岐阜大学医学部附属病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 岐阜大学医学部附属病院
GIFU-U hospital.jpg
情報
正式名称 国立大学法人岐阜大学医学部附属病院
英語名称 Gifu University Hospital
前身 岐阜県立女子医学専門学校附属病院
標榜診療科 内科、外科他17科
許可病床数

606床
一般病床:569床


精神病床:37床
機能評価 一般500床以上:Ver6.0
開設者 国立大学法人岐阜大学
管理者 森脇久隆(病院長)
開設年月日 1967年
所在地
501-1194
位置 北緯35度28分3.9秒 東経136度44分2.1秒 / 北緯35.467750度 東経136.733917度 / 35.467750; 136.733917 (岐阜大学医学部附属病院)座標: 北緯35度28分3.9秒 東経136度44分2.1秒 / 北緯35.467750度 東経136.733917度 / 35.467750; 136.733917 (岐阜大学医学部附属病院)
二次医療圏 岐阜
PJ 医療機関
テンプレートを表示

岐阜大学医学部附属病院(ぎふだいがくいがくぶふぞくびょういん)は、岐阜県岐阜市にある国立岐阜大学の附属大学病院

特定機能病院の承認を受けるほか、臨床研修病院高度救命救急センター災害拠点病院(基幹災害医療センター)に指定されている。

9階建ての建物であり、床面積は61,000m2。1階から3階が外来、中央診療部。4階から9階が病棟となっている。病床数は606床。

沿革[編集]

診療科[編集]

実際には、内科、外科は各臓器ごとの専門の診療科に細分される。紹介状のある外来患者は、直接専門診療科で処方されるが、紹介状のない外来患者は、総合診療部で受診し、専門診療科で処方される。

細分化した場合、総合診療部を合わせて診療科は28科になる。これに、中央診療施設の17部が加わる。

交通アクセス[編集]

公共交通機関としては、岐阜バスがある。「岐阜大学病院」バス停下車。

9番のりば:C70 岐阜大学病院(忠節橋正木マーサ前経由)行き
9番のりば:N45 岐阜大学病院(長良橋・さぎ山経由) 行き
4番のりば:N45 岐阜大学病院(長良橋・さぎ山経由) 行き
5番のりば:C70 岐阜大学病院(忠節橋・正木マーサ前経由)

※ 備考:N45(長良橋経由)は、他の系統に比べ遠回りとなる。

その他[編集]

司町の旧病院建屋(2007年撮影)

脚注[編集]

  1. ^ 豊平森 (2015年7月11日). “県ドクターヘリ、岐阜と運航協定 飛騨地方でも役立て”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 富山全県版 
  2. ^ 岐阜県、新たに5病院災害拠点に中日新聞2011年10月27日付、岐阜県地震災害等医療救護計画 (PDF) (岐阜県、2011年10月)12頁、いずれも2011年10月31日閲覧。
  3. ^ 山岸玲 (2017年4月15日). “岐大病院に呼吸器センター 治療と専門医育成へ 地域医療機関と連携強化も”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 岐阜全県版 

外部リンク[編集]