大分短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大分短期大学
Image ojc.jpg
大学設置/創立 1964年
学校種別 私立
設置者 学校法人平松学園
本部所在地 大分県大分市千代町3-3-8
学部 園芸科
ウェブサイト 大分短期大学公式サイト
テンプレートを表示

大分短期大学(おおいたたんきだいがく、英語: Oita Junior College)は、大分県大分市千代町3-3-8に本部を置く日本私立大学である。1964年に設置された。大学の略称は大短。

概観[編集]

大学全体[編集]

  • 学校法人平松学園により1964年に設置された。かつては英語科も有し2学科体制であったが、現在は後に設置された園芸科のみとなっている。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 教育理念は「基礎・技術・応用」である。

教育および研究[編集]

  • 九州地方で唯一の農学系の学科をもつ短大であり、日本全国でも少数の園芸系学科を有する。園芸科のみの単科短大であるが、農学・林学・ガーデニングやフラワーデザインなど様々なジャンルにおける科目があるのが特徴である。

学風および特色[編集]

  • 1学年の定員が40名程度の小規模短大である。年度により多少の違いはあるが、在学生は概ね農業高等学校をはじめ実業系高等学校の出身者が多い傾向にある。近年は、四年制大学への編入学や公務員といった進路を希望する生徒が、全体の割合として増えていることを背景に、普通高校からの出身の学生も多く在籍している。
  • 学生の出身高校は概ね九州地方(沖縄も含む)が大多数を占めている。しかし、前項の理由があり、九州地方及び本州、四国地方からの出身者も目立つ。

沿革[編集]

  • 1964年 - 大分短期大学開学。英語科を置く。
  • 1966年 - 鉄筋5階建て校舎竣工
  • 1967年 - 園芸科を増設。
  • 2004年 - 英語科廃止。
  • 2013年 - 校舎リフォーム

基礎データ[編集]

所在地[編集]

交通アクセス[編集]

  • 最寄は、 JR九州日豊本線大分駅。同駅より、「別府方面」行きのバスで「新川」停留所で下車、徒歩約3分。徒歩では、概ね15分程度かかる。

象徴[編集]

  • カレッジマークは「大分」の「大」を模ったものである。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 園芸科
    • 園芸コース
    • 農学コース
      • 農学専攻
      • 林学専攻

園芸コースには園芸栽培(花卉、野菜、果樹に分かれる)、花卉装飾、造園、畜産、園芸療法の、農学コースには農学専攻、林学専攻の履修ガイドライン(ゾーン)がある。

また、上記の他に、園芸コース、農学コースを選択の上で国公私立大学農学部などへの編入を目指す編入学コースがある。

過去にあった学科[編集]
  • 英語科:学生は女子のみであった。募集は1973年度まで。

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

附属機関[編集]

  • 滝尾農場(滝尾実験実習場)
  • 柞原(いすはら)農場(柞原実験実習場)
    • ツバキ品種保存園
  • 机張原(きちょうばる)農場(机張原実験実習場)
  • 野津原(のつはる)研修所
  • 学生集会所
  • 園芸・造園教育研究センター
  • バイオ実験施設

取得可能資格[編集]

資格
教職課程

学生生活[編集]

学園祭と体育祭は毎年、概ね10月11月に行われている。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

施設[編集]

[編集]

  • 「大洲寮」と称した女子寮がある。

対外関係[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

  • 「第18回ヤンマー学生懸賞論文」にて、本短大の学生が入賞している。
  • 「第24回ヤンマー学生懸賞論文・作文」にて、本短大の学生が銀賞と銅賞に入賞している。
  • 2007年秋に九州石油ドームで行われたプレ国体イベント『花いっぱいでおもてなしガーデニング大会』に作品を出展した。「めじろん」と称した大分国体のマスコットを作成している。
  • 「グリーンアカデミー」と称した公開講座が行われている。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]



この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。

座標: 北緯33度14分40.2秒 東経131度36分16.2秒