国立病院機構仙台医療センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 国立病院機構仙台医療センター
Sendai Medical Center 20130815.JPG
情報
正式名称 独立行政法人国立病院機構仙台医療センター
英語名称 Sendai Medical Center
前身 仙台陸軍病院臨時宮城野原分院
許可病床数

698床
一般病床:650床


精神病床:48床
機能評価 一般500床以上:Ver5.0
開設者 独立行政法人国立病院機構
管理者 橋本省(院長)
開設年月日 1937年(昭和12年)
所在地
983-8520
位置 北緯38度15分39.5秒
東経140度54分27.2秒
二次医療圏 仙台[1]
PJ 医療機関
テンプレートを表示

独立行政法人国立病院機構仙台医療センター(どくりつぎょうせいほうじんこくりつびょういんきこうせんだいいりょうセンター)は、宮城県仙台市宮城野区に所在する独立行政法人国立病院機構病院である。

沿革[編集]

前史[編集]

明治4年4月23日1871年6月10日)、府藩県三治制により既に国の直轄となっていた石巻県石巻東山道鎮台の設置が決まるが、同年7月14日8月29日)の廃藩置県により仙台藩が国直轄の仙台県になると、8月20日10月4日)に同鎮台は廃止になって仙台県仙台東北鎮台が設置された。このため、軍人軍属傷病に対応するための病院が仙台に設置された。

のち、仙台陸軍病院に改称。

仙台医療センター[編集]

当地は宮城野原練兵場の北部にあたり、1933年(昭和8年)に仙台飛行場(現霞目駐屯地)が開港するまでは、飛行機の離着陸にも使われていた。

1937年(昭和12年)の日中戦争開戦に伴い、多数の傷痍軍人を収容するため戦争終了まで数年間の想定で当院は建てられた[3]。そのため、勾当台の仙台陸軍病院の本院に対し、宮城野にある当院は、『仙台陸軍病院臨時宮城野原分院』と称した。しかし、日中戦争の長期化に太平洋戦争開戦も重なって、当院は約千人の患者を収容するまでに増築が進む[3]1945年(昭和20年)4月には本院に昇格して『仙台第一陸軍病院』と改称。同年7月10日には、仙台空襲で市街地は焼き尽くされ、元の本院がある勾当台地区も瓦礫の山となった。

戦後、当院は「国立仙台病院」と改称。独立行政法人通則法の施行により、厚生労働省施設等機関から独立行政法人国立病院機構へ移行し、現在の名称となった。

診療科[編集]

総合診療科内分泌代謝内科血液内科腫瘍内科神経内科呼吸器内科消化器内科循環器内科精神科小児科外科整形外科脳神経外科呼吸器外科乳腺外科心臓血管外科形成外科小児外科泌尿器科皮膚科産婦人科眼科耳鼻咽喉科放射線科歯科口腔外科麻酔科救急科緩和ケア内科

指定等[編集]

アクセス[編集]

  • 鉄道:JR仙石線宮城野原駅出口3より徒歩約3分
  • バス:仙台駅バスのりばから
    • 仙台市営バス
      • さくら野百貨店前32番ポールより、国立病院経由のバスに乗車して「国立病院前」下車、徒歩1分。
      • さくら野百貨店前35・36番ポールより、200系統「蒲生」、203系統「新浜・岡田車庫」、205系統「高砂市営住宅西」、210系統「岩切駅前」、X210系統「東仙台営業所」、211系統「岩切分台二丁目」、215系統「新田二丁目東」 行に乗車して「原町二丁目(国立病院前)」下車、徒歩10分。
    • 宮城交通
      • さくら野百貨店前34番ポールより、「陸前高砂駅」「仙台港フェリーターミナル」 行に乗車して「原町二丁目」下車、徒歩10分。
  • 駐車場
    • 駐車可能台数:680台
    • 患者・付き添い者は無料
    • 患者・付き添い者以外は30分未満無料。30分以降は有料となるが、急激に高額になるので注意[6]

周辺[編集]

宮城野原公園総合運動場のランデブーポイントから離陸するドクターヘリ。手前の建物が格納庫

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 移転後の跡地は勧業試験場などに利用された後、第二師団の敷地の一角となり、占領期進駐軍キャンプ・センダイの一角となった。返還後は東北大学川内北キャンパスの一部となる。
  2. ^ 他の分院として、福島県飯坂温泉に「仙台衛戍分院温泉」(後の福島県立リハビリテーション飯坂温泉病院。財団法人脳神経疾患研究所に譲渡)もあった。

出典[編集]

  1. ^ 地域医療計画「二次医療圏」(宮城県)
  2. ^ a b 仙台城二の丸北方武家屋敷跡 発掘調査 現地説明会資料
  3. ^ a b c d 陸軍病院(仙台市中央市民センター「仙台の歴史と暮らしの原風景」)
  4. ^ 12.参考資料(仙台市中央市民センター「仙台藩をささえた米の道 蒲生から原町」)
  5. ^ “ドクターヘリ、運航スタート 片道30分以内で移動”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 宮城全県版. (2016年11月2日) 
  6. ^ 病院へのアクセス(仙台医療センター)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]