名古屋女子大学短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名古屋女子大学短期大学部
名古屋女子大学汐路学舎本館(2013年12月)
名古屋女子大学汐路学舎本館(2013年12月)
大学設置 1950年
創立 1915年
学校種別 私立
設置者 学校法人越原学園
本部所在地 愛知県名古屋市瑞穂区汐路町3-40
キャンパス 汐路キャンパス
学部 生活学科
保育学科
研究科 生活学専攻
ウェブサイト 名古屋女子大学短期大学部公式サイト
テンプレートを表示

名古屋女子大学短期大学部(なごやじょしだいがくたんきだいがくぶ、英語: College of Nagoya Women's University)は、愛知県名古屋市瑞穂区汐路町3-40に本部を置く日本私立大学である。1950年に設置された。

概観[編集]

大学全体[編集]

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 学訓は「親切」。

沿革[編集]

  • 1915年 名古屋女学校が創設される。
  • 1950年 名古屋女学院短期大学(なごやじょがくいんたんきだいがく)として開学。家政科を置く。運営主体は、学校法人名古屋市緑ヶ丘学園
  • 1958年 専攻科を置く。
  • 1962年 学科を増設する。
  • 1964年 名古屋女子大学短期大学部と改称。
  • 1969年 服飾科を専攻分離する
    • 服飾専攻:入学定員は40名で募集は1981年度まで
    • デザイン専攻
  • 1977年 運営主体を学校法人名古屋女子大学とする。
  • 1982年 英語科を増設。
  • 1990年 家政科を生活学科に改称。
    • 服装学専攻
    • 食生活専攻
    • 生活文化専攻
  • 1995年 生活学科の専攻改編。
    • 服装学専攻→服飾専攻
    • 生活情報専攻を新設。
  • 2000年 専攻名の変更が行われる。
    • 生活文化専攻→生活情報専攻
    • 服飾専攻→服飾デザイン専攻
    • 生活デザイン専攻→元々は、生活造形コースとなっていた
  • 2005年 保育学科を増設。
  • 2018年 保育学科第三部を開設。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 汐路学舎(愛知県名古屋市瑞穂区汐路町3-40)

交通アクセス[編集]

象徴[編集]

  • カレッジマークは、天照大神が子孫に伝えた三種の神器の一つである「八咫(やた)の」の形をモチーフに、その中央にカレッジネームである「名」の漢字をくずした様な文字が記されたものとなっている。

学科[編集]

  • 生活学科
    • 情報ビジネスコース
    • ファッションデザインコース
    • フードマネジメントコース
  • 保育学科

取得資格[編集]

  • 栄養士資格:栄養科で取得可能であった。
  • 保育士資格と幼稚園教諭二種免許状:保育学科(幼稚園教諭免許状は、2007年度入学生から)
  • かつては、教職課程として中学校教諭二種免許状も設置されていた。
    • 家庭:かつて生活学科生活創造デザイン専攻の前身である服飾専攻・生活文化専攻に其々設置されていた。
    • 英語:過去にあった英語科に設けられていた。

学生生活[編集]

  • クラブ活動:四大生と合同で行われている。
  • 学園祭「名女大祭」として毎年10月中旬に行われている。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 同窓会は「春光会」と称される。

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • ほぼ大学と共同でキャンパス使用されている。

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

アメリカ[編集]

イギリス[編集]

韓国[編集]

オーストラリア[編集]

系列校[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当初の在学者数は50人となっている。
  2. ^ 当初の在学者数は102人となっている。

公式サイト[編集]


この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。