松山短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松山短期大学
画像募集中
画像募集中
大学設置/創立 1952年
学校種別 私立
設置者 学校法人松山大学
本部所在地 愛媛県松山市文京町4-2
キャンパス 文京キャンパス(愛媛県松山市)
樋又キャンパス(愛媛県松山市)
御幸キャンパス(愛媛県松山市)
久万ノ台キャンパス(愛媛県松山市)
西宮温山記念会館(兵庫県西宮市)
松山大学東京オフィス(東京都中央区)
学部 商科第2部
ウェブサイト 松山短期大学公式サイト
テンプレートを表示

松山短期大学(まつやまたんきだいがく、英語: Matsuyama Junior College)は、愛媛県松山市文京町4-2に本部を置く日本私立大学である。1952年に設置された。大学の略称は松短。

概観[編集]

大学全体[編集]

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 松山短期大学の学是は「真実」・「実用」・「忠実」である。

教育および研究[編集]

  • 松山短期大学には商科が設置されている。「経営管理論」・「貿易実務」などの経営学関係科目や「経済史」・「社会経済学入門」・「財政学」などの経済学関係科目のほか「憲法」や「政治学原論」などの法律学関係科目もある。情報処理教育や実践的教育が重視されている。午後6時からの始業で9時15分の終業となっている。

学風および特色[編集]

  • 松山短期大学は、昼間勤労する傍らで学問を志す人々を対象に設立されたことから現在でも夜間課程のみ設置されている。松山大学内にあるため、大学との交流が盛んである。教員は松山大学との兼任者も多い。現在、四国にある私立短期大学の中では唯一、夜間のみの課程を開設している。近年では稀にみる通学課程での勤労学生がいる短大となっているものの、現在ではほとんどの学生は勤労学生ではない。[1]在学時、また卒業後一定期間内において国家資格など特定の資格を取得していれば奨励金が支給されるという資格取得奨励制度がある。

沿革[編集]

  • 1952年 松山商科大学短期大学部として開学。商科二部を置く。
  • 1989年 松山短期大学と改称。

基礎データ[編集]

定員[編集]

  • 一学年の定員は100名である。指定校推薦入試のほか、一般入学試験により選抜される。

所在地[編集]

  • 文京キャンパス(愛媛県松山市文京町4-2、地図
  • 御幸キャンパス(愛媛県松山市御幸1-513-1、地図
  • 久万ノ台キャンパス(愛媛県松山市久万ノ台507、地図
  • 樋又キャンパス(愛媛県松山市道後樋又5、地図南海放送旧社屋跡
  • 西宮温山記念会館(兵庫県西宮市甲子園口1丁目、地図
  • 松山大学東京オフィス(MTO)(東京都中央区銀座8-2-1 ニッタビル6階、地図
  • キャンパスは大学と併用する。

交通アクセス[編集]

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

  • 松山短期大学のクラブ活動には、バスケットボールバドミントンテニスフェンシングバレーなどがある。フェンシングは2009年4月開設された。特にテニス、バドミントン、バレー部などは過去に全国大会に出場し、2015年には、テニス男子団体戦およびダブルス準優勝の好成績を残している。また、松山大学のクラブ・サークル活動に所属できる。

学園祭[編集]

  • 松山短期大学の学園祭は松山大学と合同で行われている。

スポーツ[編集]

大学関係者と組織[編集]

  • 卒業生は、学校法人松山大学の同窓会温山会のメンバーとなる。

大学関係者一覧[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 図書館
  • 学生食堂ほか。基本的には、大学と共同使用。

対外関係[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • 一般企業や官公庁などへ就職している人もみられる。

編入学・進学実績[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

公式サイト[編集]

松山短期大学 座標: 北緯33度51分3.5秒 東経132度46分7秒


この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。

  1. ^ 日本経済新聞2015年11月20日四国面「勤労学生減り時間に余裕」より