航空機動衛生隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
航空機動衛生隊
Aero Medical Evacuation Squadron
JASDF Kido-Eisei Unit left rear view at Komaki Air Base February 23, 2014.jpg
小牧基地公開で展示された機動衛生ユニット
創設 2006年10月1日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
部隊編制単位
兵科 衛生
所在地 愛知県小牧基地
編成地 愛知県小牧基地
上級単位 航空支援集団
担当地域 日本全国
テンプレートを表示

航空機動衛生隊(こうくうきどうえいせいたい、英称:Aero Medical Evacuation Squadron)は、航空自衛隊航空支援集団隷下の衛生部隊である。小牧基地に所属し、衛生機材として機動衛生ユニットを運用する。

概要[編集]

航空自衛隊に設置された機動衛生検討委員会において、輸送機で重症患者を搬送する方法が検討され、[1]装備として機動衛生ユニットが開発されると共に、運用部隊として2006年(平成18年)10月1日に航空機動衛生隊が新編され、同年同月19日に編制完結行事が行われた。隊長は岐阜基地の自衛隊岐阜病院の医官たる一等空佐が兼務する。2014年(平成26年)3月に防衛大臣直轄より、航空支援集団隷下へと異動した[2]

任務[編集]

主な任務は以下の3つである。このうち「重傷救急患者に対する機上医療等」は、航空機内で医官が治療行為を継続しつつ重症患者を空中輸送する。使用する航空機は、第1輸送航空隊C-130H輸送機で、これに機動衛生ユニットを搭載する。

  1. 重傷救急患者に対する機上医療等
  2. 機上医療等に必要な調査研究
  3. 救急に関する識能の部隊等に対する普及教育

長距離患者搬送実績[編集]

都道府県知事などの要請による災害派遣(患者輸送)として、C-130H輸送機へ搭載した機動衛生ユニットにより、ドクターヘリなどが対応できない重症患者の長距離患者搬送を行っている。2014年11月22日現在の累計搬送回数は13回である。[3][4]

沿革[編集]

8月30日 - 平成26年度広域医療搬送訓練に参加[8]
10月11日 - 中部ブロックDMAT実働訓練に参加[9]
11月8日 - 東北方面隊震災対処訓練「みちのくALERT2014」に参加[9][10]
  • 2015年(平成27年)9月1日 - 平成27年度大規模地震時医療活動訓練に参加[11]

部隊編成[編集]

  • 航空機動衛生隊
    • 総括班[7]
    • 第1機動衛生班[7]
    • 第2機動衛生班[7]

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
航空機動衛生隊長 1等空佐 田村信介 2019年04月01日 航空幕僚監部首席衛生官付衛生官(薬務担当)
歴代の航空機動衛生隊長
(1等空佐)
氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職
01 牧野信也 2006年10月01日 - 2008年09月30日 防衛医大 航空幕僚監部衛生官 航空支援集団司令部医務官
02 野上弥志郎 2008年10月01日 - 2011年07月31日
※2009年07月01日 1等空佐昇任
防衛医大
(2等空佐)
航空医学実験隊第3部長
防衛医科大学校講師
03 石川誠彦 2011年08月01日 - 2011年07月31日 防衛医大 中部航空方面隊司令部医務官
04 辻本哲也 2014年03月26日 - 2016年07月31日 防衛医大 自衛隊三沢病院副院長
兼 診療部長
統合幕僚監部首席後方補給官付
後方補給官
兼 後方補給室勤務
05 宮脇博基 2016年08月01日 - 2017年09月30日
※2017年01月01日 1等空佐昇任
防衛医大 統合幕僚監部首席後方補給官付
後方補給室勤務
(2等空佐)
航空支援集団司令部勤務
06 山口大介 2017年10月01日 - 2019年03月31日 航空医学実験隊勤務
兼 航空支援集団司令部勤務
航空幕僚監部首席衛生官付衛生官
07 田村信介 2019年04月01日 - 航空幕僚監部首席衛生官付衛生官
(薬務担当)

登場作品[編集]

小説
  • 福田和代 『天空の救命室 航空自衛隊航空機動衛生隊』 (徳間書店)

脚注・出典[編集]

  1. ^ 「海堂尊、医療最前線をゆく〈29〉空飛ぶICU」Voice 2013年9月号
  2. ^ 航空自衛隊 航空支援集団ウェブサイト 航空支援集団の歴史
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 航空機動衛生隊ウェブサイト 各種実績 2014年11月22日閲覧
  4. ^ a b 累計搬送回数について、航空支援集団ウェブサイトでは、初回の東日本大震災による災害派遣の事例を除いてカウントしているため、本記事においても同様に表記している。
  5. ^ 「急患の生後5か月男児、空自輸送機で搬送」 読売新聞 2014年11月22日
  6. ^ a b c 航空機動衛生隊ウェブサイト 航空機動衛生隊について2017年11月18日閲覧
  7. ^ a b c d e イカロス出版 Jwing No.242 2018年10月号 50頁 「わく!わく!日本の新装備 第44回 機動衛生ユニット」津川裕輝
  8. ^ 統合幕僚監部報道発表資料26.8.25平成26年度広域医療搬送訓練への参加について2017年11月18日閲覧
  9. ^ a b 航空機動衛生隊ウェブサイト 各種実績2017年11月18日閲覧
  10. ^ 東北方面総監部広報室お知らせ26.10.7「みちのくALERT2014」の概要について2017年11月18日閲覧
  11. ^ 統合幕僚監部報道発表資料27.8.26平成27年度大規模地震時医療活動訓練への参加について2017年11月18日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]