常磐会短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
常磐会短期大学
Gthumb.svg
大学設置 1964年
創立 1953年
学校種別 私立
設置者 学校法人常磐会学園
本部所在地 大阪府大阪市平野区平野南4-6-7
学部 幼児教育科
研究科 なし
ウェブサイト 常磐会短期大学公式サイト
テンプレートを表示

常磐会短期大学(ときわかいたんきだいがく、英語: Tokiwakai College)は、大阪府大阪市平野区平野南4-6-7に本部を置く日本私立大学である。1964年に設置された。大学の略称は常磐会。

概観[編集]

大学全体[編集]

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 常磐会短期大学の教育理念は「和平・知天・創造」となっている。

教育および研究[編集]

  • 常磐会短期大学は幼児教育の養成においては大いなる実績がある。教育の特色として子どもとのふれあいを体験することの大切さから1回生より実習が実施されている。幼児教育者として必要な理論や実技はさることながら、2回生では特別研究を行ったり、異文化における子どもとふれあうためにオーストラリアでの海外研修も行ったりしている。また、教育プロジェクトとして実習期間における学生支援と指導・子どもの姿に基づいた指導計画と保育実践を基にした保育カンファレンスの実施に取り組んでいる。

学風および特色[編集]

  • 常磐会短期大学では、礼儀・作法を重視した教育が行われている。その一環として、「テーブルマナー講習会」が実施されている。
  • 文化系クラブでは、吹奏楽が活発で、「第45回大阪府吹奏楽コンクール」で銅賞、「大阪私立短期大学協会主催の第42回連合音楽会」、「 第33回大阪府アンサンブルコンテスト」で銀賞を受賞するなどの活躍を見せている。
  • 短大卒業後、1年間研究生として自主研究を継続できる「研修生制度」がある。
  • 開学以来、女子を対象とした短大となっている。

沿革[編集]

  • 1953年 - 常磐会幼稚園教員養成所が設立される(常磐会幼稚園に併設)。
  • 1955年 - 学校法人常磐会学園が設立される。
  • 1961年 - 常磐会保育学院と改称。
  • 1964年 - 常磐会保育資格学院を改組して常磐会短期大学保育科(定員80名)を設置。学生数66[1]
  • 1968年 - 敷地内に常磐会東住吉准看護学院を併設(東住吉区医師会の要請・協力による)。
  • 1973年 - 保育科を幼児教育科とする。定員200人に増員。
  • 1974年 - 専攻科幼児教育専攻を設置。
  • 1976年 - 常磐会東住吉准看護学院が閉校。
  • 1977年 - 初等教育科を新設する。学生数75[2]
  • 1979年 - 幼児教育科の定員を300人に増員。
  • 1989年 - 初等教育科に替えて英語科を新設。学生数132[3]
  • 1990年 - 7月19日付けで初等教育科正式廃止[4]
  • 1992年 - 専攻科に英語専攻を設置。
  • 1994年 - 専攻科幼児教育専攻が大学評価・学位授与機構に認定される。
  • 2000年 - 10月26日付けで英語科正式廃止[4]
  • 2007年 - 専攻科幼児教育専攻を廃止。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 大阪市平野区平野南4-6-7

交通アクセス[編集]

象徴[編集]

  • 常磐会短期大学のカレッジマークには、その中央に「常」(学名である常磐会の「常」の一字を取る)の文字が記されている。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 幼児教育科
過去にあった学科[編集]
  • 初等教育科[5]:児童教育のエキスパートを育てる学科。
  • 英語科[6]:語学を通じて国際的視野を身につけるとともに、実務英語と情報処理を修得しかつ秘書としての能力を身につけるためのカリキュラムが設定されていた。海外研修やオーストラリアでの海外留学も実施されていた。

専攻科[編集]

  • なし

過去にあった専攻科[編集]

  • 幼児教育専攻:修業年限は1年制。教育学士・幼稚園教諭一種免許状が取得できる道が開かれていた。常磐会学園大学に改組され、2007年廃止。
  • 英語専攻:募集は1998年度まで。

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]

教育[編集]

  • 資質の高い教員養成推進プログラム
    • 2006年「課題解決能力を高める実習支援とその体制の構築」として採択されている。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 常磐会短期大学の学園祭は「常磐祭」と呼ばれ毎年、概ね10月に行われている。

スポーツ[編集]

  • バスケットボール部が「関西女子学生リーグ」でII部に昇格、「第52回近畿・大阪私立短期大学体育大会」でベスト8の成績を残すなどの活躍を見せている。
  • バレーボール部が「第52回近畿・大阪私立短期大学体育大会」で3位、「大阪府学生身長制優勝大会」で3位の成績を残すなどの実績がある。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 常磐会短期大学「同窓会」及び「育友会」組織がある。

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 西脇りか:初代学長
  • 宮田保史:二代目学長
  • 安谷屋武人:三代目学長
  • 田淵創:現学長

出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス内[編集]

  • ピアノ練習室
  • 音楽室
  • 小児栄養実習室
  • 図書館:蔵書数はおよそ80,000冊となっている。
  • アトリエ教室
  • 情報処理室
  • CALLシステム教室
  • 小アリーナ
  • アリーナ
  • 理科室
  • 学生食堂
  • 事務室
  • 中庭

キャンパス外[編集]

  • セミナーハウス(茨木市にある)

対外関係[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • 幼児教育科:保育所幼稚園への就職実績が高いのが特徴である。近畿大阪銀行泉州銀行大阪東信用金庫など一般企業への就職者もいる。
  • 初等教育科:小学校教員・幼稚園教員などの教育職員に就いた人もいたものとみられる。
  • 英語科:一般企業への就職者が大半となっていた。

編入学・進学実績[編集]

附属学校[編集]

茨木高美幼稚園

関連施設[編集]

  • 常磐会幼稚園開園。
  • いずみがおか園:幼保連携型認定こども園に認定。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

出典および脚注[編集]

  1. ^ 昭和40年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)33頁より。
  2. ^ 昭和53年度版『総覧』48頁より。
  3. ^ 1990年度版『総覧』70頁より。
  4. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』141頁より。
  5. ^ 学生募集は1988年入学生で最終。1990年7月19日付けで正式廃止。
  6. ^ 学生募集は1998年入学生で最終。2000年10月26日付けで正式廃止。
  7. ^ 大阪音楽大学音楽博物館に所蔵あり。

公式サイト[編集]


この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。