国立病院機構旭川医療センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 国立病院機構旭川医療センター
Asahikawa Medical Center.jpg
情報
正式名称 独立行政法人国立病院機構 旭川医療センター
英語名称 National Hospital Organization Asahikawa Medical Center
前身 国立療養所道北病院→独立行政法人国立病院機構道北病院
標榜診療科 内科、呼吸器内科、脳神経内科、消化器内科、糖尿病・代謝内科、循環器内科、リウマチ科、小児科、外科、呼吸器外科、消化器外科、乳腺外科、リハビリテーション科、放射線科、臨床検査科、病理診断科、麻酔科
許可病床数

310床
一般病床:240床



結核病床:20床


療養病床:50床
機能評価 一般病院2(200〜499床)(主たる機能):3rdG:Ver.1.0〜[1]
開設者 独立行政法人国立病院機構
病院事業管理者 西村英夫(院長)
開設年月日 1972年
所在地
070-8644
北海道旭川市花咲町7丁目4048
位置 北緯43度47分57秒 東経142度22分53秒 / 北緯43.79917度 東経142.38139度 / 43.79917; 142.38139 (国立病院機構旭川医療センター)座標: 北緯43度47分57秒 東経142度22分53秒 / 北緯43.79917度 東経142.38139度 / 43.79917; 142.38139 (国立病院機構旭川医療センター)
二次医療圏 上川中部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

国立病院機構旭川医療センター(こくりつびょういんきこうあさひかわいりょうセンター)は、北海道旭川市にある病院道北病院(どうほくびょういん)の愛称で親しまれてきた。

沿革[編集]

旭川医療センターは、1901年(明治34年)に旧陸軍の「第7師団衛戍病院」として発足し、後に結核療養所に転換した「国立療養所旭川病院」と、1938年(昭和13年)に「市立旭川療養所」として創設し、後に「国立札幌療養所旭川分院」から独立した「国立旭川療養所」が、1972年(昭和47年)に統合して発足した[2]

  • 1972年昭和47年):「国立療養所道北病院」発足[2]
  • 1976年(昭和51年):附属看護学校開校(2008年閉校)[2][3]。血液透析棟新築[2]
  • 1987年(昭和62年):神経筋病棟新築[2]
  • 1989年平成元年):リニアック治療棟(放射線治療)新築[2]
  • 1999年(平成11年):臨床研究部新設[2]
  • 2004年(平成16年):「独立行政法人国立病院機構道北病院」に移行[2]
  • 2010年(平成22年):「独立行政法人国立病院機構旭川医療センター」と改称[2]

機関指定[編集]

診療科等[編集]

診療科

部門

施設認定[編集]

日本内科学会教育関連施設 日本呼吸器学会認定施設
日本呼吸器内視鏡学会認定施設 日本神経学会認定施設
日本外科学会専門医制度関連施設 日本呼吸器外科学会指導医制度関連施設
日本消化器病学会関連施設 日本病理学会登録施設
日本臨床細胞学会認定施設 日本プライマリ・ケア学会認定施設
日本臨床腫瘍学会認定施設 日本アレルギー学会準教育施設
日本循環器学会指定循環器専門医研修関連施設 日本リウマチ学会教育施設
放射線科専門医修練機関 日本肝臓学会認定施設

アクセス・駐車場[編集]

国道40号沿いに位置している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 独立行政法人国立病院機構 旭川医療センター”. 日本医療機能評価機構. 2017年1月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 沿革”. 国立病院機構旭川医療センター. 2017年1月17日閲覧。
  3. ^ 年報 2015, p. 12.
  4. ^ 北海道がん診療連携指定病院とは”. 北海道. 2017年1月17日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]