北部方面航空隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北部方面航空隊
創設 1954年(昭和29年)1月10日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 航空科
所在地 北海道 札幌市
編成地 札幌
上級単位 北部方面隊
担当地域 北海道
テンプレートを表示

北部方面航空隊(ほくぶほうめんこうくうたい、JGSDF Northern Army Aviation Group)は、北海道札幌市丘珠駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊北部方面隊直轄の航空科部隊。対戦車ヘリコプターによる戦闘及び方面隷下の各部隊に対する航空偵察・空中機動・航空輸送・指揮連絡等を主任務とする。主力は丘珠駐屯地に、第1対戦車ヘリコプター隊は帯広駐屯地にそれぞれ駐屯している。飛行場運用を担当する管制気象隊のみ管内各飛行場単位で配置されている。

沿革[編集]

  1. 北部方面飛行隊を廃止し、北部方面航空隊本部付隊を新編。方面飛行隊所属のOH-6部門は方面ヘリコプター隊本部付隊に、LR-1部門は本部付隊にそれぞれ編入。
  2. 第2飛行隊が第2師団隷下に、第5飛行隊が第5師団隷下に、第7飛行隊が第7師団隷下に、第11飛行隊が第11師団隷下にそれぞれ編入。
  • 2011年(平成23年):北部方面ヘリコプター隊にOH-1が配備。

部隊編成[編集]

特記ないものは丘珠駐屯地に所在している。

  • 北部方面航空隊
    • 北部方面航空隊本部
    • 北部方面航空隊本部付隊
    • 第1対戦車ヘリコプター隊(帯広駐屯地)
      • 本部付隊
      • 第1飛行隊
      • 第2飛行隊
    • 北部方面ヘリコプター隊
      • 本部付隊
      • 第1飛行隊
      • 第2飛行隊
    • 北部方面管制気象隊
      • 基地隊
      • 第1派遣隊(旭川駐屯地)
      • 第2派遣隊(帯広駐屯地)
    • 北部方面航空野整備隊
      • 整備隊
      • 補給隊

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
北部方面航空隊長
兼 丘珠駐屯地司令
1等陸佐 廣瀬敏彦 2017年12月20日 東部方面総監部人事部長
副隊長 1等陸佐 中薗伸吾 2018年12月20日 陸上自衛隊教育訓練研究本部
第1対戦車ヘリコプター隊長 2等陸佐 横川文彦 2017年03月23日 東部方面総監部情報部勤務
北部方面ヘリコプター隊長 2等陸佐 土子邦之 2018年08月01日 第1ヘリコプター団本部勤務
歴代の北部方面航空隊長
(特記ない限り1等陸佐・丘珠駐屯地司令兼補)
氏名 在職期間 前職 後職
01 山本末男
2等陸佐
1954年01月10日 - 1954年07月06日
02 稲垣弘信
(2等陸佐)
1954年07月07日 - 1956年09月00
03 野村浩三
(2等陸佐)
1956年09月00日 - 1957年07月00
04 西篤 1957年07月00日 - 1959年11月05日
※1959年08月01日 1等陸佐昇任
  陸上幕僚監部第5部航空班長
05 桑島康
(2等陸佐)
1959年11月06日 - 1961年07月31日 北部方面航空隊 第1航空隊長
06 谷口正義 1961年08月01日 - 1964年07月15日 陸上自衛隊航空学校教育部長 陸上自衛隊航空学校副校長
兼 企画室長
07 綾部逸雄 1964年07月16日 - 1966年07月15日 陸上自衛隊航空学校副校長
兼 企画室長
陸上幕僚監部航空課長
08 村岡英夫 1966年07月16日 - 1969年07月15日 陸上幕僚監部付 陸上幕僚監部航空課長
09 内田精三 1969年07月16日 - 1973年10月31日
※1973年03月16日 陸将補昇任
陸上幕僚監部航空課企画班長 陸上幕僚監部付
10 藤本松彦 1973年11月01日 - 1975年07月15日 北部方面航空隊副隊長 第10師団司令部幕僚長
11 高畠和明 1975年07月16日 - 1977年03月15日 陸上幕僚監部航空課器材班長 陸上自衛隊武器補給処航空部長
12 福田輝雄 1977年03月16日 - 1979年01月09日
※1977年04月01日 陸将補昇任
東部方面航空隊
立川駐とん地司令
陸上自衛隊航空学校副校長
13 高田國弥
(陸将補)
1979年01月10日 - 1980年01月15日 東部方面航空隊長
兼 立川駐とん地司令
陸上幕僚監部付
14 田村祐茂 1980年01月16日 - 1982年06月30日
※1981年04月01日 陸将補昇任
東部方面航空隊長
兼 立川駐とん地司令
第1ヘリコプター団
木更津駐屯地司令
15 安藤克彦 1982年07月01日 - 1984年03月15日
※1983年07月01日 陸将補昇任
陸上幕僚監部装備部航空機課長 第1ヘリコプター団長
兼 木更津駐屯地司令
16 磯江順巌 1984年03月16日 - 1986年03月16日 陸上自衛隊航空学校副校長 第1ヘリコプター団長
兼 木更津駐屯地司令
17 菱田楢樹 1986年03月17日 - 1988年03月15日
※1986年08月01日 陸将補昇任
陸上自衛隊航空学校宇都宮分校長
北宇都宮駐屯地司令
第1ヘリコプター団長
兼 木更津駐屯地司令
18 服部幹雄 1988年03月16日 - 1989年08月01日 陸上自衛隊航空学校霞ヶ浦分校長 退職(陸将補昇任)
19 大上正美 1989年08月01日 - 1991年08月01日 陸上自衛隊航空学校第1教育部長 退職(陸将補昇任)
20 楜澤宏樹 1991年08月01日 - 1993年08月01日 東北方面航空隊
霞目駐屯地司令
退職(陸将補昇任)
21 吉田顯彦 1993年08月01日 - 1995年06月29日 陸上幕僚監部装備部航空機課長 陸上自衛隊航空学校副校長
22 冨田稔 1995年06月30日 - 1996年06月30日 陸上幕僚監部装備部航空機課長 陸上自衛隊航空学校副校長
23 山根峯治 1996年07月01日 - 1997年06月30日 陸上幕僚監部装備部航空機課長 陸上自衛隊航空学校副校長
24 熊谷佐 1997年07月01日 - 1998年07月31日 第1ヘリコプター団副団長 陸上自衛隊航空学校霞ヶ浦分校長
25 富本啓一 1998年08月01日 - 2000年06月29日 中部方面航空隊
八尾駐屯地司令
自衛隊福岡地方連絡部
26 岩崎修治 2000年06月30日 - 2002年12月01日 健軍駐屯地業務隊 陸上自衛隊航空学校霞ヶ浦分校長
27 加藤哲司 2002年12月02日 - 2004年12月01日 陸上自衛隊航空学校霞ヶ浦分校長 退職(陸将補昇任)
28 星一男 2004年12月01日 - 2007年07月02日 陸上自衛隊航空学校霞ヶ浦分校長 統合幕僚学校教育課長
29 岸谷清満 2007年07月03日 - 2008年11月30日 陸上幕僚監部装備部航空機課長 東北方面総監部装備部長
30 大西裕文 2008年12月01日 - 2010年07月25日 陸上幕僚監部監理部総務課
庶務室長
東部方面総監部幕僚副長
(陸将補昇任)
31 斎藤剛 2010年07月26日 - 2011年06月30日 情報本部勤務 陸上自衛隊研究本部主任研究開発官
32 大山雄一 2011年07月01日 - 2013年08月01日 陸上自衛隊航空学校宇都宮分校長
兼 北宇都宮駐屯地司令
退職(陸将補昇任)
33 関口勝則 2013年08月01日 - 2015年08月03日 陸上幕僚監部装備部航空機課長 東北方面総監部人事部長
34 安井寛 2015年08月04日 - 2017年12月19日 陸上幕僚監部装備部航空機課長 東北方面総監部人事部長
35 廣瀬敏彦 2017年12月20日 - 東部方面総監部人事部長

主要装備[編集]

過去の装備[編集]

緊急患者輸送[編集]

本航空隊のLR-2は、災害派遣としての緊急患者輸送にも用いられており、たとえば近年では2015年4月30日の函館~札幌[1]、同6月5日の釧路~札幌[2]などの出動実績がある。

脚注[編集]

出典[編集]

防衛省人事発令”. 2015年8月4日閲覧。

参考文献[編集]

  • 北翔 : 航跡30年 北部方面航空隊丘珠駐屯地30年記念史(1984年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

航空隊本部付隊 ヘリコプター隊 管制気象隊 航空野整備隊 第1対戦車ヘリコプター隊