三菱化学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三菱化学株式会社
Mitsubishi Chemical Corporation
Mitsubishi Chemical Logo.svg
株式会社三菱ケミカルホールディングス本社及び三菱化学株式会社本社(現在の三菱ケミカル株式会社、パレスビルに入居している)
本社
種類 株式会社
市場情報
略称 MCC
本社所在地 日本の旗 日本
100-8251
東京都千代田区丸の内一丁目1番1号
パレスビル
設立 1950年昭和25年)6月1日[1]
(日本化成工業株式会社)
業種 化学
法人番号 7010001146743 ウィキデータを編集
事業内容 機能商品、素材他
代表者 石塚博昭(代表取締役社長
資本金 500億円
売上高 6931億2300万円
(2017年3月期)
経常利益 213億400万円
(2017年3月期)
純利益 209億1500万円
(2017年3月期)
純資産 1550億4300万円
(2017年3月期)
総資産 8057億5200万円
(2017年3月期)
決算期 3月31日
会計監査人 新日本有限責任監査法人
主要株主 三菱ケミカルホールディングス 100%
主要子会社 日本ポリケム 100%
三菱化学エンジニアリング 100%
テンプレートを表示

三菱化学株式会社(みつびしかがく、英文:Mitsubishi Chemical Corporation)は、かつて存在した大手総合化学メーカー。本社は東京都千代田区丸の内に置いていた。三菱ケミカル株式会社の前身企業の一つ。三菱ケミカルホールディングス完全子会社であった。

合併以前は、親会社の三菱ケミカルホールディングスとともに三菱金曜会[2]及び三菱広報委員会[3]の会員企業であった。

会社概要[編集]

事業内容[編集]

各事業部門は、各々に所属するグループ会社を管掌する。製品の大半はグループ会社へ移管されている。

石化セグメント
国内最大の生産能力を持つエチレンプラントの誘導品である化成品樹脂などの石油化学製品の開発、製造、販売。三菱化学本体の製品は、エチレンプロピレンアルコールフェノールなど、化成品が中心。
機能商品セグメント
石化セグメント製品の加工品と、炭素誘導品、情報・電子製品の開発、製造、販売。本体の主な製品は、炭素製品、フィルム電池基材。
ヘルスケア部門
製薬の周辺事業である、診断薬・機器、臨床検査創薬支援。ほとんどがグループ会社。
自動車関連事業推進センター
三菱ケミカルグループ全体の自動車関連事業窓口。
その他
上記に属さない補完的事業全般。エンジニアリング物流情報システム、環境・応用分析。ほぼ全てがグループ会社。

事業拠点[編集]

坂出事業所

沿革[編集]

  • 1934年(昭和9年)8月1日 - 三菱鉱業株式会社(現・三菱マテリアル株式会社)及び旭硝子株式会社(現・AGC株式会社)の折半出資により、日本タール工業株式会社設立。
  • 1935年(昭和10年)10月 - 福岡県に黒崎工場(現・黒崎事業所)を開設。
  • 1936年(昭和11年)10月 - 社名を日本化成工業株式会社に変更。
  • 1944年(昭和19年)4月 - 旭硝子株式会社と合併し、三菱化成工業株式会社が発足。
  • 1950年(昭和25年)6月1日 - 戦後初の企業再建整備計画により、日本化成工業株式会社新光レイヨン株式会社旭硝子株式会社の3社に分割。東京証券取引所株式第1部に上場。
  • 1952年(昭和27年)7月1日 - 商号を三菱化成工業株式会社に再変更。
  • 1953年(昭和28年)7月1日 - 東邦化学工業株式会社を吸収合併。
  • 1956年(昭和31年)4月1日 - 三菱グループとシェル社グループとの共同出資により三菱油化株式会社を設立。
  • 1959年(昭和34年) - 四日市ぜんそくが確認される(三菱化成工業、三菱油化)。
  • 1967年(昭和42年)6月1日 - 三菱油化が東海瓦斯化成株式会社を合併。
  • 1968年(昭和43年)4月 - 茨城県に中央研究所(現・筑波研究センター)を設置。
  • 1969年(昭和44年)11月 - 坂出工場(現・坂出事業所)を開設。
  • 1971年(昭和46年)1月 - 鹿島工場(現・鹿島事業所)を開設。
  • 1976年(昭和51年)2月 - 神奈川県に総合研究所(現・横浜研究センター)を設置。
  • 1978年(昭和53年)5月 - 鹿島工場(現・鹿島事業所 波崎地区)を設置。
  • 1986年(昭和61年)5月 - 小田原事業所を開設。
  • 1987年(昭和62年)1月1日 - 三菱油化が、三菱油化ファイン株式会社及び油化メラミン株式会社を合併。
  • 1988年(昭和63年)6月1日 - 三菱化成工業が三菱化成株式会社に社名変更。
  • 1990年平成2年)10月1日 - 松山化成株式会社を合併。
  • 1991年(平成3年)10月1日 - 株式会社化成直江津を合併。
  • 1992年(平成4年)10月1日 - 三菱化成ポリテック株式会社及び株式会社ジェー・ティー・シーを合併。
  • 1994年(平成6年)10月1日 - 三菱化成を存続会社として、三菱油化株式会社を合併し、三菱化学株式会社発足。
  • 1999年(平成11年)10月1日 - 医薬事業を分社化し、東京田辺製薬株式会社と合併・事業統合し、三菱東京製薬株式会社を設立。
  • 2001年(平成13年)10月1日 - 三菱東京製薬株式会社と、武田薬品工業の子会社ウェルファイド株式会社が合併し、三菱ウェルファーマ株式会社(現・田辺三菱製薬株式会社)が発足。
  • 2005年(平成17年)10月3日 - 当社と三菱ウェルファーマの株式移転により、共同持株会社『株式会社三菱ケミカルホールディングス』を設立。両社は同社の完全子会社となった。
  • 2007年(平成19年)
    • 10月1日 - 発行済株式の52.61%を保有する三菱樹脂株式会社の全株式を公開買い付けし、その全株式を株式会社三菱ケミカルホールディングスに移管、三菱ケミカルホールディングスが三菱樹脂を完全子会社化。
    • 12月 - 鹿島事業所(茨城県神栖市)のエチレンプラントで爆発事故が発生し、作業員4人が死亡。分解炉のメンテナンスの後、空気関連の弁の施錠を怠ったため、冷却用の油が流出し引火したことが原因とみられる[4]
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 三菱化学ポリエステルフィルム、三菱化学産資、三菱化学エムケーブイの3事業会社を三菱樹脂へ統合。
  • 2010年(平成22年)10月1日 - 主要子会社である三菱化学エンジニアリング株式会社が三菱レイヨン・エンジニアリングと事業統合し、エンジニアリング事業を継承。
  • 2016年(平成28年)11月14日 - 日本合成化学工業株式会社を完全子会社化。
  • 2017年(平成29年)
    • 1月1日 - 日本化成株式会社を完全子会社化。
    • 4月1日 - 三菱化学・三菱樹脂・三菱レイヨンの3社が合併し、三菱ケミカル株式会社が発足。

社長[編集]

三菱化成
1936年5月 - :山田三次郎 (日本タール工業 - 日本化成工業)
1939年6月 - :池田亀三郎 (日本化成工業 - 三菱化成工業)
1946年3月 - :森本貫一 (三菱化成工業 - 日本化成工業)
1946年12月 - :森規矩夫 (日本化成工業)
1950年4月 - :桑田時一郎 (日本化成工業 - 三菱化成工業)
 
1958年3月 - :柴田周吉
1963年9月 - :佐藤止戈夫 ※在職のまま死去
1964年7月 - :篠島秀雄
 
 
1974年7月 - :鈴木永二
 
1982年4月 - :鈴木精二 (三菱化成工業 - 三菱化成)
1990年6月 - :古川昌彦
三菱油化
 
 
 
 
 
1956年4月 - :池田亀三郎 (三菱油化)
 
 
 
1969年2月 - :岡藤次郎 (三菱油化)
1972年6月 - :黒川久 (三菱油化)赤星鉄馬の娘婿
 
1981年3月 - :吉田正樹 (三菱油化)
 
 
1993年2月 - :三浦昭 (三菱油化 - 三菱化学)
三菱化学
1994年10月 - :三浦昭
1999年6月 - :正野寛治
2002年6月 - :冨澤龍一
2007年4月 - :小林喜光
2012年4月 - 2017年3月31日 :石塚博昭

主なグループ会社[編集]

2017年3月31日終了時点の子会社及び関連会社総数は164社である[5]。 (50音順・ABC順)

国内連結子会社
国内持分法適用会社
海外連結子会社
  • MCC PTA India (India)
  • Mytex Polymers US (U.S.A.)
  • PT. Mitsubishi Chemical Indonesia (Indonesia)
  • Verbatim Limited (U.K.)
  • Verbatim Americas, LLC (U.S.A.)
海外持分法適用会社
  • Sam Nam Petrochemical (Korea)
  • Sam Yang Kasei (Korea)

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “当社連結子会社間の合併に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 三菱ケミカルホールディングス, (2005年4月26日), http://www.mitsubishichem-hd.co.jp/ir/pdf/00323/00372.pdf 2017年11月25日閲覧。 
  2. ^ 三菱金曜会”. 三菱グループホームページ. 2020年12月14日閲覧。
  3. ^ 三菱広報委員会の活動”. 三菱グループホームページ. 2020年12月14日閲覧。
  4. ^ 鹿島事業所 第2エチレンプラント火災事故について|サステナビリティ|三菱ケミカル株式会社” (日本語). 三菱ケミカル株式会社. 2020年12月26日閲覧。
  5. ^ 『第21期有価証券報告書』, 三菱化学株式会社

関連項目[編集]