横浜女子短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横浜女子短期大学
Yokohama Women's Junior College.jpg
大学設置 1966年
創立 1940年
学校種別 私立
設置者 学校法人白峰学園
本部所在地 神奈川県横浜市港南区港南台4-4-5
学部 保育科
研究科 なし
ウェブサイト 横浜女子短期大学公式サイト
テンプレートを表示

横浜女子短期大学(よこはまじょしたんきだいがく、英語: Yokohama Women's Junior College)は、神奈川県横浜市港南区港南台4-4-5に本部を置く日本私立大学である。1966年に設置された。大学の略称は横短。

概観[編集]

大学全体[編集]

  • 横浜女子短期大学は、1940年に創立した横浜保姆学院が母体で、1966年学校法人白峰学園(はくほうがくえん)により設置された日本の私立短期大学である。開学以来、保育科のみの単科短大となっている。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 横浜女子短期大学の建学の精神は、キリスト教の「愛と奉仕」を精神の礎として社会に貢献する人材を育成することにある。

教育および研究[編集]

  • 横浜女子短期大学は、実習重視・実学重視の教育が行われている。保育園園長、小児科医、児童養護施設主任、弁護士など現在も現場で働いている人が講師となっている。

学風および特色[編集]

沿革[編集]

  • 1940年 横浜保姆学院創立。
  • 1949年 横浜保育専門学院と改称。
  • 1966年 横浜女子短期大学開学[1]
    • 保育科:開学時の入学者数は124名[2]
  • 1979年 港南区港南台4丁目にキャンパス移転。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 神奈川県横浜市港南区港南台4-4-5

象徴[編集]

  • カレッジマークは、2枚に重ねられた葉っぱをモチーフとされている。

教育および研究[編集]

取得資格について[編集]

附属機関[編集]

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

  • 横浜女子短期大学におけるクラブ活動の組織数は、文化系・体育系を含めておよそ10となっている。文化系では横浜F・マリノス装飾ボランティア部、ホワイト・スターズ(吹奏楽部)、イラスト部、Amabile(合唱部)などの活動が活躍している。体育系では、K・T・K(子どもの体操を考える会)、バスケットボール部、テニス部、ダンス部、バドミントン部などの活動が活躍している。

スポーツ[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

図書館[編集]

  • 現在の蔵書は112,000冊を数え、充実した学生生活を送れるように、授業に関する保育・福祉の専門書や絵本、紙芝居はもちろん、教養・趣味・娯楽の本など幅広くそろえている。図書館のホームページもあり、蔵書を検索することもできる。

講堂[編集]

  • 収容人数は約900名。入学式や卒業式、クリスマス子ども会、保育内容研究発表会などをはじめとする学内の行事で使用する。緞帳には富士山の白い峰をモチーフとしたデザインが描かれている。

社会との関わり[編集]

  • 神奈川県下の保育現場で活躍している保育者を対象とした「保育センター」が設けられており、子育て支援をはじめ保育に係る講座を開いている。
  • 神奈川県より研修の一部が、保育士等キャリアアップ研修(保育士エキスパート等研修)として指定された。
  • 「保育士等キャリアアップ研修」と「保育士エキスパート等研修」というものがあるが、どちらも同じもの。国の名称と神奈川県の名称の違い。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

附属学校[編集]

脚注[編集]

  1. ^ キャンパス所在地は横浜市南区中村町4丁目。
  2. ^ 昭和42年度版『全国学校総覧』34頁、および『横浜女子短期大学55周年記念誌』(1996年)より。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

公式サイト[編集]