鈴木永二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鈴木永二(すずき えいじ、1913年5月29日 - 1994年10月11日)は日本の経営者。三菱化成元・社長。第6代日経連会長。

来歴・人物[編集]

  • 愛知県出身。名古屋高等商業学校(現・名古屋大学)、東京商科大学(現・一橋大学)卒業。
  • 日本化成(現・三菱化学)に入社するが、まもなく陸軍に召集され、陸軍主計少尉として、中国、ガダルカナル戦線での8年間に亘る従軍生活を送る。
  • 終戦時はラバウルで今村均大将に仕える。
  • 復員後、三菱化成に復社して、代表取締役社長、会長、相談役等を歴任。
  • 1987年第6代日経連会長。1990年には第三次行革審会長を務めた。
  • 1988年から1992年まで社団法人如水会の理事長を務めた。

リーダー論[編集]

  • 日経連の会長時代に理想のリーダーとして、今村均大将の名前を挙げている[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1990年4月24日 朝日新聞記事