函館ラ・サール中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
函館ラ・サール中学校・高等学校
Hakodate La Salle Junior High School & Senior High School.JPG
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人函館ラ・サール学園
校訓 Family Spirits
設立年月日 1960年4月
創立記念日 4月17日
共学・別学 男女別学(男子校)
中高一貫教育 併設型(外部混合有)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 01529G
所在地 041-8765
北海道函館市日吉町1-12-1
公式サイト 函館ラ・サール学園 トップページ
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
函館ラ・サール中学校・高等学校の位置(北海道内)
函館ラ・サール中学校・高等学校

函館ラ・サール中学校・高等学校(はこだてラ・サールちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、北海道函館市に所在し、学校法人函館ラ・サール学園が設置・運営する私立男子中学校高等学校中高一貫教育を提供し、高等学校においては2年次から混合クラスを編成する併設混合型中高一貫校[1][2]

寮を設置し、日本全国から入学者を受け入れている。また高校生に限り下宿が認められる。

同じラ・サール修道会が創設した、ラ・サール中学校・高等学校鹿児島県鹿児島市)と区別するため、略称に「函館」を略すことはできない。

概要[編集]

1932年昭和7年)にラ・サール修道会が来日し[3]、函館市での学校設立を計画した。1934年(昭和9年)に同市で函館大火が発生すると、同市での学校設立を断念して一行は本州に渡り、仙台市に外国語学校を設立した(ラ・サール・ホーム#沿革を参照)。1950年(昭和25年)に(鹿児島)ラ・サールを開校した後、函館市での開校を再び目指し、1960年(昭和35年)に函館市日吉町に函館ラ・サール高等学校が設立された。

1999年平成11年)に函館ラ・サール中学校を新設、中高一貫教育となった。

中学の約7割、高校の約6割が寮生であり[4]、関西・中部地方出身者も多い[5][6]

寮においては、中学は3年間、高校からの入学者は最初の1年間、全国唯一の「50人大部屋寮」[7]で過ごす。

入試は函館の本校のほか、札幌、東京、大阪、名古屋などの会場でも同時に行われている。

教育の方針と特色[編集]

バランスの取れた教育内容で、「学力」と「心」を育てる[8]

学園の根本的な考え方はファミリー・スピリット(家族的精神)である。父や兄のように、教師との信頼関係を通して、生徒たちに行動上の自覚を促し、学校の名誉を重んずる態度を養っている[9]

寮生活の「大部屋寮」もその特色を現すものとなっている。

カトリックのミッションスクールという特色を活かした倫理宗教の科目や、国際性を重視した英語教育など、「知」・「心」・「体」の育成に積極的に取り組んでいる。

教育方針
  • キリスト教の広く豊かな隣人愛の精神を養います。
  • 新時代の人間として、世界に対する広く正しい認識を養います。
  • 知・心・体の調和の取れた、社会に役立つ人間を育てます。
  • 一人一人の能力を最大限に伸ばします。

カリキュラム[編集]

編成[編集]

中学は1学年約80名の3クラス編成[1]。高校は、高校からの入学者(高入生)と併せて1学年約120名の6クラス編成となっている。

高入生のクラスを2つに絞る場合もある[10]

高2から中入生と高入生の混合クラスになり、文系と理系に分かれる。

履修[編集]

一週間の授業数は中学37時限、高校39時限で、毎週土曜日も4時限の授業を行っている。

授業は1コマ45分となっている。出欠は授業後に取る。これにより時間を効率的に使うことができ、部活の時間が確保できている[10]

高2からでも、英語と数学だけは中入・高入別の授業を行っている。

さらに、医学部受験にも対応できるように、理科3科目の履修を可能としている[1]

定期テストは年6回(中間試験が、前期と後期で2回ずつある)以外に、実力テストや各種模試を実施。長期休暇には講習・補習も開講している[1]

中3になると高校の内容に入る[1]。代々、理系志望が多く、1学年6クラスのうち、おおむね毎年4クラスが理系志望の生徒である。

宗教[編集]

高3まで週に1回、宗教の授業がある[11]

ミッションスクールの宗教の授業では普通、キリスト教について教えるが、世界中で起こっている問題、本校ではその時期に起こった事件や、関心の高い事象、たとえば差別、戦争と平和などいろいろな問題をテーマにディスカッションを行っている[3]

さまざまな問題を考える契機となり、このことは、自己推薦やAO入試など、大学入試の小論文や面接などへの大きな力になっている。

象徴[編集]

服装[編集]

中学は制帽がないが、制服と指定ジャージがある。高校はかつて制服制帽の規定があったが、現在は私服となっている。

校歌等[編集]

函館ラ・サール学園では、校内行事の際に下記の3曲が歌われる。[1]

  • ラ・サール讃歌
  • 函館ラ・サール学園 校歌
  • 函館ラ・サール学園 学生歌

開校当初は「ラ・サール讃歌」を正式な校歌とする予定であったが、諸事情によりそれが認められず、やむなく本校独自の校歌が制定された経緯がある。ただし鹿児島市のラ・サール学園や海外の系列校は「ラ・サール讃歌」を事実上の校歌として扱っていることから、本校でも「ラ・サール讃歌」を校歌に相当する曲として取り扱っている。そのため、本校の校歌は事実上複数あるともいえる。

これらとは別に学生歌 (It's a long way to La Salle High School) も制定されている。この曲は遥かなティペラリーの替え歌であるが、原曲とは異なり英語版のみである(行事の際も英語で歌われる)。

沿革[編集]

ラ・サール像
  • 1959年
    • 1月 - 学校法人函館ラ・サール学園設立認可。
    • 10月 - 函館ラ・サール高等学校開校認可。初代校長ブラザー・ローラン・ルエル就任。
  • 1960年4月 - 函館ラ・サール高等学校開校。4学級。
  • 1961年9月 - 第2代校長ブラザー・モーリス・ピカール就任。
  • 1964年8月 - 第1寮完成。
  • 1965年10月 - 校舎(図書・音楽・社会科教室等)増築。
  • 1967年
    • 1月 - 第3代校長ブラザー・アンリー・ラクロワ就任。
    • 8月 - 生徒食堂新設。
  • 1968年11月 - 講堂・クラブ室増築。
  • 1969年4月 - 制帽着用自由化。
  • 1993年4月 - 第4代校長ブラザー・アンドレ・ラベル就任。
  • 1999年4月 - 函館ラ・サール中学校開校。
  • 2004年4月 - 第5代校長(現校長)ブラザー・フェルミン・マルティネス就任。
  • 2006年1月 - 高校入試で推薦入試を実施。
  • 2010年10月 - 創立50周年を迎える。

[編集]

校舎に隣接して寮がある。中高合わせて600人近くの生徒がいることに加え、大部屋での生活であることから、寮専門の寮頭を置き、教員免許を持った寮教員と寮母を15人配置している[5]

本校には寮教育カリキュラムがあり、教員だけでなく、生徒がチューターを務める制度がある(後述)。

中学生の約7割、高校生の約6割が寮で生活している。中学生の半数以上が東京・大阪・名古屋の三大都市園の出身者。北海道と東北出身者の合計よりも多い。

なお、寮生は住民票を寮に移すため、入寮者は函館市民となる。

寮形態[編集]

中学寮と高校寮に分かれている。高校寮は函館ラ・サール高等学校開校50周年記念事業として新寮が建設され、2010年4月28日より運用が始まった。

中学生と外進と呼ばれる高校受験進学による高校1年生は、同期の寮生全員が1つの部屋で過ごす「大部屋」(別名「タコ部屋」等)で過ごす。内進と呼ばれる内部進学高校1年生と高校2・3年生は「4人部屋」で生活する。自分のスペースはベッドの上・衣装ケース・ロッカー・自習室の机および本棚のみであり、それ以外はすべて共用スペースとなる。

高校新寮[編集]

収容定員は各学年136名、総計408名。5階建て。

旧寮と異なり、浴場と食堂を除き、高校生の利用する寮施設の主なものが1つの建物に集約されている。また、半世紀を経た節目として寮内の内装も大幅に一新され、明るい照明と自然光を多く取り入れる設計で暖かな雰囲気を醸し出している。

「新寮」とは現在の寮生および職員による通称であり、正式な名称ではない。

高校旧寮[編集]

新寮設置に伴い解体された。本項目では取り壊し直前の旧寮について概要を述べる。

旧寮は。1・2・3寮と主に学年によって異なる棟が割り当てられていた。

1寮
外部進学の高校1年生の75人定員大部屋方式の寮であった。中学校併設前は100人定員の大部屋であり、一時は30人部屋が2室用意される形態をとっていた。1階にテレビと簡易の調理設備が備え付けられた娯楽室があった。洗面所は1階にあり、洗面用具は全員そこへ置いていた。雪が降るまでは、就寝時間まで屋上が解放されていた。1年生の自習室は2.5寮からの渡り廊下を通って行き、朝の点呼はそこで行われた。
2寮
内部進学の高校1年生と全ての高校2年生専用の寮で、4人部屋(2人部屋・5人部屋も若干あり)で構成された3階建ての施設であった。主に1・2階を2年生、3階を1年生が使用した。2寮と3寮の中間に位置する2階建ての建物(通称2.5寮)も管理上は2寮の一部であり、1階は柔道部・剣道部専用の乾燥室と自習室、2階は高校2年生専用の4人部屋が置かれた。
3寮
高校3年生専用の寮で、基本的な構造は2寮と同一であった。主に2・3階の4人部屋で生活することになっているが、下宿希望者及び短期宿泊者(主に卒業生や教育実習生)は1階を使用することもあった。娯楽室は2階にあった。各階2箇所に調理場があり、簡単な調理をすることができた。

寮での学習[編集]

義務自習制度[編集]

寮生は土曜など一部例外を除いて、一定時間に自習が義務付けられている。中学生、高1は自習室でそれぞれ取り組み、高2・高3は自分の部屋で取り組む。

  • 中学生 - 19:20~20:45・21:00~22:10
  • 高1・高2 - 19:55~21:30・21:45~23:00

高校3年生は原則として義務自習は存在しない(担当の寮監により対応が一部変わる)が、それに相当する時間は部屋内でルールを決めて自主的に勉強する者が多い。高校3年生は、あらかじめ年度の初めに、スケジュールを提出する。なお、テスト期間中(最終日を除く)は30分延長される。(高校のみ)

チューター制度[編集]

先輩が新入生に寮のすべてを教える「チューター制度」を実施している。50年ほどの伝統がある。チューターとは本来家庭教師の意味だが、寮内におけるチューターは新入生にとって寮のルールを教わる「家庭教師」であり、最初に交流を深める先輩でもある。

チューターになれるのは内進の学業・生活態度が優秀な中学2年生と外進の高校2年生である。また、チューター経験のある中・高3で、チューターの仕事を教えたりするアドバイザーが1人(中学では2人)設けられる。

寮則[編集]

寮事務室
寮食堂
持ち込み禁止物品

集団生活の特性上、持ち込み物品の規制を行わない場合、学業に専念したい生徒への妨害行為となる可能性が高い。よって、禁止物品の数は多岐にわたる。具体的には、携帯電話、パソコン、テレビ、ビデオ・DVDプレーヤー、携帯ゲーム機、ゲームソフト、麻雀、花札、コンポ、キャラクターカードなどが挙げられ、最近では新たにiPodも規制対象に加えられている。基本的に動画再生あるいはインターネット接続可能な電子機器は禁止である。ただし友達同士の親睦を図ることができ、勉強のストレス解消にもつながるという理由により、トランプ類(非キャラクター系)や囲碁・将棋・オセロ等のボードゲーム(非賭博系)は認められている。

門限・点呼制度

高校生は19:50、中学生は18:30[土は19:00]を持って門限となる。ただし、塾通学等の特別な事情がある場合は最大21時30分まで門限の延長が認められる(高校生のみ。ただし事前の手続きが必要)。

また、門限以降に寮生が全員揃っているかを確認するため、全学年に点呼制度を採用している。高校1年生の場合、朝 (07:30)、義務自習開始 (19:55)、義務自習中(21:45)の計3回にわたり、自習室の自分の机で点呼を受ける。高校2年生は義務自習開始と義務自習中の2回となり、高校3年生は20時と22時の2回である。

寮生番号制度

入寮時、総ての寮生に「寮生番号」が付与され、呼び出しなどで用いられる。中学生と内進高校生はアルファベット+1~2桁の数字(例:C45・D1)、外進高校生はアルファベット+3桁の数字(例:F101・D256)で構成される。

義務自習中のルール

基本的に飲食・私語・音楽は禁止されていて、中学寮では、自習室内常時私語・飲食・飲食物の持ち込みが禁止されているが、高校生に関しては飲料水と音楽は認められている。厳密には、音楽プレイヤーの使用は「英語のリスニング教材のみ」と限定されている。

下宿[編集]

高校生のみに認められている。過去に数度だけ入寮希望者が超過したため寮に入れなかった数名が下宿に回ったことがある。なお、寮生は悪質行為や原級留置(留年)をした場合は退寮処分となり、下宿生活を余儀なくされる。

登下校[編集]

寮の中庭

寮と学校は食堂前の連絡通路(写真前方と右側の通路)で繋がっているが、この通路を利用して登下校できるのは高校生のみで、中学生は原則として外登校をしている。なお、この連絡通路には2つの連絡扉(電気錠)が設置されており、時間によって開閉する時間が異なる。なお、8時25分を過ぎると閉門となるため、高校生であっても外登校となり、自宅生・下宿生と同様8時30分までに登校できなければ遅刻者として扱われる。

中学は、8時10分までに登校を完了しなければいけない。

学校行事[編集]

  • 4月 - 対面式
  • 5月 - 聖ラ・サールの日の集い、高校壮行会
  • 6月 - 高校遠足(「速歩遠足」)、芸術鑑賞
  • 7月 - 中体連大会・高体連大会、学園祭
  • 9月 - 球技大会
  • 10月 - フィールドワークおよび発表会(中1・中2)、宿泊研修(高1)
  • 11月 - 追悼式、高校生徒会役員選挙
  • 12月 - 海外研修旅行(中3、北米、7泊9日)、クリスマス会
  • 1月 - スキー研修
  • 2月 - 雪中運動会
「速歩遠足」は高校生が参加する伝統ある名物行事であり、27.3kmコースの完歩を目指す。
以前は南茅部町から学校まで帰ってくるコースだったが、現在は学校をスタートして折り返し、学校に戻ってくるコースに変更された。

部活動[編集]

グラウンドは広く、バスケットボールのコートが2面取れる広さの体育館も2つある。キャンパスは1周1kmほどあり、野球、サッカー、ラグビー、テニスが同時に可能である。

本校では3教科で赤点を取ると、次の試合に出られないというルールがある[12]

部活については、高2で終える学校も少なくない中、本校の運動部は、ほとんどの生徒が高3のインターハイまで続けている[12]

全体的に、強い部活が複数あるのが特徴である。

高校ラグビー部は、2015年に地区大会を勝ち抜き、南北海道の代表として東大阪市の花園ラグビー場での全国大会に初出場した。

テニス部も毎年インターハイに出場している。

文化系では、吹奏楽局が東日本大会に出場している。

  • 運動系
    • 剣道部、サッカー部、柔道部、水泳部、体操部、卓球部、バスケットボール部、バレーボール部、ラグビー部、陸上部、高校アーチェリー部、高校硬式野球部、高校軟式野球部、高校硬式テニス部、高校軟式テニス部、高校バドミントン部、高校ハンドボール部、高校ワンダーフォーゲル部、中学テニス部、中学野球部
  • 文化系
    • 棋道部、グリー部、茶道部、写真部、高校アマチュア無線部、高校一般音楽部、高校映画研究部、高校英語研究部、高校ジャズ研究部、高校先端科学技術天文部、高校ボランティア部、高校漫画研究部、高校ミッション部、中学吹奏楽部、中学放送部、中学理科部
  • 外局(高校)
    • 応援団、新聞局、図書局、吹奏楽局、放送局
  • 同好会(高校)
    • クイズ研究会、空手同好会、文学研究同好会、クラシック音楽愛好会、鉄道研究会

入試[編集]

中学入試[編集]

第1次(1月8日)は函館・札幌・東京・大阪の4会場で、第2次(2月3日)は函館・東京・名古屋・大阪の4会場で行われる。定員は105名。

4科(国算理社)または3科(算国理)を選択できる。国語(60分・100点)、算数(60分・100点)、理科(40分・50点)、社会(40分・50点)

  • 4科を選択した場合、4科合計と3科合計の5分の6を小数第1位で四捨五入したもののうち、高い方を判定得点とする。
  • 3科を選択した場合、3科合計の5分の6を小数第1位で四捨五入したものを判定得点とする。

高校入試[編集]

帰国生入試(20名程度)、推薦入試、県外特別入試、一般入試帰国生入試がある。定員は計220名。

推薦入試、県外特別入試は3科(国数英)、一般入試は5科(国数社英理)の各科100点である。

推薦入試では、面接や口頭試問は行われない。実施初年度の2006年度は国語に代わり小論文であった。

兄弟校・関連施設[編集]

日本国内でラ・サール会が運営する学校の中では本校以外にラ・サール中学校・高等学校鹿児島市)があり、両校は兄弟校である。

また、児童養護施設のラ・サール・ホームおよびラ・サール会仙台修道院(ラ・サール会日本本部)が仙台市にある。

この他、ラ・サール・ハウスと呼ばれる学生寮(大学生対象)が代々木上原日野駅前にあったが、現在はいずれも閉鎖され、日本国内のラ・サール会関連施設は、函館・鹿児島・仙台に集約されている。

海外にはラ・サール会の修道院が経営する教育機関が約1,000校あり、著名な学校では、フィリピンデ・ラ・サール大学もこの中に含まれる。

なお、ラサール不動産投資顧問やラ・サール進学教室はラ・サール会とは一切関係がないため、本校とも無関係である。

その他[編集]

  • 卒業寮生は、3泊までなら事前に寮職員に連絡すれば寮に宿泊することが可能である(滞在日数の食事のみ自己負担)。
    • 多くの卒業生がやってくる。遠くからわざわざ本校に集まって成人式をやる卒業生たちもいる[5]
  • 2011年、東日本大震災による計画停電の対策として夏季休業期間に日能研の合宿会場として使用された。

著名な卒業生[編集]

芸術[編集]

スポーツ[編集]

文化[編集]

政治[編集]

経済[編集]

学者[編集]

[13]

医学者[編集]

芸能[編集]

技芸[編集]

アナウンサー[編集]

法曹[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]