皮膚科学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
皮膚科から転送)
移動先: 案内検索

皮膚科学(ひふかがく、: dermatologycutaneous condition)は、主に皮膚を中心とした疾患を治療・研究する医学の一分科。外用薬、内服などの内科的治療の薬物療法に加えて、手術などの外科的治療も行う。

代表的な皮膚科疾患[ソースを編集]

ここでは、皮膚に発疹が出現する疾患を挙げている。

外傷[ソースを編集]

湿疹[ソースを編集]

蕁麻疹[ソースを編集]

紅斑[ソースを編集]

紫斑・皮膚血管炎[ソースを編集]

血管炎一般[ソースを編集]

角化異常[ソースを編集]

水疱症[ソースを編集]

膿疱症[ソースを編集]

代謝異常症[ソースを編集]

皮膚形成異常[ソースを編集]

肉芽腫性疾患[ソースを編集]

膠原病[ソースを編集]

感染症[ソースを編集]

細菌[ソースを編集]

ウイルス[ソースを編集]

真菌[ソースを編集]

その他[ソースを編集]

母斑[ソースを編集]

母斑症[ソースを編集]

良性腫瘍・色素異常症[ソースを編集]

悪性腫瘍[ソースを編集]

脂腺・汗腺の疾患[ソースを編集]

毛髪疾患[ソースを編集]

爪疾患[ソースを編集]

その他の疾患[ソースを編集]

皮膚科の代表的な検査[ソースを編集]

皮膚科の代表的な治療[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]