旭川医科大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
旭川医科大学
Asahikawa Medical University..jpg
正面玄関
大学設置/創立 1973年
学校種別 国立
設置者 国立大学法人旭川医科大学
本部所在地 北海道旭川市緑が丘東2条1丁目1-1
学生数 978
学部 医学部
研究科 医学系研究科
ウェブサイト http://www.asahikawa-med.ac.jp/
テンプレートを表示

旭川医科大学(あさひかわいかだいがく、英語: Asahikawa Medical University)は、北海道旭川市緑が丘東2条1丁目1-1に本部を置く日本国立大学である。1973年創立、1973年大学設置。大学の略称旭医(きょくい)、AMU

概観[編集]

大学全体
大学は、医学部のみの1学部2学科(医学科と看護学科を設置)からなる医学系単科大学
建学の精神(校訓・理念・学是)
「豊かな人間性と幅広い学問的視野を有し」「生命の尊厳と高い倫理観を持ち」「高度な知識・技術を身につけた医療人及び研究者の育成」を基本理念としている。また、「地域医療に根ざした医療福祉の向上に貢献する医療者を育てる」「教育、研究、医療活動を通じて国際社会の発展に寄与する医師及び看護職者の養成に努める」ことを目標とする。
関連

樺太医学専門学校 (旧制)

沿革[編集]

前史

  • 1960年昭和35年) - 釧路市に国立釧路医科大学誘致期成会が設立された。
  • 1970年(昭和45年) - 「第三期北海道総合開発計画」では釧路市に医科大学を誘致することが明記された。
  • 1972年(昭和47年) - 医師不足や無医村解消を目的とする新設医科大学の一つとして、旭川医科大学の創設が決定され準備室が設置された。当初、立地場所には釧路市と旭川市で誘致争いになった。道は、釧路市設立、旭川市設立の両方を想定しており、医師不足の深刻な釧路市に設立するという話にもなったが、知事が最終的に旭川市に設立する判断を下した。

釧路市は国内最悪の医師不足地域を抱え一向に状況は改善しないままに放置されており、北海道の東西問題として経済対立になっている。

年表

  • 1973年(昭和48年) - 旭川医科大学設置
  • 1976年(昭和51年) - 旭川医科大学医学部附属病院(現:旭川医科大学病院)開院
  • 1979年(昭和54年) - 大学院医学研究科設置
  • 1983年(昭和58年) - 開学10周年記念式典挙行
  • 1996年平成8年) - 医学部看護学科設置
  • 1999年(平成11年) - 情報処理センター、遠隔医療センター設置
  • 2000年(平成12年) - 大学院医学研究科を大学院医学系研究科と改称し、大学院医学系研究科修士課程看護学専攻を設置
  • 2004年(平成16年) - 国立大学法人旭川医科大学発足
  • 2005年(平成17年) - 旭川医科大学医学部附属病院を旭川医科大学病院に名称変更
  • 2010年(平成22年) - 英訳名称を「Asahikawa Medical College」から「Asahikawa Medical University」へと変更

所在地・象徴[編集]

所在地

  • 北海道旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号

象徴

  • 学章の全体像を、雪の結晶に見立てることにより北海道をイメージしたものとなっている。医大の象形文字を中央に据え、その周りを「旭川市の木」に指定されているナナカマドが囲うことで「北海道の中央、ならびに旭川の中核医療」を象徴するデザインとなっている。

教育および研究[編集]

学部・学科[編集]

大学院[編集]

教育[編集]

当初、医学科のみであったため「教養」「専門」が一貫したカリキュラムになっており、必須科目がほとんどである。また、1年の授業から大学病院など臨床関係の講義がある。

学年制であり、医学科は各学年での必須単位を取得しないと進級できない。ただし、選択科目の必須単位8は2年前期までに取得すればよい。このため、全体として成績良好(殆どが『優』)であっても1科目を落とした時点で原級留置となるのが基本であるが、P制度というものがあり、正確には、留年が確定するのは2科目を落とした場合である。なお、学則上は1科目を取得できなかった時点で原級留置となることのみ記されている。近年は、1年次でも10〜20名の原級留置が常態化している。

開講講座はほとんどが必須科目であり、選択科目は1年の計29講座(12単位分)である(単位がこの時点で取得できなかった場合には2年時で取得する。)。また、必修扱いではあるが一部制限下で履修科目を選択できる、3・4年後期に2学年合同で履修する選択必修コース(計12講座、12単位分)もある。

昨今全国的に少なくなってきた寄生虫学講座を開講しており、特に多包虫(エキノコックス)の研究で有名である。

国内で睡眠障害の研究を行っている数少ない大学の一つである。

附属機関[編集]

  • 旭川医科大学病院
  • 図書館
  • 教育センター
  • 保健管理センター
  • 二輪草センター(復職・子育て・介護支援センター)
  • 動物実験施設
  • 実験実習機器センター
  • 放射性同位元素研究施設
  • 情報処理センター

取り組み[編集]

遠隔医療[編集]

2007年7月より就任した吉田晃敏学長は、通信回線等を用いた遠隔医療システムの第一人者であり、大学病院内にも彼を長とした日本初の遠隔医療センターが設けられている。上記の遠隔医療システム開発において、マサチューセッツ州知事賞を授与されている。

「四本足のニワトリ」[編集]

1980年の旭川医科大学の入学試験で、受験生が10分間で「ニワトリ」と「ハエ」の絵を描くように指示され、その後、足が4本の「にわとり」や8本足の「はえ」の絵を配布、「3、4歳児でも鳥の絵は描けるのに、日本では満足に描けない大学生がいる。配布されたような絵を描く学生が多く現れるにいたった背景について、現代日本の社会、生活、教育、学習環境などの問題を主体的に受け止め、所見を述べなさい」という出題がなされた。この件に関する新聞報道を発端として、現在っ子・都会っ子の自然離れ、理科教育、美術教育など様々な角度から議論がなされ、論文・書籍なども多数刊行された。

大学関係者と出身者[編集]

OG・OB

学者・研究者

対外関係[編集]

教育研究連携協定[編集]

包括連携協定[編集]

連携協定[編集]

学術交流協定締結大学等[4][編集]

不祥事・問題等[編集]

  • 2008年、旭川医大の病院情報管理システムを受注したNTT東日本との間で開発に関する調整が難航。2009年にNTT東日本が仕様凍結した後も旭川医大側も追加開発要望が相次ぎ、結局、NTT東日本は納期までにシステムを完成することができなかった。旭川医大はNTT東日本を相手に裁判を行った結果、一審こそ「失敗の責任の8割がNTT東日本にある」として旭川医大が主張が大筋で認められたものの、二審では「旭川医大に100%の責任がある」として約14億1500万円の支払いを命じる逆転判決が出ている[5]
  • 2009年11月 - 2009年11月、指導教官の指示で試薬の廃棄をした際、有毒ガスが発生し、肺などに重い疾患(肺気腫)を負ったとして、2018年8月、本学附属病院の男性医師(38歳・2009年当時医学部6年生)が大学や教官だった男性准教授に約3億円の損害賠償を求めて旭川地方裁判所に提訴した。また、2014年2017年アカデミックハラスメントを受けたとして、男性准教授を相手取って550万円の損害賠償を求める訴訟も起こした[6]。また男性医師が有休を取得したとする書類を大学側が無断で作成し(約30日分を消化した扱いとなっていた[7])、「手続きをしなければ無給となる」と男性医師に通告していたことがわかった[8]
  • 2011年6月~2019年10月の約8年間、医学部男性教授が医師を派遣した外部の医療機関に報酬を要求し、不正に多額の金銭を受け取っていた。2019年9月に外部から大学に情報提供があり発覚。教授は、就業規則違反に当たるとして2019年11月15日付で懲戒解雇された。大学側は元教授を刑事告発する方針[9]。また教授は、自身の管理下にある医師に口座を開設させた上で、通帳などを渡すよう指示し、それらを保管して使用していた。大学が通帳の使用理由について問い合わせても、一切回答しなかったという[10]
  • 2019年12月27日(処分日) - 医学部の男性教授(40代)が、製薬会社などから不正に報酬を受けていたとして、大学は男性教授を停職(12ヵ月)の懲戒処分とした[11]
  • 2020年2月(報道) - 脳神経外科の元教授が医局スタッフに猥褻行為を働き、それらを自ら撮影したとの疑惑が浮上した。大学側は事件を隠蔽し、元教授は依願退職し、札幌近郊の病院に再就職した[12][13][14]
  • 2020年11月 - 2020年11月24日に附属病院の受診を予約していた患者の母親が、新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した病院で勤務しているとの理由で、附属病院が受診を拒否した。母親はPCR検査の結果、陰性であり、クラスターが発生した病室では勤務しておらず、濃厚接触者でもなかった。患者の父親は受診拒否を不当とし、吉田晃敏学長を相手取り、30万円の損害賠償を求めて旭川簡易裁判所に提訴した[15]
  • 2021年1月8日(公表日) - 本学元教授が在籍中、学会誌に投稿(2017年3月掲載)した自身の論文に、他の研究者の論文などで使われていた写真(10枚)を許可を得ずに使っていたと大学が発表。文部科学省へ匿名の告発で発覚した。大学側は盗用と認定したが、すでに退職しており、処分は行わないとした(学内規程(職員懲戒規程)が適用されないため)。また論文には、共著者として4人の本学教員の名前が書かれていたが、4人の承諾はなく、学会誌への投稿も知らされていなかったという。誌論文の投稿先である学会により、対象論文の取り下げ措置が2017年10月に行われ、既に学会において盗用が認定され、2018年5月より1年間、元教授に対し投稿禁止措置が下された[16][17][18]
  • 2021年1月(報道) - 旭川医科大学の吉田晃敏学長と滝川市立病院(北海道滝川市)が、2020年まで14年以上にわたり「アドバイザー」の契約を結び、吉田学長が月額40万円の報酬(総額6920万円)を受け取っていたことが同病院への取材や契約書類などでわかった。院長は年に1回ほど吉田学長を訪問し、学長が契約後に病院を訪れたのは数回だった。契約は学長側の申し出で2021年1月に打ち切られた[19][20][21]
  • 2021年1月(報道) - 元教育研究推進センターの男性准教授(40代)と男性助教(40代)が[22]、2018年9月から2020年の5月にかけ、上司にあたる50代の男性教授(教育研究推進センター長)や同僚から、関わっていない業務の責任を問われ辞職を迫られたり、大学の倉庫にアリの死骸があったことを理由に辞職を求められたり、職場内の一斉メールでも誹謗中傷を受けるなどして、精神的苦痛を受け休職に追い込まれたと主張[23]。また大学側の調査もずさんであったとして、大学を相手取り、損害賠償を求めて提訴することとした[24][25][26]。2名の教員は旭川地方裁判所に訴状を提出。大学にそれぞれ330万円の賠償を求めた[27]
  • 2021年6月(報道) - 吉田晃敏学長が3月、大学事務局に指示し勤務実態のなかった学長特別補佐の男性(2020年夏から病気のため入院)に計約300万円の報酬を支払わせていた疑いがあることが判明。事務局は「勤務実態がない」と拒否したが、吉田学長は支払いを強要[28][29]
  • 2021年8月(報道) - 旭川市で3月、女子中学2年生が凍死しているのが見つかり、背景にいじめがあった疑いがある問題(旭川女子中学生いじめ凍死事件)で、被害者の死体検案書の「死亡の原因」欄に、当時かかっていなかった精神疾患の病名が記入されていたことが2021年8月20日、関係者への取材で分かった。服用していた薬から推測した誤った病名を道警が医師に伝えたとみられ、遺族の指摘を受け、後に訂正された。関係者によると、旭川医科大の医師が3月下旬に発行した死体検案書の「直接には死因に関係しないが、死因の疾病経過に影響を及ぼした疾病名等」欄に、被害者が当時患っていなかった「統合失調症」と記載されていた。誤りに気付いた遺族側が警察と病院に確認した際、「いじめによる心的外傷後ストレス障害(PTSD)などで服用していた薬」から道警が病名を推測し医師に伝達、医師がそれを記入したと説明があったという[30][31]
  • 2021年12月(報道) - 旭川医科大は15日、ロシアなどの医療従事者に最新技術を伝える「国際医療・支援センター[32]」の建設中止を正式決定した。同大が文部科学相に解任申出書を提出している吉田晃敏学長が進めた計画で、採算が合わないと判断した。既に設計を発注しており、約1200万円の費用の支払いは必要になった。計画では、最先端の手術室や診察室などがある12階建てのセンターを旭医大敷地内に新築するとし、2018年度にも運用を始める予定だった。建設費は当初約200億円としたが、思うように資金が集まらず、建設規模を縮小していた。同大によると、吉田学長が当時の学長特別補佐の男性と計画を進め、学内で十分に情報共有されていなかった。吉田学長は男性への業務委託費を同大事務局に強要したとされ、同大の外部調査委員会は、委託費の10カ月分を不正支出と認定していた[33]
  • 2022年4月(報道) - 学内の動物実験施設で飼育していた研究用の遺伝子組み換えマウス1匹が、1月から所在不明になっていることをホームページで公表した。1日午前10時時点で発見されていない[34][35]。4月11日、PEACEのホームページ上で「質問書:動物実験施設での動物の飼養管理について」と題した公開質問書が掲載される[36][37]
  • 2022年4月(報道) - 旭川医科大の新学長選びの参考にするため、昨年11月に行われた学内の投票で、学長選考会議の議長と委員を当時務めていた同大教授2人が、特定の候補に投票するよう働き掛けたり、特定の候補への投票を暗に促していたことが13日、関係者への取材で分かった。また、一連の選考過程で選考会議委員2人は特定候補を推すだけでなく、他候補の名誉を毀損(きそん)する行為をした、などと公益通報制度に基づく指摘が、昨年11月にあった。別の教授の通報で同大が調査し、同大は3月31日付で「委員として不適切だった」と通報者に回答した[38][39][40][41]。その後、西川祐司学長ら現執行部は、報告の内容を受け入れず、前段階の「予備調査」からやり直すことで、すでに出ている結論をなかったことにしようとしている模様と報じられた[42]。その後、西川学長ら執行部は、調査は行われるべきではなかったとの見解を示している[43]
  • 2022年4月(報道) - 旭川医科大は27日、同大の准教授と元教授が、2020年5月に学会に投稿済みだった論文と似た内容の英文論文を、同年6月に学術誌に二重投稿する不正を行っていたと発表した。同大は学内規定に違反したとして、准教授の処分を検討している[44][45][46][47]。その後、同大は5月26日に、この准教授の男性を5月24日付でけん責処分にしたと発表した。共著者の元教授は既に退職しているため処分しないが、本人に「職員であったら、けん責処分に相当する」と文書で伝えた[47][48][49]

新型コロナウイルス感染症に関する吉田晃敏学長の言動に関する騒動[編集]

  • 2020年12月、吉田晃敏学長が大学運営会議で慶友会吉田病院に対し「コロナを完全になくすためには、あの病院(吉田病院)が完全になくなるしかない」「この旭川市に吉田病院があるということ自体が、ぐじゅぐじゅ、ぐじゅぐじゅとコロナをまき散らして」と発言したと週刊文春に報じられ、その後発言を認め、報道機関宛の文書で「不適切だった」として謝罪している[50]文部科学省国立大学法人支援課は朝日新聞の取材に対し、「大学に対し、学長の発言の事実確認を進めており、結果を踏まえて対応を検討する」としている[51]
  • 2021年1月(報道) - 新型コロナウイルス感染症の患者受け入れを巡り、受け入れの許可を求めた附属病院の古川博之病院長(当時)に対し、吉田晃敏学長が「受け入れるならお前が辞めろ」などと発言したとして、文部科学省国立大学法人支援課は「事実であれば、ハラスメントにあたる恐れがある」と問題視し、事実確認を行っていることが報道された。旭川市では2020年11月上旬、慶友会吉田病院で患者や職員ら200人以上が感染・死亡34人(2020年12月14日現在)する感染者集団が発生。11月8日に市内の5つの基幹病院で協議し、本院でも患者を受け入れることにした。吉田晃敏学長は「受け入れは許さない」などと古川病院長に言い渡し、クラスター発生の初期段階で受け入れを拒否させていた[52][53]
  • 本学元助教授や道内外の医師らが「吉田晃敏旭川医科大学学長のリコールを求める全国有志の会」を発足させ、吉田学長の解任を求める署名活動を開始。ネットを通じて署名を募り、文部科学大臣や本学の学長選考会議などに提出するとしている[54]。また2月には現役教授17人、名誉教授5人で構成された有志団体が学内で吉田晃敏学長の辞職を求める署名活動を始めた[55]
  • 1月26日、大学役員会は記者会見を開き、古川病院長が吉田晃敏学長の一連の言動を外部に漏らし、混乱を招いたとして辞任するよう求めたが古川病院長が拒否したため解任(1月25日付)したと発表。古川病院長は「十分な反論を受け入れず、具体的な証拠を欠いた中で辞任を迫り、解任したことは、真実隠しと思わざるをえない。新型コロナの感染対策を行ってきた自分を解任したことは、地域医療をないがしろにしているとしか思えない」と強く反論し、録音と漏洩を否定した。学内では突然の病院長解任に職員が当惑していると報じられた。吉田晃敏学長は患者受け入れを許可しなかった判断は、「動物的な勘」だったとし、「僕の判断は間違っていなかった」と記者会見で主張した。萩生田光一文部科学大臣は、閣議後の記者会見で「吉田学長の言動に関する報道について、先月(2020年12月)25日付けで大学に事実関係の確認を求める文書を出し、回答を得たので、その内容を精査している」と述べた[56][57][58][59]

吉田学長の辞表提出、学長選考会議による学長解任相当決定(不適切行為認定)へ[編集]

  • 6月1日、学長選考会議が設置した調査委員会が当時の古川病院長の主張を認め、「吉田学長の言動はパワハラに当たる」と選考会議に報告した[60][61]。学長選考会議が吉田学長から事情を聴き、処分を決める方針であったが、6月15日付で、吉田学長が辞表を提出した[62]
  • 6月22日、学長選考会議は会合を開き、新型コロナウイルス感染症や古川病院長への不適切な対応、職員へのパワハラ行為、勤務時間中の飲酒及び執務における不適切な言動等、不適切な危機管理対応、公共の場における不適切な行為、対外的信用を失う行為、不正支出などを理由として、吉田学長を「解任相当」と決定した[63][64]
  • なお、学長選考会議が非公開で行われていた同日午後4時30分ごろ、北海道新聞社の22歳の女性記者が大学内に侵入し、会議室付近の廊下にいたところを大学職員に取り押さえられ、建造物侵入の現行犯で逮捕された。北海道新聞社は女性記者の逮捕に対し、「本紙の記者が逮捕されたことは遺憾です。記者は当時学長の解任問題を取材中でした。逮捕された経緯などについて確認し、読者の皆様に改めて説明させていただきます」とコメントした[65]。2022年3月16日、この記者と建物内での取材を指示した40代の記者が建造物侵入容疑で書類送検された[66]
  • 2022年2月25日付で、大学側が「新体制移行を最優先したい」として解任の申し出を取り下げた。これを受け、文部科学省は3月3日付で吉田の学長辞任の人事を発令した[67]。学長選考会議議長の奥村利勝氏は、「解任すべきという考えは、今も変わらない。解任取り下げは断腸の思いだが、早期の新体制移行を優先した」と強調した[68][69]

新型コロナウイルス感染症[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 組織”. 国立大学法人旭川医科大学 大学院医学系研究科博士課程. 2021年1月28日閲覧。
  2. ^ 組織構成及び指導教員”. 国立大学法人旭川医科大学 大学院医学系研究科修士課程. 2021年1月28日閲覧。
  3. ^ 放送大学 2019年度 単位互換案内 (PDF)
  4. ^ 国際交流”. 国立大学法人旭川医科大学. 2021年1月28日閲覧。
  5. ^ 失敗の全責任はユーザー側に、旭川医大とNTT東の裁判で逆転判決”. 日経XTECH (2017年9月29日). 2021年12月29日閲覧。
  6. ^ 「試薬廃棄で疾患」と提訴 旭川医大医師、ガス吸引”. 産経新聞 2018.8.17 20:16. 2021年1月24日閲覧。
  7. ^ 非常勤医の有休、30日分無断消化 旭川医科大 /北海道”. 毎日新聞 2020年8月10日. 2021年1月24日閲覧。
  8. ^ 旭川医大、有休書類を無断作成か 係争中の医師側が指摘”. 朝日新聞 2020年8月5日 10時30分. 2021年1月24日閲覧。
  9. ^ 8年にわたり不正報酬受領 旭川医大、刑事告発へ”. 日本経済新聞 2019/11/26 10:08. 2020年7月11日閲覧。
  10. ^ 旭川医大教授を懲戒解雇 医師派遣先から多額の報酬”. 日本経済新聞 2019/11/23 17:39. 2020年7月11日閲覧。
  11. ^ 北海道)不祥事続き、旭川医大学長が陳謝”. 朝日新聞 2020年1月29日 11時00分. 2021年1月18日閲覧。
  12. ^ “旭川医大で浮上した元脳神経外科教授の強制猥褻疑惑 意識のない医局女性を脱がし、わいせつな動画を撮影、編集”. 北方ジャーナル 第49巻 第2号 (通巻604号): 12-15. (2020年2月号). 
  13. ^ 鎌田恭輔 元旭川医大の盗用が認定、依願退職!強制わいせつ疑義”. 世界変動展望. 2021年1月9日閲覧。
  14. ^ 「猥褻な映像が元教授のパソコンにあったことは事実」。旭川医大が元脳神経外科教授の強制猥褻事件で事実の一部を認める”. 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ. 2020年1月29日閲覧。
  15. ^ 母の職場でクラスター、子の受診拒否 旭川医科大学長を提訴―旭川簡裁”. 時事通信 2020年12月28日14時31分. 2021年1月24日閲覧。
  16. ^ 旭川医大の元教授が盗用 論文に他人の写真、処分行わ”. 朝日新聞 2021年1月13日 9時28分. 2021年1月24日閲覧。
  17. ^ 旭川医科大学における研究活動上の不正行為に関する調査結果について”. 国立大学法人旭川医科大学. 2021年1月28日閲覧。
  18. ^ 旭川医科大学元教授による研究活動上の不正行為(盗用等)の認定について”. 文部科学省. 2021年10月1日閲覧。
  19. ^ 旭川医大学長、市立病院とアドバイザー契約 月40万円”. 朝日新聞 2021年1月29日. 2021年1月29日 6時00分閲覧。
  20. ^ 上納金 吉田晃敏学長 アドバイザー契約 2006.07-2021.01 14年間 滝川市立病院 月額40万円 総額6920万円 旭川医科大学 国立大学法人 日本 北海道 旭川市 新型コロナウイルス 20210130”. 極論空手形 / Extreme Argument Fictitious Bill. 2021年1月30日 12:17閲覧。
  21. ^ 吉田晃敏学長の滝川市立病院の兼業に関する報道に関するご説明”. 国立大学法人 旭川医科大学. 2021年2月8日閲覧。
  22. ^ 国立大学法人 旭川医科大学”. 2021年3月1日閲覧。
  23. ^ 「教授のパワハラ調査されず」准教授ら、旭川医大を提訴”. 朝日新聞デジタル. 2021年2月5日 8時51分閲覧。
  24. ^ 教員2人 パワハラで旭川医大を提訴へ”. 北海道放送 2021/1/30(土) 18:14. 2021年1月31日閲覧。
  25. ^ 旭川医大教員パワハラで提訴 倉庫のアリの死骸を理由に辞職を求められる 北海道旭川市 - みんなのあさひかわ”. medoasa.com. 2021年3月29日閲覧。
  26. ^ 大学側は全面的に争う姿勢 旭医大パワハラ訴訟 原告「ハラスメント防止委機能せず」”. 2021年4月6日閲覧。
  27. ^ 旭川医大の教員2人“パワハラ”で大学に賠償請求「未だに横行、終わりにして欲しい」”. 北海道放送 2021/2/4(木) 14:06. 2021年2月4日閲覧。
  28. ^ 旭川医大学長、不正支出か 勤務実態ない特別補佐に”. 日本経済新聞 2021年6月14日 9:00. 2021年7月8日閲覧。
  29. ^ 旭川医大学長、不正支出か 勤務実態ない特別補佐に”. 共同通信. 2021/6/13(日) 19:24配信閲覧。
  30. ^ “「死亡原因」欄に誤病名 旭川中2死亡 道警、服用薬から推測か”. 北海道新聞. (2021年8月21日) 
  31. ^ 死体検案書に誤った病名 凍死中2女子、服用薬から推測か”. 一般社団法人共同通信社. 2021/8/20 19:51 (JST)8/21 17:07 (JST)updated閲覧。
  32. ^ 旭川医大が国際医療・支援センター構想 外国人へ門戸”. 北海道建設新聞社. 2017年12月02日 09時00分閲覧。
  33. ^ 旭医大「国際医療・支援センター」建設中止 吉田学長が推進 設計費1200万円の負担発生”. 北海道新聞 2021年12月15日. 2021年12月15日20:39閲覧。
  34. ^ 遺伝子組み換えマウスが所在不明 旭医大”. 北海道新聞 2022年4月1日 11:10. 2022年4月1日閲覧。
  35. ^ 遺伝子組換え動物の所在不明について”. 国立大学法人 旭川医科大学. 2022年4月1日閲覧。
  36. ^ 旭川医科大学で遺伝子組み換えマウス1匹が行方不明に! 質問書を送りました”. 2022年4月11日閲覧。
  37. ^ 旭川医科大学で遺伝子組み換えマウス1匹が行方不明に!(補足)”. PEACE (Put an End to Animal Cruelty and Exploitation). 2022年4月15日閲覧。
  38. ^ “問われる学長選考会議議長の中立公正 旭川医大教授が覚悟の公益通報”. 月刊北海道経済 No. 639. (2022年3月号). 
  39. ^ “特定の学長候補投票促す 旭医大 選考会議の教授2人”. 北海道新聞 朝刊(社会). (2022年4月14日) 
  40. ^ “旭川医大西川新学長の”不条理”人事 「不適切」行為の2人が副学長に 投票で競った有力教授はカヤの外”. 北海道経済 No.641: 42-45. (2020年5月号). 
  41. ^ 旭川医大、学長選びで「不適切行為」 選考会議委員が特定候補推す”. 朝日新聞デジタル. 2022年6/28(火) 21:00閲覧。
  42. ^ “旭川医大 西川学長の「ガバナンス」どこへ? 調査委の「不適切」判定受け入れず 外部弁護士抜きで再調査の方針”. 北海道経済 No.643: 74-76. (2022年7月). 
  43. ^ “旭川医大 調査委「不適切」判定を撤回 「違法でなく公益調査にそぐわない」 長年の顧問弁護士と突然契約解除”. 北海道経済 No.644: 62-64. (2022年8月号). 
  44. ^ 旭医大の准教授と元教授、論文を二重投稿 准教授の処分検討”. 北海道新聞 2022年04月27日 21:20. 2022年4月27日閲覧。
  45. ^ 旭川医大が二重投稿”. 世界変動展望. 2022年5月1日17:26:02閲覧。
  46. ^ 旭川医科大学における研究活動上の不正行為に関する調査結果の公表について”. 国立大学法人 旭川医科大学. 2022年4月27日閲覧。
  47. ^ a b 懲戒処分の公表について”. 国立大学法人旭川医科大学. 2022年5月26日閲覧。
  48. ^ 旭医大 論文の二重投稿問題で准教授をけん責処分”. 北海道新聞 電子版. 2022 05/27 05:00閲覧。
  49. ^ 旭川医科大学教員による研究活動上の不正行為(二重投稿)の認定について”. 文部科学省 科学技術・学術政策局研究環境課研究公正推進室. 2022年6月30日閲覧。
  50. ^ クラスター発生の病院について旭川医科大学長が不適切発言”. NHKNEWSWEB 2020年12月22日 16時40分. 2021年1月21日閲覧。
  51. ^ 「コロナまき散らす」発言で釈明文書 旭川医大学長”. 朝日新聞 2020年12月17日 19時50分. 2021年1月20日閲覧。
  52. ^ コロナ患者の受け入れ拒否 旭川医科大学学長がクラスター発生病院に「なくなるしかない」と暴言音声”. 文春オンライン 2020/12/16. 2021年1月28日閲覧。
  53. ^ 病院長、感染者受け入れ求めたら…医大学長「お前が辞めろ」”. 読売新聞 2021/01/08 09:13. 2021年1月20日閲覧。
  54. ^ 「受け入れ拒否許されない」 旭川医大学長解任求め署名”. 朝日新聞 2021/01/19 10:27. 2021年1月20日閲覧。
  55. ^ 旭川医科大・病院長解任問題 吉田学長の辞任求める署名活動を開始”. スポーツニッポン 2021年2月10日 05:30. 2021年2月13日閲覧。
  56. ^ パワハラ調査に揺れる旭川医大「病院長電撃解任」の深層”. FRIDAYデジタル 2021/1/26(火) 18:17. 2021年1月27日閲覧。
  57. ^ 旭川医科大学が病院長を解任 学長発言を外部に漏らしたとして”. NHKNEWSWEB 2021年1月26日 10時43分. 2021年1月27日閲覧。
  58. ^ 旭川医大病院長解任 文科相「道民や患者に不安与える」と懸念”. 北海道新聞 2021/01/26 11:01. 2021年1月28日閲覧。
  59. ^ 院長解任した旭川医大学長「動物的な勘、間違ってない」”. 朝日新聞 2021/1/27(水) 9:41. 2021年1月28日閲覧。
  60. ^ 旭川医科大学長 病院長に“辞任強要” 調査委「パワハラに当たる」”. 北海道文化放送 2021年6月2日 水曜 午後2:50. 2021年6月6日閲覧。
  61. ^ 旭川医大学長の辞任強要発言は「パワハラ」 調査委認定”. 毎日新聞 2021/6/1 22:40. 2021年6月6日閲覧。
  62. ^ 旭川医大学長が辞任 パワハラや高額報酬など問題相次ぐ”. 朝日新聞 2021年6月17日 16時49分. 2021年6月23日閲覧。
  63. ^ “パワハラ指摘の旭川医大学長"解任相当" コロナ患者受け入れ巡る騒動「学長選考会議」が結論 就任14年”. 北海道ニュースUHB. (2021年6月22日). https://www.uhb.jp/news/single.html?id=21241 2021年6月23日閲覧。 
  64. ^ 国立大学法人旭川医科大学長の解任の申出について”. 国立大学法人旭川医科大学. 2021年6月28日閲覧。
  65. ^ “「学長の解任問題」取材中に"女性記者"逮捕…非公開の選考会議 会議室付近で大学職員発見し取り押さえる”. 北海道ニュースUHB. (2021年6月22日). https://www.uhb.jp/news/single.html?id=21253 2021年6月23日閲覧。 
  66. ^ “北海道新聞記者2人を建造物侵入容疑で書類送検 旭川医大内で取材”. 朝日新聞. (2022年3月16日). https://www.asahi.com/amp/articles/ASQ3J4722Q3JIIPE00N.html 2022年3月17日閲覧。 
  67. ^ 文科省、旭川医大学長の辞任認める 不適切発言やパワハラなど問題に”. 朝日新聞 (2022年3月3日). 2022年3月6日閲覧。
  68. ^ 旭医大吉田学長「解任」から一転「辞任」、面子潰れた学長選考会議”. 北海道の今を読み解く地域経済ニュースサイト「リアルエコノミー」. 2022/03/07 08:30閲覧。
  69. ^ 国立大学法人旭川医科大学長の解任申出の取下げについて”. 国立大学法人旭川医科大学. 2022年3月3日閲覧。

参考文献[編集]

四本足のニワトリ

  • 「自然離れだね いまどきの中学生 ニワトリの足は四本」『朝日新聞』 1988年11月8日付
  • 『教育美術』第41巻第13号
  • 宮脇理編『4本足のニワトリ ― 現代と子どもの表現』国土社1998年ISBN 4-337-48212-1
  • 栗田真司「四本足のにわとり考」『世界思想』第26号
  • 旭川医大のみに14億円賠償命令「電子カルテ」控訴審『毎日新聞』2017年9月1日付

関連項目[編集]

外部リンク[編集]