熊本赤十字病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 熊本赤十字病院
病院外観
情報
英語名称 Kumamoto Red Cross Hospital
標榜診療科 内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、小児科、神経内科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、小児外科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、皮膚科、ひ尿器科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、歯科、歯科口腔外科
許可病床数

480床


一般病床:490床
開設者 日本赤十字社熊本県支部(熊本県知事
管理者 一二三 倫郎(院長)
所在地
861-8520
熊本県熊本市東区長嶺南二丁目1番1号
位置 北緯32度48分29.1秒 東経130度45分47.8秒 / 北緯32.808083度 東経130.763278度 / 32.808083; 130.763278 (熊本赤十字病院)座標: 北緯32度48分29.1秒 東経130度45分47.8秒 / 北緯32.808083度 東経130.763278度 / 32.808083; 130.763278 (熊本赤十字病院)
二次医療圏 熊本
PJ 医療機関
テンプレートを表示
赤十字の標章

熊本赤十字病院(くまもとせきじゅうじびょういん)は、熊本県熊本市東区に位置する医療機関である。日本赤十字社熊本県支部が運営する病院。 また、熊本県災害拠点病院に指定され、地域がん診療連携拠点病院であり、救命救急センター地域周産期母子医療センター、小児救命救急センターを持つ。旧熊本空港跡地に建設されているため、熊本県内の病院では敷地の面積が最も大きい。血液センターを併設している。

沿革[編集]

  • 1944年(昭和19年)4月 - 日本赤十字社熊本支部診療所開設。
  • 1945年(昭和20年)2月 - 支部建物内に診療所移転。
  • 1950年(昭和40年)5月 - 熊本赤十字病院へ改称。
  • 1975年(昭和50年)5月 - 熊本市水道町から現在地へ移転。
  • 1980年(昭和55年)10月 - ドクターカー運用開始。
  • 2000年(平成12年)6月 - 特殊医療救護車両(ディザスターレスキュー)完成。
  • 2004年(平成16年)2月 - 熊本県小児救急医療拠点病院の指定。
  • 2007年(平成19年)4月 - 熊本県地域周産期母子医療センターの認定。 
  • 2008年(平成20年)2月 - 地域がん診療連携拠点病院の指定。

診療科[編集]

特殊医療救護車両
ディザスターレスキュー
熊本赤十字病院
(マイクロバス型&救急車型)
救命救急センターの
救急車型ドクターカー
  • 内科
  • 神経内科
  • 消化器科
  • 呼吸器科
  • 循環器科
  • 小児科
  • 外科
  • 小児外科
  • 整形外科
  • 脳神経外科
  • 心臓血管外科
  • 形成外科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • リハビリテーション科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 歯科・歯科口腔外科
  • 集中治療部
  • 病理部
  • 腎センター
  • 総合血管センター
  • 切断肢(指)再接着センター
  • 総合鏡視下手術センター
  • 救命救急センター
  • 不妊看護相談
  • セカンドオピニオン外来
  • 頭痛外来 
  • がん診療連携外来

医療機関の指定等[編集]

日赤熊本救護班が出動した主な災害[編集]


交通アクセス[編集]

  • 九州自動車道 熊本インターチェンジJR水前寺駅から車で約15分。熊本空港から車で約20分。熊本交通センター、JR熊本駅から車で25分。
  • 熊本交通センターより熊本都市バス(鹿10・味1・味2・県1・県2・県3系統)・産交バス(鹿7・鹿8系統)で30-40分、「日赤病院構内」下車。ラッシュ時以外は鹿系統が速達で、運賃も安い。
  • JR水前寺駅からは、南口の「水前寺駅前」から熊本都市バスの味2系統で15分。ただし本数が少ないため、北口から徒歩2分の「熊高(くまたか)正門前」より、熊本都市バスの味1系統が望ましい。「日赤病院構内」下車
  • 健軍電停前バス停より熊本都市バス(健1・健3系統)で15分、「日赤病院構内」下車互いにバス停が違うので注意が必要。
  • 東バイパスライナー(産交バス・熊本電鉄バス熊本バス熊本都市バスの4社による共同運行、土日祝祭日及び12月29日~1月3日は運休)長嶺団地行き 「日赤病院構内」下車
    • 交通センター・健軍方面へのバス及び東バイパスライナーの西部車庫行きは、「日赤病院構内」バス停には停車しないため、近隣の「日赤病院前」バス停からしか乗車できないので注意が必要である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]