福島学院大学短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福島学院大学短期大学部
福島学院大学短期大学部宮代キャンパス
福島学院大学短期大学部宮代キャンパス
大学設置 1966年
創立 1941年
学校種別 私立
設置者 学校法人福島学院
本部所在地 福島県福島市宮代乳児池1-1
キャンパス 宮代キャンパス(保育科第一部・第二部、食物栄養科)
福島駅前キャンパス(情報ビジネス科)
学部 保育科第一部、保育科第二部
食物栄養科
情報ビジネス科
研究科 福祉専攻第一部
保育専攻第二部
臨床栄養専攻
情報ビジネス専攻
ウェブサイト 福島学院大学短期大学部公式サイト
テンプレートを表示

福島学院大学短期大学部(ふくしまがくいんだいがくたんきだいがくぶ、英語: Fukushma Junior College)は、福島県福島市宮代乳児池1-1に本部を置く日本私立大学である。1966年に設置された。大学の略称は福短。本稿では、旧来の福島女子短期大学・福島学院短期大学を含めて説明する。

概観[編集]

大学全体[編集]

  • 福島学院大学短期大学部は、福島県福島市内にある日本私立短期大学学校法人福島緑が丘学園により1966年に緑ヶ丘女子短期大学として設置された。旧来は女子短大だったが、共学化された。学科体制は昼間部5学科夜間部1学科とかなりの規模を誇っていたが、福島学院大学の開学により学名変更され学科体制も昼間部は3学科に縮小される。キャンパスは学科により異なる。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 福島学院大学短期大学部における建学の精神は「真心こそすべてのすべて」となっている。

教育および研究[編集]

  • 福島学院大学短期大学部には、開学当初より設置されている保育科があり、附属幼稚園での教育実習も取り入れられている。ほか、栄養士を養成する食物栄養科とビジネスに関する専門科目を学ぶ情報ビジネス科がある。

学風および特色[編集]

  • 福島学院大学短期大学部には、東北で唯一夜間課程を併設する保育科がある。
  • 男女共学である。
  • GPA制度がある。

沿革[編集]

  • 1941年 福島高等洋裁学院(後の福島ドレスメーカー専門学校)を創設。
  • 1966年 緑ヶ丘女子短期大学(みどりがおかじょしたんきだいがく)を設置。保育科I部をおく[1]
  • 1968年3月10日 福島女子短期大学(ふくしまじょしたんきだいがく)と改称。
  • 1968年度 学科の新設が行われる。
    • 服飾美術科→1989年、生活教養科を経て2000年に生活デザイン学科となる。募集は2002年度まで。
    • 食物栄養科
  • 1971年 保育科にII部が設置される。
  • 1973年 専攻科保育専攻I部・II部を置く。
  • 1985年 秘書科が設置される
  • 1989年 服飾美術科を生活教養科に改称。
  • 1999年 秘書科を情報ビジネスコミュニケーション学科と改称。
  • 2000年 福島学院短期大学(ふくしまがくいんたんきだいがく)と改名。共学となる。生活教養科を生活デザイン科に改組。
  • 2001年 福祉心理科・専攻科福祉専攻を設置。
  • 2002年 情報ビジネスコミュニケーション学科を情報ビジネス科に改称。
  • 2003年 福島学院大学短期大学部と改称。
  • 2012年 専攻科情報ビジネス専攻を設置。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

福島駅前キャンパス
  • 宮代キャンパス(福島県福島市宮代乳児池1-1)
  • 福島駅前キャンパス(福島県福島市本町2-10)


教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 保育科
    • I部
    • II部
  • 食物栄養科
  • 情報ビジネス科
過去にあった学科[編集]
  • 生活デザイン科:ファッションインテリアに関するデザインや衣食住に関する科目が用意されていた。募集は2002年度まで。
  • 福祉心理科:福祉と心理とを関連付けた科目が用意されていた。訪問介護員二級資格取得に力をいれたカリキュラムも用意されていた。入学定員は50名となっていた。結果的に募集が僅か2年度限りということから暫定的に設置された学科ということになる。
  • 秘書科

専攻科[編集]

  • 福祉専攻第一部:介護福祉士を養成する課程
  • 保育専攻第二部:音楽療法を学ぶための課程で、二部であるため夕方からの始業となっている。
  • 臨床栄養専攻
  • 情報ビジネス専攻

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]
資格
教職課程


学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 福島学院大学短期大学部の学園祭は「のぎく祭」と呼ばれ例年、10月に行われている。


大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 福島学院大学短期大学部には、同窓会組織がある。

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]


施設[編集]

宮代キャンパス[編集]

  • 使用学科:保育科(I部・II部)、食物栄養科、旧・生活デザイン科、旧・福祉心理科
  • 使用専攻科:福祉専攻第一部、臨床栄養専攻
  • 使用附属施設:福島学院大学附属幼稚園
  • 交通アクセス
    • 阿武隈急行線福島学院前駅で下車するのが最も便利である。駅から歩いて間もない場所にある。
    • JR東北本線福島駅からバスも利用できる。最寄りは「福島学院前」バス停であるが、バス停から少し歩かなければならない。
    • JR東北本線東福島駅からも利用できるが、こちらはかなり歩くことになる。
  • 設備:学内には「ジョージアハウス」(入試事務所)・「むつみ館」・「のぎく館」・「しらゆり館」・「すみれ館」・「かとれあ館」・体育館・「ハウスグリンデルワルト」(スイス風の建物)・「カーサ・フローラ」(イベントで利用される建物で、館内に「千葉記念ホール」がある。)などの建物ほか、パリをイメージした庭園がある。

福島駅前キャンパス[編集]

  • 使用学科:情報ビジネス科
  • 使用専攻科:保育専攻第二部、情報ビジネス専攻
  • 使用附属施設:心理臨床相談センター、メンタルヘルスセンター、NPO起業実習施設
  • 交通アクセス:JR東北本線福島駅
  • 設備:校舎は地下1階・地上6階建てとなっている。

[編集]

  • 福島学院大学短期大学部には、旧来の福島女子短期大学時に設置された「八千草寮」がある。

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]


系列校[編集]

社会との関わり[編集]

  • 公開講座を行っている。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • 保育科は、幼稚園や保育園など児童関連、食物栄養科は栄養専門職として給食関連や各種医療機関や学校給食などに就職している。情報ビジネス科は医療事務、商用デザイン関係、IT関係等の一般企業への就職者となっている。専攻科福祉専攻第一部においては介護施設、児童関連への就職となっている。

編入学・進学実績[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

短期大学関連書物[編集]

  • 『福島女子短期大学』1976年および1980年度用の入学案内小冊子福島県立図書館にて保管されているとの情報がある。
  • 『福島女子短期大学十年』
  • 『福島女子短期大学創立20周年記念誌』(1986年発行)
  • 『福島女子短期大学研究紀要』ほか。福島県立図書館をはじめ県内の大手図書館に所蔵されている。詳細は、福島県立図書館のホームページを開いて「図書館横断検索システム」にて「福島女子短期大学」を入力すると検索しやすくなる。

脚注[編集]

  1. ^ 当時の在学生は114人となっている。
  2. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内

公式サイト[編集]


この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。