杉田玄白記念公立小浜病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 杉田玄白記念公立小浜病院
Sugita Genpaku Memorial Obama Municipal Hospital01st3200.jpg 建物外観
情報
英語名称 Sugita Genpaku Memorial Obama Municipal Hospital
前身 公立小浜病院
標榜診療科 内科、救急総合診療科、精神科、呼吸器科、内科・循環器内科、小児科、外科・消化器外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、歯科口腔外科
許可病床数

456床
一般病床:296床
精神病床:100床
感染症病床:2床
結核病床:8床


療養病床:50床
機能評価 一般・精神・療養200床以上500床未満:Ver6.0
開設者 公立小浜病院組合
管理者 谷澤昭彦(病院長)
地方公営企業法 一部適用
開設年月日 1883年
所在地
917-8567
福井県小浜市大手町2番2号
位置 北緯35度29分39秒
東経135度44分45秒
二次医療圏 嶺南
法人番号 5000020188018
PJ 医療機関
テンプレートを表示
杉田玄白の銅像

杉田玄白記念公立小浜病院(すぎたげんぱくきねんこうりつおばまびょういん)は、福井県小浜市に所在する公立小浜病院組合病院である。

2007年10月1日に高度医療センター・救命救急センターが開設され、同時に名称が「公立小浜病院」から「杉田玄白記念公立小浜病院」へと変更となった。

病院名は、『解体新書』を著した杉田玄白小浜藩出身であったことに因んでおり、病院正面には杉田玄白の銅像がある。救命救急センター地域周産期母子医療センター災害拠点病院、へき地医療拠点病院などの機能を有する。病院の理念は「地域住民の皆様とともに歩み、愛され、信頼される病院[1]」。

診療科[編集]

公立小浜病院組合[編集]

公立小浜病院を設置する一部事務組合。設立当初は小浜市上中町(現・若狭町)、名田庄村(現・おおい町)が参加していたが、2003年に行われたレイクヒルズ美方病院の分院化に伴い、美浜町三方町(現・若狭町)が加わった。

施設[編集]

  • 本館
  • 救命救急センター
  • 東館
  • 西館
  • 第2病棟
  • 南館
  • アクール若狭
  • 公立若狭高等看護学院

周辺[編集]

アクセス[編集]

病院公式サイト「交通アクセス」も参照

脚注[編集]

  1. ^ 理念と基本方針”. 杉田玄白記念公立小浜病院. 2019年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]