川崎医療短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川崎医療短期大学
川崎医療短期大学
川崎医療短期大学
大学設置/創立 1973年
学校種別 私立
設置者 学校法人川崎学園
本部所在地 岡山県倉敷市松島316
学部 看護科[1]
臨床検査科[2]
放射線技術科[3]
医療介護福祉科[4]
医療保育科[5]
ウェブサイト 川崎医療短期大学公式サイト
テンプレートを表示

川崎医療短期大学(かわさきいりょうたんきだいがく、英語: Kawasaki College of Allied Health Professions)は、岡山県倉敷市松島316に本部を置く日本私立大学である。1973年に設置された。大学の略称は川短または川崎短大。

概観[編集]

大学全体[編集]

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 川崎医療短期大学における建学の精神は「人をつくる、体をつくる、深い専門的知識・技能を身につける」となっている。

教育および研究[編集]

  • 川崎医療短期大学は看護・臨床検査・放射線・介護福祉・医療保育の各学科をもち、いずれも医療・福祉における専門職の育成に力をいれている。

学風および特色[編集]

  • 川崎医療短期大学は、2006年度財団法人短期大学基準協会における第三者評価の結果、「適格」認定を受けている。
  • 5学科が設置されており、全国屈指の総合医療系短大である。
  • 教員は、川崎医科大学や川崎医療福祉大学との兼任者が多い。
  • 全国でも唯一の医療保育科がある。
  • 「川崎」の名は、神奈川県川崎市ではなく、川崎学園の創立者、川崎祐宣の姓から由来している

沿革[編集]

  • 1968年8月 財団法人「学校法人川崎学園」設立準備期成会設置認可
  • 1970年
    • 3月 学校法人川崎学園設立認可、川崎医科大学設置認可、川崎医科大学附属高等学校設置認可
    • 4月 川崎医科大学開学、川崎医科大学附属高等学校開校
  • 1973年
    • 2月 川崎医療短期大学(第一看護科・第二看護科・臨床検査科)設置認可
    • 4月 川崎医療短期大学開学
  • 1977年
    • 1月 放射線技術科、医療秘書科設置認可
    • 4月 放射線技術科[1] 、医療秘書科[2]開設
  • 1983年
    • 1月 栄養科、通信教育部医療秘書科設置認可
    • 4月 栄養科[3]、通信教育部医療秘書科開設
  • 1987年12月 医用電子技術科設置認可
  • 1988年4月 医用電子技術科開設
  • 1993年12月 医用デザイン科設置認可
  • 1994年
    • 3月 栄養科廃止認可
    • 4月 医用デザイン科開設
  • 1999年4月 医用電子技術科を臨床工学科に改称
  • 2000年12月 介護福祉科設置認可
  • 2001年
    • 4月 介護福祉科開設
    • 10月 医療秘書科廃止認可
  • 2003年1月 医用デザイン科廃止認可
  • 2004年11月 医療保育科設置届出受理
  • 2005年
    • 4月 医療保育科開設
    • 7月 寄付行為変更認可(「私立学校法の一部を改正する法律」等の施行に伴うもの)
    • 11月 通信教育部医療秘書科廃止届出、廃止
  • 2006年3月 第二看護科廃止届出、廃止
  • 2007年4月 第一看護科を看護科に改称
  • 2010年3月 臨床工学科廃止届出、廃止
  • 2011年
    • 3月 川崎医科大学附属川崎病院開設許可
    • 4月 川崎医科大学附属川崎病院開院、学校法人川崎学園が川崎医科大学附属川崎病院の診療業務を継承
  • 2012年4月 介護福祉科を医療介護福祉科に名称変更

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 岡山県倉敷市松島316

交通アクセス[編集]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 看護科(旧・第一看護科)
  • 臨床検査科
  • 放射線技術科
  • 介護福祉科
  • 医療保育科
過去にあった学科[4][編集]
  • 第二看護科:募集は2004年度まで
  • 医療秘書科
  • 栄養科:募集は1990年度まで
  • 臨床工学科:募集は2006年度まで
  • 医用デザイン科:募集は1999年度まで

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]
受験資格
資格
教職課程

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 川崎医療短期大学の学園祭は「川崎学園合同学園祭」と呼ばれ、毎年、概ね10月に行われている。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 川崎医療短期大学には「桜丘会」と呼ばれる同窓会組織がある。

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 短大独自のキャンパスがある。

[編集]

  • 川崎医療短期大学には女子学生を対象とした学生寮がある。

対外関係[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

  • 公開講座が実施されている。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当初の在学者数は54人(うち女子20人)となっている。
  2. ^ 当初の在学者数は103人(うち男子3人)となっている。
  3. ^ 当初の在学者数は56人(うち男子1人)となっている。
  4. ^ 第二看護科以外は、全て川崎医療福祉大学へ移行している。

外部リンク[編集]