実践女子大学短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
実践女子大学短期大学部
実践女子大学渋谷キャンパス.jpg
大学設置 1950年
創立 1899年
学校種別 私立
設置者 学校法人実践女子学園
本部所在地 東京都渋谷区東1-1-49
キャンパス 渋谷キャンパス
学部 日本語コミュニケーション学科
英語コミュニケーション学科
ウェブサイト https://www.jissen.ac.jp/
テンプレートを表示

実践女子大学短期大学部(じっせんじょしだいがくたんきだいがくぶ、英語: Jissen Women’s University Junior College)は、東京都渋谷区東1-1-49に本部を置く日本私立大学である。1950年に設置された。大学の略称は実践短大。

概観[編集]

大学全体[編集]

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 実践女子大学短期大学部における建学の精神は「品格・高雅にして自立・自営できる女性の育成」となっている。

教育および研究[編集]

  • 実践女子大学短期大学部における教育
    • 日本語コミュニケーション学科:コミュニケーション・日本文学・女性文学に関する科目ほか「児童文学」や「女性文学」などの科目がある。さらに、「コミュニケーションスキル」および「情報スキル」の各コースに応じて科目を履修していくシステムとなっている。
    • 英語コミュニケーション学科:「実践キャリアプランニング」「Integrated English a.b」といった共通科目ほか、「観光ビジネス」および「国際コミュニケーション」の各コースに応じた科目を履修していくシステムとなっている。
  • 2020年度における夏期海外語学研修先として、アメリカイギリスカナダ中国・韓国・フランス・ドイツ・マレーシアがあげられる。現在、TOEFL試験・面接は行っていない。

学風および特色[編集]

  • 実践女子大学開学の翌年に設置されており、短大としての歴史は永い。2020年度に設立70周年を迎えた。
  • 大学と類似した学科が設置されている関係上、短大卒業後、実践女子大学に編入学する学生が多い。

沿革[編集]

  • 1882年(明治15年) 桃夭学校創設。日本における私学女子教育の先駆けとなる。
  • 1899年(明治32年) 実践女学校、東京・麹町に設置される。
  • 1916年(大正5年)箱根仙石原に夏季修養寮「仙鶴荘」を開設。
  • 1950年(昭和25年) 実践女子学園短期大学(じっせんじょしがくえんたんきだいがく)として開学。当初は、家政科の1科のみで、所在地は渋谷区常盤松町であった。
  • 1951年(昭和26年)家政科を生活専攻・被服専攻の2専攻に分離。
  • 1952年(昭和27年)国文科と英文科の学科を増設する。
  • 1967年(昭和42年)家政科を生活・栄養・被服の3コースに分離。図書館学、博物学の講座を開設。
  • 1968年(昭和43年) 実践女子短期大学(じっせんじょしたんきだいがく)に改称。
  • 1972年(昭和47年) 埼玉県北葛飾郡松伏町淑徳学園短期大学跡地に移転。
  • 1976年(昭和51年) 松伏校地を大正大学に譲渡、日野市の実践女子大学校地に移転。
  • 1988年(昭和63年) 学科名を変更。
    • 国文科→国文学科
    • 英文科→英文学科
    • 家政科→生活文化学科。さらに専攻分離する。
      • 生活文化専攻
      • 食物栄養専攻
  • 2000年(平成12年) 再び学科名の変更が行われる。
    • 国文学科→日本語コミュニケーション学科
    • 英文学科→英語コミュニケーション学科
    • 生活文化学科
      • 生活文化専攻→生活福祉学科
      • 食物栄養専攻→食物栄養学科
  • 2005年(平成17年) 栄養教諭課程が設置される。
  • 2011年(平成23年) 生活福祉学科を学生募集停止。
  • 2013年(平成25年) 食物栄養学科を学生募集停止。
  • 2014年(平成26年) 実践女子大学短期大学部に改称。短期大学部のキャンパスを東京都渋谷区に移転。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 東京都渋谷区東1-1-49(渋谷キャンパス

交通アクセス[編集]

  • 渋谷駅からJR(山手線、埼京線、湘南新宿ライン)/東京メトロ(銀座線、半蔵門線、副都心線)、東急(東横線、田園都市線)、京王井の頭線 東口C1 出口から徒歩約10分
  • 表参道駅から東京メトロ(銀座線、半蔵門線、千代田線) B1出口から徒歩約12 分

象徴[編集]

  • 実践女子大学短期大学部のカレッジマークはをイメージしている。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 日本語コミュニケーション学科
  • 英語コミュニケーション学科

過去に存在した学科[編集]

  • 生活福祉学科
  • 食物栄養学科
取得資格について[編集]
  • 司書資格
    • 日本語コミュニケーション学科
    • 英語コミュニケーション学科
  • なお、過去に設置されていた食物栄養学科では、栄養士資格と栄養教諭二種免許状が取得できた。
  • 過去には、 中学校教諭二級免許状が取得できる教職課程が設けられていた[1]
    • 国語:日本語コミュニケーション学科の前身である国文学科にて設置されていた。
    • 英語:英語コミュニケーション学科の前身である英文学科にて設置されていた。
    • 家庭保健:生活福祉学科の前身である生活文化学科生活文化専攻(旧:家政科)にて設置されていた。
  • 当初は、高等学校教諭免許状も併設されており、国文科で(国語)、英文科で(英語)、家政科で(家庭)(保健)となっていた[2]

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

  • 実践女子大学短期大学部のクラブ活動は体育系・文化系とも大学と合同で行われている。
  • 2020年時点では、大学公認の学生団体は休部中のものを含めて文化系、体育系合わせて現在65団体あり、準公認団体は1団体。両キャンパスで日々活発な活動を行っている。

学園祭[編集]

  • 実践女子大学短期大学部の学園祭は「常磐祭」と呼ばれ、著名人を招いたコンサートやトークショー、各クラブやサークル毎の発表会が催される。ちなみに、2006年度に行なわれた第50回目の学園祭におけるテーマは「百花繚乱」となっていた。
  • 2010年第6回常盤祭では台風の影響でトークショーは中止されたが、お笑いライブは決行された。お笑いライブにはEXIT、しずる、3時のヒロインなどが出演した。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 10階建てのビルを渋谷キャンパスとしている。渋谷キャンパスでは,短期大学部の学生とともに,大学の文学部と人間社会学部の学生が学んでいる。
  • 実践女子大学・実践女子大学短期大学部図書館

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

アメリカ[編集]

  • アメリカ(ハワイ)カピオラニ・コニュニティーカレッジ(派遣留学)
  • アメリカ(ハワイ)リーワード・コミュニティーカレッジ(派遣留学)

オーストラリア[編集]

  • ストッツカレッジ(派遣留学)
  • サンシャインコースト大学(派遣留学)
  • ビクトリア大学(派遣留学)

マレーシア[編集]

  • アジアパシフィック大学(派遣留学)

関係校[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

  • 日野市のごみ情報誌編集に、日本語コミュニケーション学科の学生が参加していた。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • 日本語コミュニケーション学科:国分ビジネスエキスパート・トヨタエンタプライズ・トヨタエンタプライズ・ビックカメラ・ヤマダ電機・昭和信用金庫・大樹生命保険・横浜信用金庫・SUBARU・三菱鉛筆・ソフトバンク
  • 英語コミュニケーション学科:アートコーポレーション・ANAエアポートサービス・いすゞ自動車・キャノン・そごう・西武・ホンダカーズ・アドバンス・フジソフトウェアサービス・NECマネジメントパートナー・空港ターミナルサービス・グランベルホテル・京王プラザホテル・東急リゾートサービス

編入学・進学実績[編集]

  • 系列の実践女子大学以外では、以下の実績がある。
    • 日本語コミュニケーション学科:日本大学・東京経済大学・相模女子大学・大正大学・東洋学園大学・恵泉女学園大学・駒澤大学・駒澤女子大学・嘉悦大学・杏林大学・二松學舎大学
    • 英語コミュニケーション学科:駒澤大学・駒澤女子大学・東海大学・嘉悦大学・創価大学・東京女子大学・共立女子大学・拓殖大学・玉川大学

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1990年度用『全国短期大学受験案内』(晶文社)251頁より。
  2. ^ 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)55頁「実践女子学園短期大学」より
  3. ^ ちなみに現在、この地は大正大学の埼玉キャンパスになっている。
  4. ^ 1979年度版以前は『短期大学一覧』

公式サイト[編集]