宮城県知事公館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
宮城県知事公館
Miyagi-ken Chiji Kokan in 2009-04a.JPG
情報
用途 賓客接遇施設
旧用途 田村家(伊達家家臣)私邸
山田揆一所有
米国バプテスト同盟私塾
尚絅女学校校舎
山田家(仙台衛戍病院長)私邸
第2師団長官舎
進駐軍東北司令官官舎
宮城県児童会館
管理運営 宮城県
敷地面積 4,753.14m2(1,440.3) m²
建築面積 472.99m2(143.3坪) m²
着工 1921年(大正10年)6月6日
竣工 1921年(大正10年)10月5日
開館開所 1965年(昭和40年)から知事公館として使用開始
所在地 980-0873
宮城県仙台市青葉区広瀬町5番43号
座標 北緯38度16分4.5秒 東経140度51分28.6秒 / 北緯38.267917度 東経140.857944度 / 38.267917; 140.857944座標: 北緯38度16分4.5秒 東経140度51分28.6秒 / 北緯38.267917度 東経140.857944度 / 38.267917; 140.857944
文化財指定 知事公館正門(旧仙台城の門。県指定有形文化財)
指定日 1971年(昭和46年)11月9日
テンプレートを表示
知事公館の庭(2009年4月)

宮城県知事公館(みやぎけんちじこうかん)は、仙台市青葉区にある、宮城県所有の賓客接遇施設である。

概要[編集]

知事公館の正門(2009年4月)

仙台市都心部の北西、広瀬川中流の胡桃淵に面した左岸の仙台中町段丘面にある。藩政期、広瀬川左岸の仙台中町段丘と仙台下町段丘との間の段丘崖崖上には、対岸の仙台城を囲むように上級家臣の邸宅が延々と連なっていたが、当館もその一部に建つ。

現在の公館の建物は1921年(大正10年)に建てられたもので、外観は青色瓦、フランス式マンサード屋根洋館となっている。洋室2つ、和室、休憩室、貴賓室などがある。

正門は、切妻造で本瓦葺き四脚門大正時代に仙台城にあった門を移築したものと伝えられる。宮城県指定有形文化財

歴史[編集]

江戸時代1695年元禄8年)、広瀬川澱橋が架けられると、北二番丁西端から澱橋北詰に下りる新坂が整備され、伊達家の家臣田村顕行がこの地に屋敷を賜った。

明治維新後の1868年(明治元年)、後に仙台市長となる山田揆一が購入し[1][2]米国バプテスト同盟の女性宣教師が設立した塾(学校法人尚絅学院の前身)として貸与、さらに仙台衛戍病院長邸宅を経て、大正時代陸軍第二師団長官舎となる。終戦後は、進駐軍に接収され東北地方司令官官舎となる。

1958年(昭和33年)に東北財務局に返還されると宮城県に譲渡され、県の児童会館となる。1965年(昭和40年)に児童館が向山に移ったため知事公館に転用され、宮城県を訪問した諸外国の大公使、皇族など賓客を接遇する施設として利用されている。一般公開も行われている他、結婚式などイベントにも貸し出しされている。

年表[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宮城県知事公館 見学のしおり (PDF) (宮城県)
  2. ^ 知事公館年表 宮城県、2010年5月7日閲覧

外部リンク[編集]