央病院(とやまけんりつちゅうおうびょういん、Toyama Prefectural Central Hospital)は、富山県富山市にある医療機関。富山県病院事業の設置等に関する条例(昭和41年12月23日富山県条例第59号)に基づき富山県が運営する病院である。病院の設置目的は、「県民に対し、高度の医療を提供するため」(条例第1条)である。

概要[編集]

富山県東部の中核的な医療機関であり、地域医療の中心的役割を果たしている。県内で救命救急センターを有する病院は、高岡市厚生連高岡病院と当院の2つのみである。また、災害拠点病院(基幹災害医療センター)に指定されている。

2015年平成27年)8月24日には、当院を基地として富山県はドクターヘリの運行を開始[1]。それに先立ち岐阜県とドクターヘリの富山県と岐阜県飛騨地区北部との共同広域運行について2015年平成27年)7月10日協定を締結し[2]、同日より連携運行も始まった[1]。岐阜県側の運用地区は高山市、飛騨市、白川村の2市1村となる[1][3]

沿革[編集]

診療科目[編集]

一般施設[編集]

交通アクセス[編集]

バス停留所[編集]

  • 正面玄関前に富山地方鉄道の路線バスが発着するバス停留所(停留所名は中央病院)がある。
  • また、南へ徒歩5分のところにある石金停留所からは藤の木・高原西口・西の番・五百石駅方面へのバスが、北へ徒歩5分のところにある双代町停留所からは新庄新町・上飯野・針原・水橋方面へのバスがそれぞれ利用できる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 青池学 (2015年8月24日). “ドクターヘリ、運航開始 きょうから、県立中央病院”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 富山全県版 
  2. ^ 豊平森 (2015年7月11日). “県ドクターヘリ、岐阜と運航協定 飛騨地方でも役立て”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 富山全県版 
  3. ^ 「ドクターヘリ共同運航へ協定締結 富山・岐阜知事症例検討委を設置」北日本新聞 2015年7月11日3面

関連項目[編集]

外部リンク[編集]