住民参加

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

住民参加(じゅうみんさんか)とは政治学用語の一つで、地方自治体などによって公共事業が行われる場合や地域で問題が発生している場合には、それがその地域の住民の利害に関わる事柄ならば、それらについてその住民に発言権を与えるという制度。これが確立されているならば、行政が地域において何らかの決定をする場合に、地域住民からの意見が存在するならば行政側はそれを聞くことが義務付けられているというわけである。これは行政が活動をする上で、世論を反映させる重要な手段の一つとなっている。

参考文献[編集]