吉田晃敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉田 晃敏(よしだ あきとし、1952年(昭和27年)4月14日 - )は、日本の医学者眼科医医学博士(旭川医科大学)。南京中医薬大学眼科客員教授。ハーバード大学医学部スケペンス眼研究所評議員。旭川医科大学の第一期生であり、旭川医科大学の現学長である。これは旭川医科大学卒業生から同大学学長が選ばれる初のケースである。

人物[編集]

  • 函館ラ・サール高等学校卒業。
  • 1979年(昭和54年)に旭川医科大学卒業。その後眼科学教室に入局し、眼科医としての道を歩む。
  • 1980年(昭和55年)からはハーバード大学眼科に3年間留学している。
  • 糖尿病網膜症及び網膜剥離の手術における日本の第一人者である[要出典]
  • 僻地医療の解決策として遠隔医療を提唱。この分野での第一人者でもある[要出典]
  • 上記の遠隔医療システム開発において、マサチューセッツ州知事賞を授与されている。遠隔医療システムの構築は日本初であるが、 ハーバード大学に先をこされ、世界初とはならなかった。
  • 2007年(平成19年)、旭川医科大学の学長に就任する。旭川医科大学出身者が学長となるのは今回が初めてであり、総合大学を除いた新設医科大学の中で、同大学出身者の学長就任は初ということになる。
  • 2008年(平成20年)4月より、日本遠隔医療学会モバイル国際遠隔医療分科会長
  • 2009年(平成21年)総務大臣表彰を個人受賞。著名な経営者等に与えられるもので国公立大学の学者では初となる。
  • 2011年(平成23年)産学官連携功労者表彰文部科学大臣賞ソフトバンクBB株式会社の孫正義代表取締役社長兼CEOと共に受賞。受賞事例名は「ICTを用いた「切れ目のない医療支援体制」の確立」である。

著書[編集]

外部リンク[編集]

先代:
八竹直
旭川医科大学学長
第7代: 2007年
次代:
-