福井県立病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 福井県立病院
Fukui-Prefectural-Hospital.jpg
情報
英語名称 Fukui Prefectural Hospital
標榜診療科 内科、神経内科、循環器内科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、心臓血管外科、皮膚科、形成外科、泌尿器科、産科、婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、麻酔科、歯科口腔外科、放射線科、リハビリテーション科、精神科
許可病床数

961床
一般病床:668床
精神病床:279床
感染症病床:4床


結核病床:10床
機能評価 一般・精神500床以上:Ver6.0
開設者 福井県
管理者 村北和弘(病院長)
地方公営企業法 一部適用
所在地
910-8526(910-0846)
福井県福井市四ツ井2丁目8番6号
位置 北緯36度4分8秒
東経136度14分21秒
二次医療圏 福井・坂井
PJ 医療機関
テンプレートを表示

福井県立病院(ふくいけんりつびょういん)は福井県福井市にある県立病院。総病床数・診療科数ともに県内最大(病床数は北陸で最多)の規模をもつ病院であり、三次救急医療、精神医療、高度がん医療などを担っている。特定機能病院としては未承認であるものの総病床数、診療科目、設備の面においては承認要件を満たし、同等の設備を有している。病床数は2009年4月現在、全国第3位である。

2011年3月若狭湾エネルギー研究センターからの技術移転を受け陽子線がん治療センターが開設された。

沿革[編集]

  • 1950年(昭和25年)4月1日 - 福井県立病院創立
  • 1957年(昭和32年)9月 - 総合病院として承認
  • 1959年(昭和34年)12月 - 人間ドック開設
  • 1964年(昭和39年)6月 - 救急病院として告示
  • 1968年(昭和43年)7月 - 未熟児センター開設
  • 1970年(昭和45年)4月 - 人工透析センター開設
  • 1974年(昭和49年)4月 - 成人病センター開設
  • 1983年(昭和58年)3月 - 救命診療棟竣工、救命救急センター開設
  • 1993年(平成5年)4月 - 救命救急センター部(ICU)開設
  • 2000年(平成12年)4月 - 福井県立精神病院を組織統合
  • 2004年(平成16年)1月 - 現病院本棟竣工
  • 2004年(平成16年)5月 - 新病院本棟開院、医療情報システム導入
  • 2007年(平成19年)3月 - こころの医療センター新病棟開設
  • 2007年(平成19年)6月 - 地域医療支援病院に指定
  • 2009年(平成21年)2月 - がん医療センター開設
  • 2011年(平成23年)3月 - 陽子線がん治療センター開設
  • 2015年(平成27年)7月27日 - 陽子線がん治療センター内に「陽子線治療研究所」を開設[1]

診療科[編集]

診療部門[編集]

センター[編集]

医療ミス[編集]

2015年、1999年に胆のう摘出手術を受けた男性の腹部に、ガーゼを15年以上置き忘れる医療ミスがあったことを公表した。男性は2014年に摘出手術を受けて回復。2015年に示談が成立した。公表が1年後となったことについて病院側は「男性と示談交渉中で、影響が出ないようにした」と説明した[2]

交通アクセス[編集]

  • 京福バス
    • 33 大学病院線(県立病院・福井新聞社前経由)「県立病院前」下車。
    • 34 大学病院線(県立病院・泉田経由)「県立病院前」下車。
    • 36 県立病院・丸岡線(福井新聞社前・下安田経由)「県立病院前」下車。
    • 53 円山・重立線「県立病院前」下車。
  • コミュニティバスすまいる
    • 東~北東ルート(城東・日之出方面)「県立病院口」下車。
  • えちぜん鉄道

県内にある主な病院[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 藤共生 (2015年7月28日). “陽子線治療研究所 県立病院内に設置 治療センター”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 福井総合版 17 
  2. ^ 体内にガーゼ置き忘れ15年超 福井県立病院、60代男性と示談成立[リンク切れ]

外部リンク[編集]