滋賀県立大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
滋賀県立大学
The University of Shiga Prefecture.JPG
大学設置 1995年
創立 1950年
学校種別 公立
設置者 公立大学法人滋賀県立大学
本部所在地 滋賀県彦根市八坂町2500
北緯35度15分35.6秒 東経136度13分9.3秒 / 北緯35.259889度 東経136.219250度 / 35.259889; 136.219250座標: 北緯35度15分35.6秒 東経136度13分9.3秒 / 北緯35.259889度 東経136.219250度 / 35.259889; 136.219250
学部 環境科学部
工学部
人間文化学部
人間看護学部
研究科 環境科学研究科
工学研究科
人間文化学研究科
人間看護学研究科
ウェブサイト 滋賀県立大学公式サイト
テンプレートを表示

滋賀県立大学(しがけんりつだいがく、英語: The University of Shiga Prefecture)は、滋賀県彦根市八坂町2500に本部を置く日本公立大学である。1995年に設置された。大学の略称は県大。 初代学長動物行動学者の日高敏隆京都大学名誉教授)である[1]

前身の滋賀県立短期大学(農業部・工業部・家政部)を4年制大学に改組して発足。

沿革[編集]

キャンパス[編集]

キャンパスは琵琶湖岸近くに立地する。 最寄りのJR南彦根駅からは約3kmの距離があるため、学生などの多くはバスや自転車を利用する[要出典]建築家の内井昭蔵によるマスター・アーキテクト方式を取り入れて建築された学舎は「環濠集落」をイメージしている。環濠には琵琶湖の水が流れ込み、八幡瓦、穴太積みの石垣を取り入れるなど学内で近江の歴史的な景観を見いだすことができる。環濠にはアヒルや鴨が住みつき大学のマスコット的存在となっている。シンボルである時計塔は、その形から「えんぴつ塔」と親しみを込めて呼ばれている[要出典]1998年(平成10年)の公共建築百選に選定されている[12]

学部・学科[編集]

  • 環境科学部
    • 環境生態学科
    • 環境政策・計画学科
    • 環境建築デザイン学科
    • 生物資源管理学科  
  • 工学部
    • 材料科学科
    • 機械システム工学科
    • 電子システム工学科
  • 人間文化学部
    • 地域文化学科
    • 生活デザイン学科
    • 生活栄養学科
    • 人間関係学科
    • 国際コミュニケーション学科
  • 人間看護学部
    • 人間看護学科

大学院[編集]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

他大学との協定[編集]

学園祭[編集]

湖風祭[編集]

  • 学園祭は例年11月第2週の金土日の3日間に渡って開催されている。湖風祭(こふうさい)という名称となっている[23]
    • 特徴 大学が環境科学部を擁するため、学園祭も環境に配慮した取組を積極的に行っている[24]。ゴミらというキャラクターゴミ箱によるゴミ分別や、Myはし企画、使い捨て皿ではなく何度でも使えるプラスチック皿を採用したDRP(Dish Return Project)など省資源対策に取り組んでいる。キャラクターゴミ箱のゴミらから生まれた「環境戦隊ゴミらレンジャーショー」、人間文化学部生活文化学科生活デザイン専攻の3回生を中心として行われる「Fashion Show」など学生の手作り感を全面に出した学園祭となっている。

湖風夏祭[編集]

  • 学園祭に先立ち6月下旬の土曜日に夏祭が開催されている。湖風夏祭(うみかぜなつまつり)という名称になっている[25]
    • 特徴 夏らしさを演出するため、浴衣参加者への特典、うちわの配布などが行われている[25]。地域とのつながりをコンセプトの一つとしており、地域で活躍する団体の参加や江州音頭などが行われている。

イベント[編集]

  • 滋賀県立大学オーケストラの定期演奏会が秋にひこね市文化プラザにて開催される。

滋賀県立大学オーケストラの公式HP

クラブ[編集]

  • 滋賀県立大学体育会
    • 男子バレーボール部
    • 女子バレーボール部
    • 男子バスケットボール部
    • 男子硬式庭球部
    • 女子硬式庭球部
    • バドミントン部
    • 陸上競技部
    • 剣道部
    • 弓道部
    • 柔道部
    • 合気道部
    • 硬式野球部
    • 軟式野球部
    • ウィンドサーフィン部
    • カヌー部
    • 漕艇部(休部中)
    • 水泳部
    • ゴルフ部
    • 卓球部
    • サッカー部
    • フットサル部
    • 体操・トランポリン部

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “日高敏隆氏が死去 動物行動学草分け、初代県立大学長”. 京都新聞 (京都新聞社): pp. 朝刊 1. (2009年11月24日) 
  2. ^ “年度内に基本構想 平成7年向け初会合 滋賀県立大開設準備委”. 京都新聞 (京都新聞社): pp. 朝刊 3. (1991年11月28日) 
  3. ^ “県立大 本格工事スタート 彦根で起工式 2年後に開学へ 談合指摘の管理棟入札のめど立たず”. 京都新聞 (京都新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (1993年9月17日) 
  4. ^ “県立大設置認可を申請 来春開学へ学部構成提出”. 読売新聞 (読売新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (1994年4月30日) 
  5. ^ “環境科学部備えた 滋賀県立大 来春開校へ”. 産経新聞 (産経新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (1994年12月21日) 
  6. ^ “学問の追求誓う 滋賀県立大 初の入学式”. 京都新聞 (京都新聞社): pp. 夕刊 10. (1995年4月10日) 
  7. ^ “滋賀県立大 開学 「環境立県」の砦 船出 研究成果世界に発信”. 京都新聞 (京都新聞社): pp. 朝刊 16-17. (1995年3月26日) 
  8. ^ “県立大の開学祝い式典 日高学長ら 期待込めあいさつ”. 京都新聞 (京都新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (1995年6月7日) 
  9. ^ “神戸の中国資料館から県立大に蔵書2万冊 4月から一般公開 きょう感謝状”. 京都新聞 (京都新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (1996年2月22日) 
  10. ^ “楠田枝里子さん 地上絵巡り対談 県立大学長と”. 読売新聞 (読売新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (1996年9月8日) 
  11. ^ “きょうオープン 記念の講演や対談 県立大学の交流センター”. 朝日新聞 (朝日新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (1996年9月7日) 
  12. ^ a b “公共建築100選に県立大学と八日市市庁舎”. 中日新聞 (中日新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (1998年10月31日) 
  13. ^ “きょう同窓会設立総会開く 初の卒業式の県立大”. 朝日新聞 (朝日新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (1999年3月24日) 
  14. ^ “単位互換協定に調印 滋賀大と滋賀県立大”. 京都新聞 (京都新聞社): pp. 朝刊 25. (2002年3月14日) 
  15. ^ “「人間看護学部」文科省に設置申請 県立大”. 京都新聞 (京都新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (2002年4月27日) 
  16. ^ “3大学新設を承認 長浜バイオ びわこ成蹊スポーツ 聖泉 文科省 県立大1学部増も”. 京都新聞 (京都新聞社): pp. 朝刊 3. (2002年12月20日) 
  17. ^ “「精神の牙を磨け」西川学長が呼びかけ”. 毎日新聞 (毎日新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (2003年4月10日) 
  18. ^ “「夢持ち生き続けて」県立大で卒業式 看護短大部は最後に”. 京都新聞 (京都新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (2005年3月25日) 
  19. ^ “公募の理事ら決定 法人化で県立大(彦根市)”. 京都新聞 (京都新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (2006年3月8日) 
  20. ^ “環境共生研究センター 県立大が開設”. 中日新聞 (中日新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (2008年7月2日) 
  21. ^ “温暖化研究拠点を設立 企業や自治体と連携 1日開所式 県立大”. 京都新聞 (京都新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (2008年6月29日) 
  22. ^ “県立大と交流協定 独のアウクスブルク大”. 中日新聞 (中日新聞社): pp. 朝刊 20. (2009年11月10日) 
  23. ^ “バス試食や音楽祭など 県立大「湖風祭」 あすから”. 京都新聞 (京都新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (2002年11月7日) 
  24. ^ “環境へ配慮 県立大「湖風祭」”. 朝日新聞 (朝日新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (1998年11月8日) 
  25. ^ a b “「和」テーマに湖風夏祭 県立大学で24日に開催 浴衣着用でうちわ (彦根市・県立大)”. 朝日新聞 (朝日新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (2006年6月21日) 


外部リンク[編集]