三育学院大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三育学院大学
正門
正門
大学設置 2009年
創立 1898年
学校種別 私立
設置者 学校法人三育学院
本部所在地 千葉県夷隅郡大多喜町久我原1500
北緯35度14分30秒 東経140度15分48秒 / 北緯35.24167度 東経140.26333度 / 35.24167; 140.26333座標: 北緯35度14分30秒 東経140度15分48秒 / 北緯35.24167度 東経140.26333度 / 35.24167; 140.26333
キャンパス 大多喜 (千葉県夷隅郡大多喜町)
東京 (東京都杉並区天沼)
学部 看護学部
ウェブサイト 三育学院大学公式サイト
テンプレートを表示

三育学院大学(さんいくがくいんだいがく、英語: Saniku Gakuin College)は、千葉県夷隅郡大多喜町久我原1500に本部を置く日本私立大学である。2009年に設置された。

グレンジャー記念講堂(左)、大河平輝彦記念ホール(右)

概要[編集]

三育学院短期大学看護学科が4年制大学に移行する形で[1]2008年(平成20年)4月に開校した[2]。現学長は東出克己

教育方針[編集]

ミッションステートメントとして「本学は、プロテスタントキリスト教の精神、とりわけその潮流のもとにあるセブンスデー・アドベンチスト教団の理念と実践に基づく教育共同体である[広報 1]」と掲げている。

教育方針として、公式サイトには

  1. 神の愛を学ぶことにより、自己と他者の価値と尊厳を認める。
  2. 自己、他者、そして神との対話を通し、自分を見つめ、成長させる。
  3. 人間関係を円滑に保つコミュニケーション能力を身につける。
  4. 物事を論理的に考えるクリティカルな思考力と、問題と主体的に取り組む姿勢を持つ。
  5. 看護専門職者として高い倫理観を備え、適切で安全な看護を実践する基礎的能力を身につける。
  6. 自己の行動に責任を持ち、他職種と連携して働くことができる。
  7. 自己研鑚に努め、看護学の発展に寄与する。
  8. SDAライフスタイルに基づいた健康的な生活の実践と啓蒙に努める。
  9. 国際性を養い、人種・文化・信条を超えた看護を実践できるとともに、国際交流や国際協力に貢献できる基本的姿勢を身につける。
  10. 神に仕えるように人に仕える精神を持ち、喜びと意義ある天職として看護の働きを実践する。

の10が挙げられている[広報 2]

設置学部[編集]

主な設備[編集]

  • キャンパスは大多喜キャンパスと東京校舎の二つに分かれる[広報 3]
  • 大多喜キャンパス内に三つの寮が存在する。一部屋3〜4人のルームシェアの形を取る[広報 4]
    • スミルナ寮: 女子寮。4階建て、120名収容可能。
    • ミルテ寮: 女子寮。3階建て、100名収容可能。
    • カレッジホール: 男子寮。50名収容可能。

なお、東京校舎には「サフラン寮」が存在する。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ “三育学院大4月開学 大多喜町 4年制看護学部を設置”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 17. (2008年2月6日) 
  2. ^ “三育学院大学が開校 県南唯一の看護大学 「知」「徳」「体」調和の取れた三育を実践”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 9. (2008年4月9日) 

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

  1. ^ 公式サイト http://www.saniku.ac.jp/about/about_01.html
  2. ^ 公式サイト http://www.saniku.ac.jp/domitory/index.html
  3. ^ 公式サイト http://www.saniku.ac.jp/campus/campus_01.html
  4. ^ 公式サイト http://www.saniku.ac.jp/domitory/index.html
  5. ^ 山内太地 「こんな大学で学びたい!」147p。また、公式サイト: 学生生活を支える食事 > 卵乳菜食について、2014年11月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]