星美学園短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
星美学園短期大学
Seibi Gakuen College.JPG
大学設置 1960年
創立 1939年
学校種別 私立
設置者 学校法人星美学園
本部所在地 東京都北区赤羽台4-2-14
北緯35度47分3.1秒 東経139度42分52.7秒 / 北緯35.784194度 東経139.714639度 / 35.784194; 139.714639座標: 北緯35度47分3.1秒 東経139度42分52.7秒 / 北緯35.784194度 東経139.714639度 / 35.784194; 139.714639
学部 人間文化学科
  旧・国文科[1]
  旧・生活文化学科[1]
幼児保育学科
研究科 幼児保育専攻
ウェブサイト 星美学園短期大学公式サイト
テンプレートを表示

星美学園短期大学(せいびがくえんたんきだいがく、英語: Seibi Gakuen College)は、東京都北区赤羽台4-2-14に本部を置く日本私立大学である。1960年に設置された。大学の略称は星美短大。北緯35度47分3.1秒
東経139度42分52.7秒

概観[編集]

大学全体[編集]

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 星美学園短期大学の教育方針は「カトリック精神に根ざした愛と信頼の心を」となっている。

教育および研究[編集]

  • 星美学園短期大学におけるカリキュラムとして特筆すべきは、人間文化学科にイタリア語・イタリア文化コースが設けられているところにあり、これは、日本全国でただ一つのものとなっている。イタリアローマにて海外研修旅行が行なわれている。卒業論文や卒業研究発表会があるのも特色となっている。

学風および特色[編集]

  • 星美学園短期大学は、イタリア・ローマにて1872年聖ドンボスコにより設立された扶助者聖母会(カトリック修道会)が起源となっている。そのことから、カトリック精神に基づいた教育がベースとなっており、開学記念日として「聖母祭」や「追悼ミサ」・「クリスマスセレモニー」といった宗教的行事が行われるのが特色となっている。ほか、長期履修制度を利用すれば、最大6年間在籍できるというシステムもある。

沿革[編集]

  • 1939年 東京の三河島にて星美学園が創設されたのが発端となっている。
  • 1960年 星美学園短期大学開学。家政科を置く(在学者数28[2])。シスター・レティツィア・ベリアッティが初代学長に就任。
  • 1963年 保育科を増設(在学者数11[3])。平手シヅが学長に就任。
  • 1967年 国文科を増設(在学者数40[4])。
  • 1969年 学科名の変更が行われる。
    • 保育科
    • 国文科→国文学科
    • 家政科→家政学科
  • 1989年 牧田トミが学長に就任する。
  • 1993年 家政学科を文化学科と改称。
  • 1994年 島崎通夫が学長に就任する。
  • 1997年 久山宗彦が学長に就任する。
  • 2000年 生活文化学科と国文学科を統合。
    • 人間文化学科
      • 言語文化専攻
      • 人間生活学専攻
  • 2001年 武石聰子が学長に就任する。
  • 2003年 専攻科幼児保育専攻を設置。
  • 2004年 日伊総合研究所を創設。
  • 2005年 幼児教育学科を幼児保育学科と改称。
  • 2007年 阿部健一が学長に就任。
  • 2009年 専攻科イタリア語イタリア文化専攻を設置。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 東京都北区赤羽台4-2-14

交通アクセス[編集]

象徴[編集]

  • 星美学園短期大学のカレッジマークには、星と花の絵が描かれており、下の部分には「RESPICE STELLAM」の文字が記されている。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 人間文化学科:「イタリア語イタリア文化」・「日本語日本文学」・「生活造形」・「情報文化」・「医療福祉管理」・「総合」の各コースからなっている。
  • 幼児保育学科
学科の変遷[編集]
  • 家政科→家政学科→生活文化学科→人間文化学科人間生活学専攻[5]→人間文化学科の一部
  • 国文科→国文学科→人間文化学科言語文化専攻[5]→人間文化学科の一部
  • 保育科→幼児教育学科→幼児保育学科

専攻科[編集]

  • 幼児保育専攻:保育士を目指す人のための課程で、修業年限は昼間部1年制。
  • イタリア語イタリア文化専攻:2009年度新設。

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]
  • 幼児保育学科では、幼稚園教諭二種免許状が取得できる。なお保育士資格を取得する場合は、専攻科幼児保育専攻に1年間在籍し所定の単位を取得して修了することが必要である。さらに、追加履修することで特別支援学校教諭二種免許状も取得できる。


  • かつては中学校教諭二種免許状の教職課程も設けられていた[6]
    • 国語:かつて国文学科・人間文化学科言語文化専攻にて設置されていた[6][7]
    • 家庭:かつて生活文化学科・人間文化学科人間生活学専攻にて設置されていた[6][7]

附属機関[編集]

  • 日伊総合研究所
  • 図書館
  • 短大附属ではないが「星美ホーム」と称した社会福祉施設がある。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

ボランティア活動[編集]

  • 「Fire kids」、「AGM」、「マリア救援隊」とそれぞれ称した団体がある。

学園祭[編集]

  • 星美学園短期大学の学園祭は「星美祭」と呼ばれ毎年、概ね10月に行われている。ホームページによると2008年度は、10月11日12日に実施される予定で、「スマイル革命 -世界に喜びを届けよう- 」がテーマとなっている。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 星美学園短期大学の同窓会組織は「ウニオーネ短大」と称す。この名称はイタリア語で、「一致」という意味を表し、扶助者聖母会同窓会世界連合の通称である。具体的な活動は、星美祭への出店、「料理を楽しむ会」の開催や会報の発行などである。

大学関係者一覧[編集]

出身者[編集]

対外関係[編集]

イギリス
関係校
系列校

社会との関わり[編集]

  • 本短大の専任講師である武田好がNHK外国語講座に出演している。
  • 「マリア救援隊」と称したボランティア活動団体が、フィリピンの大学生に対する援助活動を行なっている。
  • 公開講座としてイタリア文化講座を行っている。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 募集は1999年度まで
  2. ^ 昭和36年度版『全国学校総覧』23頁より
  3. ^ 昭和39年度版『全国学校総覧』28頁より
  4. ^ 昭和43年度版『全国学校総覧』33頁より
  5. ^ a b 募集は2002年度まで
  6. ^ a b c '99 全国短期大学案内』(梧桐書院)243頁より
  7. ^ a b c d e 2001年度用入学案内パンフレットより
  8. ^ a b c 『短大螢雪5月臨時増刊 短大・学科内容案内号』(旺文社。2000年5月)442ページより一部抜粋

関連項目[編集]

公式サイト[編集]