修紅短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
修紅短期大学
画像募集中
画像募集中
大学設置 1953年
創立 1899年
学校種別 私立
設置者 学校法人健康科学大学
本部所在地 岩手県一関市萩荘竹際49-1
学部 幼児教育学科
食物栄養学科
生活文化学科[1]
ウェブサイト 修紅短期大学公式サイト
テンプレートを表示

修紅短期大学(しゅうこうたんきだいがく、英語: Shuko Junior College)は、岩手県一関市萩荘竹際49-1に本部を置く日本私立大学である。1953年に設置された。

概観[編集]

大学全体[編集]

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 修紅短期大学における「建学の精神」は「信愛」・「健康」・「報恩」となっている。

教育および研究[編集]

  • 修紅短期大学は幼児教育学科と食物栄養学科の2つがあり、いずれも専門職を育成するための学科となっている。幼児教育学科では、短大附属幼稚園での教育実習も取り入れられている。

学風および特色[編集]

  • 修紅短期大学は、「すぐれた社会人になる前に豊かな人間性を」という教育をモットーとしているところに特色がある。「修紅」という名称は、後に命名された裁縫「修紅」学校に因んでいる。

沿革[編集]

  • 1899年 小梨コマによる裁縫女学校が起源となっている。
  • 1953年 修紅短期大学として開学。家政科を設置(当初は中学校教諭ほか高等学校教諭免許状(家庭)の教職課程を置く[3]
  • 1954年 学生数:家政科80[4]
  • 1958年 保育科を増設(学生数:19[5])。
  • 1974年 学科名を変更。
    • 保育科→幼児教育学科
    • 家政科→家政学科
  • 1985年 麻生東北短期大学(あそうとうほくたんきだいがく 英称:Aso Tohoku Junior College[6])に学名変更。
  • 1999年 生活科学科を生活文化学科に名称変更。学生数:生活科学科=3、女50 幼児教育学科=男56、女152[7]
  • 2001年 開学時と同じ学名である修紅短期大学と変更される。
  • 2002年 生活文化学科に替わって食物栄養学科が設置される。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 岩手県一関市萩荘竹際49-1

交通アクセス[編集]

  • JR東北本線一ノ関駅下車。同よりスクールバスが運行されている。
  • 栗原市民バス 築館一関線 修紅短大前バス停 下車

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 幼児教育学科:保育のエキスパートを育てる学科で、短期大学附属幼稚園での教育実習や行事参加などもある。修業年限は昼間部2年制。
  • 食物栄養学科:食と栄養のエキスパートを育てる学科で、「調理学実習」や「栄養指導実習」・「給食管理実習」などの科目を学ぶ。修業年限は昼間部2年制。
過去にあった学科
  • 生活文化学科[1]

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]
資格
教職課程

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 修紅短期大学の学園祭は毎年、概ね10月に実施されている。

スポーツ[編集]

  • バレーボール部が強く、東北地区大学バレーボール大会や東北バレーボール大学女子I部リーグ春季大会でそれぞれ準優勝するなどの活躍を見せている。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

歴代学長[編集]

氏名 就任期間 備考
初代 小梨良 1953年4月~1971年6月 1953年4月「修紅短期大学」開学
河田茂治 1971年8月~1972年3月 学長代行
2代 照井壮助 1972年4月~1974年2月
佐藤年徳 1974年2月~1975年3月 学長代行
3代 永澤信 1975年4月~1979年12月
4代 大島英介 1979年12月~1983年3月
5代 永澤信 1983年4月~1984年10月
6代 麻生繁樹 1984年10月~1991年3月 1985年4月「麻生東北短期大学」に校名変更
7代 大越秀夫 1991年4月~1992年3月
8代 麻生維美 1992年4月~1998年3月
9代 神山正 1998年4月~2007年3月 2001年4月「修紅短期大学」に校名変更
10代 毛利平 2007年4月~2009年8月
11代 千葉正 2009年9月~2016年3月
12代 牧野順四郎 2016年4月~

施設[編集]

  • 本館:図書館学生食堂などがある。
  • 体育館
  • 給食管理実習室ほか
  • 寮:「真澄寮」と称した女子学生寮がある。

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

オーストラリア[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

附属学校[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 学生募集は2001年入学生で最終。
  2. ^ 日本の私立短期大学』(日本私立短期大学協会発行:1980年)31頁
  3. ^ 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)51頁より
  4. ^ 昭和30年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)1373頁より。
  5. ^ 昭和34年度版『総覧』18頁より。
  6. ^ a b c d e 『麻生東北短期大学1999』より
  7. ^ 2000年度版『総覧』60頁より。

公式サイト[編集]


この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。